« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018.03.31

お花見御膳

P1180876_640x486

久しぶりに、久地のオーガニックカフェ「たまりばーる」に行った。お花見のあいだは特別メニューを出していて、私はさくら御膳、妻はかおり御膳をいただく。いろんな種類の料理が華やかに盛り付けてあった。どれも優しい味がする。

宿河原のニカ領用水沿いは花見の宴でにぎやかだ。桜は散り始めていたが、そよ吹く風に散る桜もなかなかいい。緑化センターでは「さくらマルシェ」をやっていて、出店が並んでいた。明日は町会の「桜まつり」だそうだが、なんとか葉桜にならなくてすみそうだ。

| コメント (4)

2018.03.30

アシナガバチ

アシナガバチが
台所に入った
なかなか出ないので
最後はシューッ!
ごめんね

| コメント (0)

2018.03.29

花のパワー

P1180847_640x480
ニカ領用水(新川)

満開の桜の
圧倒的なパワー
これじゃ
人間も
おかしくなるな

| コメント (0)

2018.03.28

シモクレン

水曜日、定休日。まだ3月なのに、23℃近くまで気温が上ったらしい。桜は満開だが、どこへも行かず、草取りをしたり、片づけをしたりして過ごした。ちょっと動くと汗が出る。スギ花粉の飛散がピークなのだろう、クシャミが出て目が痒い。それでも若いときほどひどくはない。

011

戒名は
真砂女でよろし
紫木蓮              
                   鈴木真砂女

| コメント (0)

2018.03.27

ワッと咲き出す花

P1180813_640x479

雪柳
連翹と
さくらの
引き立て役も
勢ぞろい

| コメント (0)

2018.03.26

土根性桜

P1180812_640x477

津波に
流されなかったのは
奇跡の一本松
こちらは
土根性桜とでも呼ぼうか

| コメント (0)

2018.03.25

枡形山の花見

P1180827_640x473

日曜日の午後、枡形山に登る。鎌倉時代には枡形城があったところだ。山頂の広場にはソメイヨシノがいっぱいあって、ほぼ満開。桜の下はにぎやかに花見の宴が開かれていた。展望台に昇ると、360度見渡せる。すこし霞んでいて富士山や丹沢などは見えなかったが、かろうじてスカイツリーが見える。

P1180824_640x480

卒業式に
桜が咲いて
入学式は
葉桜だね
なんて聞こえる

| コメント (2)

2018.03.24

10日早く桜満開

P1180817_640x479

二カ領用水の
桜もほぼ満開
あちこちで
花見の宴
まだお彼岸なのに

| コメント (4)

2018.03.23

小田急登戸駅の北口改札

小田急線の登戸駅北口改札を初めて外から見た。上り下りホームの新宿寄りに出口専用の階段があって、そこを下りる。エスカレーターもエレベーターもない。このルートは出口専用で、北口改札からは入ることができない。

Noborito_all
改札を出て、階段を地上まで降りれば、すぐ多摩川方面に行ける。また、途中から歩道橋を渡って南武線の登戸駅に出ることもできる。なるほど、これなら夕方の通勤時間の混雑がだいぶ緩和されるだろう。ガードマンが3人ほどいて、案内をしていた。

| コメント (2)

2018.03.22

さくら、一分咲き

P1180788_640x479

予報では気温が上がるといっていたが、それほどではない。多摩川の「せせらぎ館」まで歩く。ソメイヨシノは下の枝だけ咲いていたが、まだ一分咲き程度だ。それでも水面に近い所はけっこう咲いている。日差しが水に反射して暖かいのだろうか。

オオバンが泳いでいた。ときおり浮草を啄んでいる。スッと水に潜るのはカイツブリ。次にどこに顔を出すのか予想するのが楽しみだが、たいがい外れる。

| コメント (0)

2018.03.21

彼岸に雪

今日は彼岸の中日。なのに朝の小雨がみぞれになり、雪になった。寒い。お客様がみえるので、その準備をする。妻は長年、おはぎを作ってきたが、去年から赤飯にすることにした。来客の数が減ったし、おはぎだと掛かりっきりになるからだ。

