« 五行歌誌(12月号)投稿歌 | トップページ | 朝日 »

2017.12.04

スーパームーン

夕べの月は、とても大きくて明るかった。ほぼ満月だ。けさ、それがスーパームーンだったことを知った。月がかなり地球に接近したらしい。以前にも、月があまりにも明るいので夜中に目が覚めたことがある。それくらい、ふだんの月とは違って見える。

夜が今よりずっと暗かった時代、人々は月や星の変化には敏感だったことだろう。夕べ月を見たときも、なんとなく胸騒ぎがした。そうしたら夜、電話が来て、昔お世話になった人が亡くなったと知らされた。信仰ひとすじに生きた方である。胸騒ぎは偶然ではなかったような気がする。

« 五行歌誌(12月号)投稿歌 | トップページ | 朝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五行歌誌(12月号)投稿歌 | トップページ | 朝日 »