« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017.12.31

初詣の列

紅白が終わる前に
お不動様に行き
初詣の列に並ぶ
薪が燃やされ
みんなの顔が赤い

みなさま、今年一年ありがとうございました。

| コメント (2)

2017.12.30

里芋を掘る

里芋を
スコップで掘る
雨が多かったせいか
あんがい
収穫があった

| コメント (0)

2017.12.29

ルリビタキ♂

P1170941_640x465

水浴びに来たルリビタキのオス。コンパクトカメラなので証拠写真としても無理があるだろうか。ほぼ肉眼で見た状態に近い。ただ、その場に立つと、小さくても立体感や臨場感がある。大きなレンズで撮った写真を見せてもらったが、それは美しかった。場所は生田緑地。

Dsc_5724_590x394
以前、撮ったもの

| コメント (2)

2017.12.28

メタセコイア、その後

P1170907_640x480

メタセコイアの
葉が散って
素通しになった
冬の空
日差しが嬉しい

| コメント (4)

2017.12.27

散髪はやめる

買い物をして
食事をすます
床屋さんに行く予定だったが
やめた
風が冷たすぎる

| コメント (0)

2017.12.26

アロエの花

P1170899_640x480

宿河原の釣り堀の近くにアロエが咲いている。日当たりのせいか、釣り堀の水の反射を受けるせいか、よく咲いたものだ。今年はけっこう寒いのに、ここだけは暖かいようだ。

| コメント (0)

2017.12.25

確認をすること

治療費を
払うの忘れました
との電話
すぐ
届けてくれた

こちらも
うっかりしていた
なにごとも
確認が必要な
年頃なのだ

| コメント (0)

2017.12.24

手と手が

手と手が
触れただけで
ビリッと来る
恋ではありません
静電気です

| コメント (0)

2017.12.23

天皇誕生日

天皇誕生日
両陛下は
公務にお忙しそう
早く
休ませてあげたらいいのに

いつの間にか
行き交う
暮れの挨拶、
どうぞ
よいお年を!

| コメント (0)

2017.12.22

赤いバイク

郵便屋さんは
赤いバイクで
走りまわる
ときどき
女性も見るよ

| コメント (0)

2017.12.21

一面落ち葉

P1170869_640x480

水面が
落ち葉で
埋めつくされ
歩いて
しまいそう

| コメント (0)

2017.12.20

名前を知らない花

P1170866_640x473

名前を知らない
かわいい花を
見つけた
名前なんて
どうでもよくなる

| コメント (1)

2017.12.19

お墓参り

十二月の
墓参りは寒い
父に声をかけると
通じたらしく
温かく感じた

| コメント (0)

2017.12.18

霜柱を

霜柱を
踏む音で
あらためて
今朝の
寒さを知る

| コメント (4)

2017.12.17

ジョウビタキの嬢ちゃん

Dsc_9854_640x425

落ち葉を
掻き集めていると
ジョウビタキのメスが
遊びに来る
手伝ってくれる?

| コメント (0)

2017.12.16

グーグルアース


行ったところを
グーグルアースで見る
変わってないな
変わったな

| コメント (0)

2017.12.15

日本水仙

P1170862_640x478

こんなに
寒いのに
水仙の花が
咲いている
偉いなあ

クェックェッと
つぐみの声
この冬初めてだ
よく来た
よく来た

| コメント (0)

2017.12.14

小周天(気功)

本棚を整理していたら、鍼治療をしている知人からの手紙が出てきた。私が体調を悪くしたときに助言をしてくれたもので、そこには「鍼灸師なら小周天という気功をやるべきだろう」というようなことが書いてあった。

小周天というのは、今でいう気功の一種で、からだのエネルギーの流れを調節する健康法のようなものだ。とくに、からだの前後の正中線を流れる気のルートをスムーズにする体操のようなもので、これをやれと勧めている。

この小周天については、本で読んだぐらいで、実際に修行したことはない。気功をやっている人に少し手ほどきを受けたことがあるが、そのときだけで終わっている。今日、小周天の動画を見つけて、それを見てみた。なかなか面白いので、ちょっと勉強してみようと思う。

→矢山式小周天気功法

| コメント (4)

2017.12.13

お尻ころがし

このところ、休みの日には、ケヤキやカエデなど、落ち葉の掃除をしている。竹の熊手で枯れ葉を寄せ集め、それをいったん箱に入れ、両足で踏みつぶす。それから45リットルのポリ袋に入れる。