栗平に叔母を迎えに行くと、あっちはかなり本格的に雪が降っていた。帰りによみうりゴルフ場の横を通るときは、道路もうっすら雪が積もり、ちょっと緊張した。箱根町は30㎝、強羅は20㎝の雪とか言っている。咲き始めた桜が凍えている。

雪の影響もあってか、来客は4人。みんなで近況を語り、たのしい時間を過ごした。食事のあとは、お持たせのケーキなどをいただいた。

お彼岸の頃でも、たまに雪が降る。彼岸過ぎても、5年に1度ぐらいは雪が降るそうだ。むかし、名古屋に行った帰り、3月24日に関東地方で大雪が降り、東名高速が通行止めになり、沼津で一泊したことがある。翌朝、宿を出て、海老名あたりで渋滞の尻尾に追いついた。あちこち車が乗り捨ててあった。家に着いたらカーポートがつぶれていた。4月10日に雪が降ったこともある。

雪は3時ごろから雨に変わり、またたくまに解けてしまった。

| コメント (0)

2018.03.20

さくら梅雨?

東京の桜は
3月17日に開花
明日の中日は
真冬日らしい
4月まで持つかな

今日は雨
そして寒い
一日中8℃とか
温度差に
体もたいへん

気温が何度でも
熱いものや
冷たいものを食べても
ほぼ平熱
これは奇跡!

| コメント (0)

2018.03.19

柿の木にブロック

P1180695_640x508_2

柿の枝にブロックが吊るされている。枝を横に伸ばすためらしい。そうすれば、日当たりもいいし、手入れや収穫が楽になるのだろう。ブロックが風にゆっくり揺れている。

| コメント (0)

2018.03.18

彼岸の入り

日曜日は彼岸の入り。午後、寿福寺にお墓参りに行った。買った花に、庭のらっぱ水仙やヒヤシンスを加えて、お墓に供える。ご先祖さまにお礼し、近況を報告する。きっと聴いてくれたのだろう、気持ちがすっきりする。

高台から見る景色は霞んでいる。花粉やPM2.5なども飛んでいるのだろう。気温も寒かったり暑かったり、わけが分からない。

録りだめたビデオを見る。最近、妻が将棋に興味を持ち始めた。藤井聡太くんの影響らしい。まったくの初心者で、駒の動きから教えなければならないから先は長い。

| コメント (0)

2018.03.17

洋画の

洋画の
キスシーンは
自然だが
邦画は
なんかね

| コメント (0)

2018.03.16

ラッパ水仙

P1180683_640x479

みんなから
少し離れて
咲いて
なにか言いたそうな
やつもいる

| コメント (0)

2018.03.15

ハクモクレン

P1180677_640x480

白木蓮と
いうと言えども
紅ほのか

原句: 白牡丹といふといへども紅ほのか(高浜虚子)

| コメント (0)

2018.03.14

スマート・アシスト

朝、パッソの12か月点検のため、トヨタに行った。自転車通勤にしてから、ごくたまにしか車に乗らない。だからバッテリーのぐあいが心配だったが、大丈夫だった。点検が終わるのを待っていると、担当者がスマート・アシストの機能がついた新車をすすめてきた。

衝突しそうになるとアラームが鳴る、さらに接近すると自動でブレーキをかける。前後の誤発進を防ぐ。渋滞などで、前の車が出たことを知らせる。白線をはみ出すとアラームが鳴る、等々。特に高齢者の運転ミスが問題になっているので、どうかというのだ。

しかし、そもそも車に乗ることが極端に減ってきているので、新車を購入する気はない。長い不況でトヨタも車が売れないらしい。若い人の車離れも大きいようだ。

今日は暖かかった。20℃以上行ったのではないだろうか。裏の竹藪からウグイスの声が聞こえてきた。桜の開花予報は3月20日だ。

| コメント (0)

2018.03.13

ホームドア

東急の
溝口駅や二子玉川に
ホームドアがついた
いちばん喜ぶのは
運転士かな

| コメント (0)

2018.03.12

手首の痛み

長年卓球をやっている50歳代の女性が治療に来ている。去年の8月ごろから痛くなり、ずっと整形外科に通っているが、よくならないという。10日ほど前に来院し、鍼治療を行う。右の手首から肘にかけて、皮膚が少し冷たく、痩せているようにみえる。痛くて使えないから委縮しているのだ。

4日後に2回目の治療をおこなう。そのとき、冷たかったところが少し温かくなった感じがした。血行がよくなったのだ。本人も痛みがだいぶ軽くなったという。今日で4回目だが、痛みはほとんどなくなった。

ただ、手首に違和感があるという。それはそうだ。長い時間が経っているので、すぐ元に戻るわけではない。お尻転がし、肩回しなどの体操もすすめているが、そういう地味な運動が全身の血行をよくし、回復を早めることになるだろう。

からだに
どうしてほしいか
を聴く
それに応えて
やればいい

| コメント (2)

2018.03.11

3.11

東日本大震災から
7年
犠牲者に黙祷し
地震、津波、原発事故を
ふりかえる

梅が咲き
水仙が咲き
木蓮がふくらむ
「北国の春」を
口ずさむ

| コメント (0)

2018.03.10

3月10日

この日の
東京大空襲で
10万人が
殺されたという
10万人が

| コメント (0)

2018.03.09

PCの矢印(ポインター)が動かない

昨日のことである。パソコンのポインターが動かなくなってしまった。目的のところにもっていき、クリックするときに使う、あの矢印が動かないのである。

手動でスイッチを切り、何度か再起動してみたが、矢印は動かない。知人に電話すると、マウスを使ってみたらというが、私はフラットポイントというか、タッチパッドというか、指先でやっているのでマウスは処分してしまった。

タッチパッドのドライバを最新のものにしたらいいともいうが、ポインタが動かないから、それもできない。インターネットを開いてもクリックできない。ブログは書けないし、コメントも書けない。ウイルスでも入ったのだろうか。

スタート画面のタイルを→↑↓←で選んで押せば、メールは見られるが、返事が書けない。そこで何人かは、電話で用件を話した。キーボードでできることは限られており、やはりポインターがなければ何もできないのである。

確定申告の作成や、歌会の資料作りのあとだったのが、不幸中の幸いである。

  *******

けさ、「出張パソコン修理」の会社に電話すると、午後4時ごろ若い男性が来てくれた。システム全体を調べると、レジストリなどに不用なファイルがどっさり入っているという。なにかソフトをダウンロードしたときに、いっしょにそういうプログラムを仕組まれてしまったらしい。ウイルスである。

一時間あまりして、駆除とクリーニングが終わる。これだけのファイルを駆除しましたと、一覧を見せられたが、素人の私には何が何だかわからない。マルウエア・クリーナーとかいう駆除ソフトだが、自分で扱うのは無理のようだ。

かなりの出費になったが、これで大きなストレスからは解放された。とにかく、パソコンの動きがウソのように軽快になった。

帰りぎわに、ハードディスクが弱ってきているからバックアップはとっておいたほうがいいですよ、とのアドバイス。ハードディスクは進化しているが、その耐久性はあまり改善されていないのだそうだ。

| コメント (2)

2018.03.07

しんゆり五行歌会

                        有水
世田谷ボロ市で
「がけっぷち」と書かれた
小母さんの
背中シャツから
全てを笑う

                        茗水
貴女ならそう言うと思った
三十三才年下の友の
信頼を表明するような
言葉の響き
自信となる

                        熊田
知らなかった
言葉を新しく知る
学びの心
甦らせ
「知るは喜び」

                        冨樫
点在する
大きなお屋敷
「井上邸」
家主のおじさん達は
同じ系統の顔

                        京子
水を
やると
むさぼるように
吸っていく
草花たち

                        リプル
弥生ちゃん
ほんとは
四月生まれ
だけど
弥生ちゃん

| コメント (0)

2018.03.06

ドラグした部分が消えた!

しんゆり歌会の資料を作る。メールやファックスで送られてくる五行歌を、まずはメモ帳に張り付けたり、打ち込んだりしておく。早く送ってくる人もあれば、締め切り間際に送ってくる人もいる。安全を期して、ときどき上書き保存しておく。

全員の歌が揃ったら、作者名をつけたものを、「しんゆり歌会・名前あり・3月」というワードのファイルに写す。それから名前を伏せて、適当に番号順にならべ、歌会用の資料を別に作成する。参加者は気に入った歌を数首えらび、3点から1点をつけて採点するのだ。

メモ帳に集まった歌をぜんぶドラグして選択し、それをコピーしてワードのファイルに貼り付けるとき、これをキーボードでやると速いので、

コピーはC+C(Ctrl+C)で、
切り取りはC+Xで、
貼り付けはC+Vでやる。
ちなみに、全選択はC+A
だ。

ところが、今日はなにかのはずみで、ドラグで選択したあとCV(貼り付け)とやってしまった。CC(コピー)しなかったのだ。すると、ドラグした部分、すなわち歌がぜんぶ消えてしまったのである。メモ帳は編集をクリックすれば「元に戻す」が使えるが、一回しか戻れない。あいにく、他のこともしてしまったので、その機能が使えない。

こうなると、送られて来た歌を、もう一度ぜんぶ入力し直さなければならない。ファイル全体を削除したなら、ゴミ箱に残っているから、それを戻せばいいが、文章の一部となると難しい。えらいこっちゃ!

消えてしまったものも、パソコンのどこかに残っているはずだ。なんとか手立てがあるだろうと、ネットで調べてみた。すると、削除した文章を検索して回復させるソフトがいろいろ載っていた。その中のどこかに「上書き保存していなければ」というのがあり、ひらめくものがあった。

そうだ、ドラグしたものは消えてしまったが、まだそれを保存していない。メモ帳をいったん閉じて、そのとき「保存する」か「保存しないか」を聞いてくるから、「保存しない」を選べば、いじった部分は保存されない。そして、もう一度ファイルを開けば、元のファイルが出てくるはずだ。

そこで、メモ帳のX(閉じる)を押してみる。例によって、「変更内容を保存しますか?」と聞いてくる。保存する(S)、保存しない(N)、キャンセル(C)のうち、保存しないをクリックする。そして、あらためて、メモ帳を開くと、果たして、消えた歌がぜんぶ蘇生した。めでたし、めでたし!

| コメント (3)

2018.03.05

そうともかぎらない

学校の成績がよければ
金持ちになるかといえば
そうともかぎらない
金持ちが幸せかといえば
そうともかぎらない

| コメント (0)

2018.03.04

友の遠方より来たるあり

むかし近所に住んでいて、7年前に島根県に移住した知人がやって来た。こちらに友達が多く、久しぶりにあちこち顔を出しているらしい。気さくな性格で、みんなに好かれる人だ。

島根県では3年ほど林業に従事し、それから農業を始めたという。地元の人たちとの交流、農業のさまざまな問題など、話はとても面白かった。神社の総代の一人にもなったそうだ。

カメムシなどを駆除するために田んぼの消毒をすると、ミツバチなどまで減ってしまうこと。合鴨に田の草を食べさせるのもいいが、その糞に窒素が多いので米の味が落ちてしまうこと。アライグマがトウモロコシを食い、イノシシが芋を食うこと、等々。

ニワトリを買い始めたときのこと、送られて来たヒヨコが可愛くて、それをずっと眺めていたとき、深い幸せを感じたとか。とても充実した暮らし方をしているようだった。

数年前、行き詰まったことがあり、そのとき京都のヴィパッサナー瞑想コースに参加したという。深く自分を見つけることができて、とてもいい体験ができたと言っていた。

| コメント (0)

2018.03.03

おひなさま

P1180669_640x429

桜餅を
いただくと
ほのかな香りに
春が
ひろがる

| コメント (2)

2018.03.02

『五行歌』誌、3月号投稿歌

あなたの手と
わたしの手が
触れあって
ビリッと走る
静電気

ひとり分
空いているような
空いていないような
座席から
すこし離れて立つ

あなたって
評論家なのねと言われ
落ち込んだことがある
そう言った人も
同じことをしてるのに

ケータイは持っていません
なくても不自由を感じません
と石坂浩二氏
そういう人がいることが
うれしい

河川が凍結したため
電車が遅れています
そりゃ大変だ
えっ、
河川じゃなくて
架線?

笑うかもしれないが
ときどき
焼き芋の甘さにかなうものなんて
あるのだろうか
と思うことがある

| コメント (2)

2018.03.01

バカ陽気

今日は
五月初旬の
バカ陽気
薄着にさせたい
お雛さま

| コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »