« 蝋梅匂う | トップページ | 小歌会の歌 »

2018.01.14

新年五行歌会(関東)

四谷の主婦会館で行われた「関東合同新年五行歌会」に出席した。出席者は115人。主宰の講演のあと、全員の自己紹介、それから10人ずつのテーブルに分かれての歌会。その後、表彰式があって、主宰が講評を述べる、というのがいつもの流れだ。

小歌会で一緒になった人たちはほとんど初対面だったが、月刊誌『五行歌』で名前はよく見ているので覚えがある。読売神奈川の五行歌欄によく載っている志村礼子さんも同じテーブルだった。休憩時間にはしんゆり歌会の仲間や、べつの歌会の知人たちとも挨拶をかわした。

入選歌を三つだけあげよう。

洗濯物を丁寧に             岡田幸子(一席)
畳む
ささくれた心を
お日さまの匂いが
畳んでゆく

 

あの姑が                 村松清美(二席)
「ありがとう」を
言いだした
終章が
始まったのだ

 

「なんか好き」って            水源純(三席)
いいな
スゴクやトテモじゃ適わない
「なんか」が好きを
最上級に押し上げていて

« 蝋梅匂う | トップページ | 小歌会の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝋梅匂う | トップページ | 小歌会の歌 »