« 熱海梅園、見ごろ | トップページ | ペチコート(水仙の原種) »

2018.02.22

ゴイサギ君

P1180627_640x479

熱海梅園の中を小さな川が流れている。橋から目をやると、ゴイサギが岩の上に立っていた。以前は喜多見の野川でよく見た鳥だが、最近は見かけない。久しぶりの対面である。観光客は梅が目当てなので、私がゴイサギにカメラを向けても、だれも気がつかない。もっとも、川はすこし暗く、ゴイサギの色も地味なので目に留まらないのだろう。

ゴイサギは静止した状態で、時々ゆっくり岩を渡ってゆく。そのとき、岩に足を取られて滑ったりしている。本来は夜行性だから、昼間は苦手なのだろう。

梅の花にはメジロがわんさか来ている。人馴れしていて、かなり近づいても逃げない。ヒヨドリやシジュウカラもいる。

熱海梅園は、その名の通り梅の名所だが、秋の紅葉がいい。

« 熱海梅園、見ごろ | トップページ | ペチコート(水仙の原種) »

コメント

ゴイサギ大好きです!じいっと動かないのに、こちらの視線を感じてじわーっと体の向きを変えたりするところなんかかわいらしくてたまりません。

投稿: エノコロ | 2018.02.26 18:25

★エノコロさん、
ほんとにスローな動きですよね。でも、なんとなく
愛嬌がありますね。石の上ですべったりして、
そんなところがかわいいです。

投稿: リプル | 2018.02.27 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海梅園、見ごろ | トップページ | ペチコート(水仙の原種) »