つぎに、ポリ袋の口を向こうに倒し、少しだけ口を開けて、正座するようにしてポリ袋に乗っかる。両膝で何度か袋を押しつぶすのだ。袋の口を開けたままだと葉っぱが飛び出してしまうが、完全に閉じてしまうと袋が破裂する。だから少しだけ空気を逃がすようにする。

それから、袋の底をトントンと地面に打ちつけると、枯れ葉がぐんと沈む。この作業を繰返すとポリ袋にはかなりの葉っぱが入る。これをゴミ収集日の朝に出すわけだが、あまり一度に出すと収集員が大変なので、4つか5つずつ出している。混ざりものの少ないものは腐葉土用にとっておく。

しゃがむ姿勢が多くなるので、この作業は2時間以上はやらないようにしている。やりすぎると、腰や背中に来るからだ。

それから家に入って、うつぶせになって「お尻ころがし」の体操を200回ぐらいやる。力を抜いて適当にやる。腕立て伏せのようにして、腰をそらす体操もする。ときには真向法体操もやる。こうすると、あとで腰痛が出ることが少ない。

「お尻ころがし」は、体重を畳や布団にあずけるから、まず安全である。だから、治療にみえる方、みんなにすすめている。だが残念ながら、なかなかやらない人が多い。やっても、三日坊主だ。

私は日に3、4回やっている。朝、起床の前に布団の中で一回、昼休みのあと一回、帰宅して一回、夕食後一回。それにしゃがむ仕事をしたあとや、散歩のあとにもやっている。やらないと気がすまないようになっている。

| コメント (2)

2017.12.12

枯葉そうじ

ケヤキの
枯れ葉が
絶え間なく降り
そこらじゅう
走りまわる

| コメント (0)

2017.12.11

メタセコイアの林

P1170849_640x480
メタセコイア@生田緑地

葉が落ちた
メタセコイアの
林に
午後の日が
差し込む

| コメント (4)

2017.12.10

朝の月

P1170839_485x640


師走の朝
ビルの上に
薄紙を
貼り付けたような
月が見える

| コメント (0)

2017.12.09

渋いほど

P1170833_640x480
ころ柿@日本民家園

渋いほど
甘くなるという
干し柿
なんとなく
わかる

| コメント (4)

2017.12.08

12月8日

この日
真珠湾を奇襲
300万以上の命が
奪われる悲劇が
はじまった

| コメント (0)

2017.12.07

しんゆり五行歌会(12月6日)

                          茗水
術後三日間のおかゆを
継続してもらっている
おかゆのやさしさは
日本の心
と感じながら

                          浅井
席をゆずられて
「有難うございます。
でも わたし若いんですけどー」
「僕の方がちょっと若いです」
周りのみんなが
クスクス クスクス

                          冨樫
風に乗って届いた
小田急線の走行音
調子を合わせて踊る
カラフルな
洗濯物

                          高岡
眠れない夜は
「一匹・・・二匹・・・」と
数える
イケメンあり マザコンあり
元カレ いろいろ

                          のぶ
一つテーブルに
柿とりんごとミカンが
並ぶ
季節の移ろい
北国は雪

                          有水
カットフルーツ購入
煩わしさがないと思いきや
口に入れても
おいしさは半減
指の行為が伝わらない

                          京子
あと二台待てば
空中散歩できるのに
火山ガス濃度が高く
運転中止ですと
係員の声

                          リプル
反射的に
蚊を叩き
ゴキブリをつぶす
私に愛は
あるのだろうか

| コメント (0)

2017.12.06

地面が赤い

P1170831_640x473

もみじが
散り敷いて
地面のほうが
赤く
なったよ

| コメント (2)

2017.12.05

朝日

朝日に
きらめく
水面を
コサギがよぎる
師走

| コメント (0)

2017.12.04

スーパームーン

夕べの月は、とても大きくて明るかった。ほぼ満月だ。けさ、それがスーパームーンだったことを知った。月がかなり地球に接近したらしい。以前にも、月があまりにも明るいので夜中に目が覚めたことがある。それくらい、ふだんの月とは違って見える。

夜が今よりずっと暗かった時代、人々は月や星の変化には敏感だったことだろう。夕べ月を見たときも、なんとなく胸騒ぎがした。そうしたら夜、電話が来て、昔お世話になった人が亡くなったと知らされた。信仰ひとすじに生きた方である。胸騒ぎは偶然ではなかったような気がする。

| コメント (0)

2017.12.03

五行歌誌(12月号)投稿歌

夕空に
鳥が飛ぶ
ヘタだなあ
なんだ
コウモリか

直接
国政にかかわれるのは
選挙だけ
ささやか過ぎる
この一票だけ

候補者の名に
ひらがなが多い
なんとなく
人物も
軽く見えてくる

あんたに
般若の面みたいだ
と言われたこと
死ぬまで
忘れないわよ

捨ててこい
と言われて
橋から投げた
紙袋
子猫五匹

医療の進歩で
助かる人も増えるが
死ねない人も増える
いずれ
みんな死ぬのに

| コメント (0)

2017.12.02

よみうり五行歌入選

朝刊を開いた妻が、「あら、載ってるわよ、五行歌」と言う。ほんとだ。今回は投稿しなかったから、少し前に送った歌だ。

ベイブリッジの
向こうの
風力発電の羽根が
ほとんどとまりそう
今日は小春日和

横浜そごうの屋上から横浜港を見ていた時のことだ。よく晴れた日で、暖かい。シーバスや小船がゆっくり動き、大きな客船や貨物船が停泊している。逆光に海が光り、ベイブリッジや鶴見つばさ橋の姿が美しい。左側に見える風力発電の大きな風車の羽根がゆっくりゆっくり回っている。ほとんど止まりそうなぐらいだった。

よみうり五行歌欄には、けっこう投稿しているが、最近はあまり採用されない。志村礼子さんのように歌のうまい人は常連になっているが、私はさっぱりだ。いい歌ができないこともあるが、選者と感性が合わないこともあるのだろう。

選者もたくさんの投稿歌から5首を選ぶのはたいへんだ。五行歌の普及のためには、幅広い層の歌を採り上げてあげたほうがいい。また、自然、人間、時事など、題材も多彩だ。先日、こんな歌が特選になっていた。

アジアへの         相模湖福幹
営業出張で
ガハハと
高笑いの
武器商人

武器商人とは、言わずと知れたトランプ大統領のことだ。名前がなくてもトランプ氏のことだとすぐわかる。

五行歌は縛りがないので、なんでも書ける。逆に、そこが評価の難しくなるところだ。歌らしい歌が書きにくいのだ。俳句や短歌ならば五七五、あるいは五七五七七の型にはめれば、少なくともリズムが調う。五行歌は日常語で、しかも自分の呼吸で五行に書くだけに、文芸的な評価が認められにくい。

俳句や短歌で使われることば、特に文語は、日常生活ではまず使わない。古典芸能のようなものだ。季語や文語、その他の約束事が多いから、そうとうな知識も要求される。それだけに、実生活からはかなり距離がある。

五行歌はかならず普及する。思ったことを自分のことばで、一番すなおに表現できるものだからだ。

なんか            カエデ(五歳)
ほんとの
はなしを
すると
おちつくね

| コメント (4)

2017.12.01

スパイスハウス・CHOPPER

きのうの夕食は、一階の「ステーキハウス・CHOPPER」さんに行った。うちは三階で、同じビルの一階にある店なのだが、一度しか入ったことがない。今度で二度目だ。瞑想者は肉食をしないことになっているということもあるが、年をとると、肉は持たれるのだ。

ところが最近、「年をとると動物性たんぱく質が不足するから、肉を食べたほうがいい」などという情報が増えている。瀬戸内寂聴さんも笹本恒子さんもステーキを好物にしているらしい。そんなわけで、うちの食卓にもときどき肉料理がならぶ。いのちをいただくことに感謝して食べたらいいだろう。

Chopper1

チョッパーさんは店内が改装されていた。以前は、店を入ると右奥にカウンター席があったが、そこはテーブル席になっていた。客はテーブル席を好むらしい。チョッパーの意味は、肉を切る人で、とくに手切りという意味を強調したようだ。私はチョッパー・ハンバーグを食べたが、器械でミンチしたものと違って、粗ミジンなので食感がいい。

妻はステーキを食べた。サイズは小を頼んだのに、やけに大きい。マスターが出て来て、サービスをさせていただきました、と言う。いつも顔を合わせているので、気を使ってくれたらしい。ま、それだから言うのではないが、ハンバーグもステーキも美味しかった。となりのテーブルでは、6人が早くも忘年会らしきものを開いていた。

Irikuchi01_2

http://yokido.cool.coocan.jp

| コメント (2)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »