« 物質は空間だらけ | トップページ | 深大寺の白鳳仏 »

2018.02.11

五行歌のPR

しんゆり五行歌会が利用している「麻生市民交流館やまゆり」で、活動報告会というのが開かれた。参加団体は7つで、新百合囲碁学園、さざなみ俳句会、新百合英会話の会など。しんゆり五行歌会は10時半から25分ぐらい時間をもらい、五行歌と歌会の紹介をした。

まず、発会者の澤田さんがDVDを流して五行歌というものはどんなものか紹介した。もっとも、五行に書き、縦書きにし、歌らしくするという以外、ルールはない。そこで、サンプルとなりそうな歌をプリントアウトして、一つずつ朗読して、すこし解説を加えた。焔太先生がよく紹介するものも入っていた。たとえば、

「べんきょうしなさい」
「しゅくだいしなさい」
「おてつだいしなさい」
おかあさん
「しずかにしなさい」         木村舜(7歳)

心は
自転車のライトみたいだ
自分でこがないと
決して
光ってくれない            佐保未来(小5)

医者の説明
三人で聞いたのに
ああ言ったこう言った

どう云った               はる

湯上りの
柔らかい妻の爪を
夫は
睦言を言うように
やさしく切る              井戸喜美代

私は、「五行歌」誌や「五行歌秀歌集」、「すぐ書ける五行歌」などの本を紹介し、歌会はどういうふうに進めるのか、などの話をした。また、読売新聞や朝日新聞の五行歌欄についても触れた。何人ぐらいが興味を持ってくれたかは分からないが、五行歌はまだあまり知られていないので、こういう機会を持つことはいいことだと思う。

« 物質は空間だらけ | トップページ | 深大寺の白鳳仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物質は空間だらけ | トップページ | 深大寺の白鳳仏 »