« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017.11.30

あすから師走

P1170827_640x460

桜もみじ落ち
黒い幹に
菰が巻かれ
冬景色せまる
二か領用水

| コメント (2)

2017.11.29

上川霊園

P1170755_640x461_2

八王子の上川霊園に母のお墓参りに行った。晴れて、とても暖かい日だった。20℃近くあったのではないだろうか。

いつもは中央高速と圏央道を使って1時間足らずで行ってしまうが、今日は一般道をトコトコ走ってみることにした。栗平で叔母を乗せ、あとはナビをセットして八王子へ向かう。途中、工事渋滞などがあったが1時間半ぐらいで上川霊園に着いた。

事務所から墓地までは、坂道を歩く。ケヤキの紅葉が美しい。お墓を掃除し、花を飾り、挨拶をする。事情があって、父と母は別々のところに眠っているが、私にとってはどちらも親だ。生んでくれてありがとう、とお礼を言う。

帰りも一般道を走る。往きは北野街道を通り、帰りは日野バイパスを走った。ナビが渋滞を避けて、案内してくれたらしい。

| コメント (0)

2017.11.28

背高泡立草のアワ

P1170752_640x479
セイタカアワダチソウの花のあと

タフな外来種
背高泡立草も
枯れると
綿のようになる
これが泡か?

| コメント (3)

2017.11.27

一本の木

P1170750_640x480

無機質な
ビルにも
自然の営みを
知らせる
一本の木がある

| コメント (2)

2017.11.26

菅フリーマーケット

菅(すげ)の星が丘でフリーマーケットが開かれているので行ってみた。23日が雨だったので日曜日に延期されたのだ。去年で終了とのことだったが、後継者が見つかって、なんとか今年も開かれることになった。幸い暖かい日だったので、出店者もよかったのではないだろうか。

パン屋、巻きずしなどを食べて昼食とする。あとはほとんど見て歩くだけ。妻はミネばあちゃんの帽子が好きで、ことしも一つ買った。タータンチェックのチューリップ帽だ。私はギンナンを買った。他にバッグなどを買ったが、断捨離が頭にあるので、買い物は控えめにした。

フリーマーケットというと自由市場のような感じだ。実際そんな雰囲気なので、「蚤の市」の日本語訳であることを忘れてしまう。フランスで始まった古物市が「蚤の市」 marché aux puces、その英語はflea marketで、日本語にするとフリーマーケットとなる。古物にはノミがつきものだったのだろうか。

菅の獅子舞や祭り囃子も披露されていた。外の行事はお天気しだいだ。

| コメント (0)

2017.11.25

消耗品なんかで儲けるなよ

低周波治療器の
電極パッドが高い
数回分で本体が買える
消耗品なんかで
儲けるなよ

プリンタの
インクも高い
数回分で本体が買える
タンク式が出たというが
そんなには使わない

| コメント (4)

2017.11.24

誰も気づかない

いま私は
肛門を絞める
体操をやっている
ふふふ
誰も気づかない

| コメント (0)

2017.11.23

硫黄のにおい

きょうは勤労感謝の日。夕べから雨が降っており、星が丘のフリーマーケットは中止。26日(日)に延期されるらしい。いろんなところで催し物が開かれているようだが、雨ではねえ。

撮りだめしたテレビ番組を見た。プレバト、ガッテン、医療番組などだ。午後雨が上がったので、落ち葉の掃除と、草取りをした。箱根の宿の泉質は硫黄だったので、からだも肌着も硫黄がプンプンにおう。そのぶん、肌はつるつるして気持ちがいい。

昔のロープウェイは
風で止まったが
今は
大涌谷の噴煙の
濃度で止まる

| コメント (0)

2017.11.22

箱根の紅葉

きのうの続き。ロープウェイで箱根園に降りて、小田急バスで桃源台まで行く。この辺は、西武と小田急が競合していて、旅行者には不便である。そばに座った人が「大涌谷のロープウェイが平常道り動いています」と教えてくれた。それなら桃源台から早雲山まで行ける。そこから宿のある強羅まではすぐだ。

朝は止まっていたので、ロープウェイを待つ人の列は長い。行列はゆっくり進む。20分ぐらいたったころ、スピーカーを持ったスタッフが走ってきた。嫌な予感がしたが、それが当たった。やはり、火山ガスの濃度が安全値を越えたため、ロープウェイは運転とりやめなった。

仕方なく、小田急バスに乗り、仙郷楼前で施設館めぐりバスに乗って強羅に向かった。3時過ぎに宿につく。宿は硫黄泉で、料理もおいしく、ゆっくりくつろいだ。

P1170714_640x460

翌朝は9時過ぎに宿を出て、近くの箱根美術館に遊ぶ。よく手入れをされた庭園が、絵葉書のような紅葉を見せていた。それから、となりの強羅公園を散策したり、古い茶室で一服したりした。あんまりあわただしくなく、ゆっくり歩き回ったのがよかった。

| コメント (0)

2017.11.21

箱根駒ヶ岳

P1170655_800x540

21日と22日、箱根に行ってきた。雨上がりの快晴で、申し分ない天気だった。湯本からバスで駅伝の道を上り、箱根町まで行く。火山ガスの濃度が濃くて、大涌谷のロープウェイは運転中止になっていたらしい。そうなると小田急のフリーパスも使い方が難しくなる。中国人や韓国人など外国人も多いから大変だろう。

箱根町から船で元箱根まで行く。お腹が空いたので、そこで絹引きうどんを食べる。箱根神社まで歩いても15分ぐらいだが、天気がいいので駒ヶ岳ロープウェイに乗ってみることにした。箱根神社入り口から西武のシャトルバスで箱根園に行く。そこからロープウェイで一気に駒ヶ岳を登る。登るにつれて、富士山が大きくその雄姿を見せてくれた。

P1170667_640x480_2

芦ノ湖が小さくなって見える。向こうは伊豆半島で、右手は駿河湾。沼津や三島が見える。左手は太平洋で、大島など伊豆諸島のシルエットが見える。南東には相模湾が広がり、三浦半島が伸びる。北側は富士山で左に南アルプスの山々が見える。

| コメント (0)

2017.11.20

血管年齢

昼休みに、小田急線登戸駅の改札口前にある「ケアプロ」という、簡易医療検査所に行って血管年齢を測ってもらった。左手の人差し指で血液のリズムを検出し、その脈波を2回微分すると加速度脈波が出て、それで血管年齢を推定するらしい。料金は540円。

結果は-2歳。今日は私の誕生日で70歳だから、68歳ということか。昨日なら67歳だったのに。まあ、年相応ということらしい。担当のスタッフは血管年齢は変動しやすいと言っていた。一つの目安にすればいいということだろう。

血管年齢に影響する要因は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙という。

私の場合は高血圧だろう。食物繊維、青魚、大豆製品をよく採ること、動物性脂肪を控えること、1日30程度の軽い運動をするように、などと冊子に書いてある。あとは減塩だな。

ここでは、肺年齢、体内年齢、血糖値、肝機能、中性脂肪、コレステロールなども検査してくれるらしい。待たずに短時間で測定できるのがいい。プロケア(株)とあるから、民間の会社がやっているらしい。ま、生活習慣病の医療費が10兆円になるというから、その予防は国の重要な課題でもある。

先日、泌尿器科に行ったら、PSA(前立腺マーカー)も尿酸値も下がっていた。これは自転車通勤の効果が出てきたのかもしれない。

タニタの体重計は
体脂肪率や骨量
基礎代謝量などを
アバウトに出し
私は55歳という

| コメント (4)

2017.11.19

実りの秋

今朝は寒かった。12月から1月の寒さという。布団から出るのがちょっと億劫になる。テレビのニュース映像を見ると、北海道や東北ではかなり雪が降っている。札幌では名物の除雪車、ササラ電車が今年初めて走ったそうだ。

今日はJAセレサ川崎の「農業まつり」がある。妻が行って、撞きたてのお餅、焼きそば、こんにゃく田楽などを買ってきた。秋は週末ごとに何かしら催し物がある。そういえば、ハロウインも収穫祭の一種だ。実りの秋、いい季節だ。

| コメント (4)

2017.11.18

1,990円の教訓

妻は朝早くワインツアーとかいうのに出かけた。わたしは8時ごろ家を出て、バス停に向かった。天気予報が雨だったので、自転車でなくバスを使うことにしたのだ。バスはほぼ時間通りに来た。

ところが、バスの中で、私は玄関の鍵をかけたかどうかが気になった。バスの時間が迫っていたこと、雨が降りそうなので傘を持ったこと、雨なら古いほうの靴で行こうとしたことなど、出かけるときの自分の行動を振り返ってみた。だが、どうも玄関の鍵をかけた記憶がない。

最初は、鍵がかかっていなくても大丈夫だろうと思っていたが、だんだん気になりはじめ、やはり家に戻ってみることにした。向ケ丘遊園駅の北口でバスを降りるとタクシー乗り場に向かい、自宅に向かってもらった。タクシーの運転手には「忘れ物をしたので」と伝え、自宅の前の道でUターンして待っていてもらった。

玄関のドアを確かめると、あらま、しっかり鍵がかかっている。なんだ、ちゃんと鍵をかけていたんだ。そのままタクシーに乗り、向ヶ丘遊園北口まで戻った。往復料金は1,990円。ちょっと高くついたが、これでひと安心。あんがい習慣で鍵はかけているものなのだ。

これを教訓にして、今後はしっかり鍵をかけたかどうか確認するだろう。ガス、電気、鍵、これらは実際に指を差し、言葉にして確認をしたほうがいいかもしれない。電車の車掌さんがやるように。

| コメント (5)

2017.11.17

秋深まる

P1170633_640x479
生田緑地

生田緑地に行ってみた。菖蒲田のカエデはいい色に紅葉している。しかし、10月の長雨のせいか、民家園添いのイロハモミジはその赤が黒ずんでいた。あまりきれいではない。まあ、こういう年もあるのだろう。

民家園の合掌造りを眺めながら、山茶花の坂道を行き、七草峠のほうから枡形山の頂上に登ってみた。桜の葉はみな散り、ケヤキの葉が降っていた。三三五五もみじ狩りの人が訪れる。明日は区民祭だが、天気は下り坂らしい。だいじょうぶだろうか。

| コメント (0)

2017.11.16

柿もみじ

P1170617_640x448

蔵の白壁が
柿紅葉を
引き立てている
風が
冷たくなってきた

| コメント (2)

2017.11.15

しんゆり五行歌会(11月)

                        高岡
漆黒の闇のなか
もがき苦しんだ四十年
めぐみさん
早く還って来て
両親が元気なうちに

                        熊田
運慶の
力強い彫刻から
オーラを享けて
私の身体にも
食欲の秋

                        浅井
浅緑色のカマキリ君
けなげにかまえる
ファイティングポーズがいじらしい
何もしないから
早く草むらへ帰りなさい

                        えんみ
もう日が暮れるというのに
一匹の小さなミツバチは
まだ仕事中
秋の日はつるべ落とし
早くおかえり

                         中川
近頃は若者ばかりか
じじばばまでも
スマホ操り
道の真ん中で
突然立ち止まる

                         冨樫
家族全員
帰宅後の
夜の雨だれの音
大きな安心
小さな幸せ

                         佳子
孫の七五三で
お宮参りへ
子どもよりも
ジジババの多いこと
四人プラスだもの

                         京子
飲み放題の
食事会
ついつい
欲をだして
千鳥足

                          リプル
麻酔をしますね
嫌だとも言えず
からだを硬くして
その瞬間を待つ
歯医者の椅子

| コメント (2)

2017.11.13

落ち葉

柿の葉が
散ると
こんどは
ケヤキの葉が
降ってくる

落ち葉は
よく踏んで
細かくして
袋に詰めるといい
何倍も入る

ガサガサ
ザクザク
落ち葉を
踏むのは
気持ちがいい

| コメント (4)

2017.11.12

雪吊り

なにかのラジオ番組で「ゆきずり」の話をしていた。ゆきずりとは、通りすがりとか、すれちがいといった意味だ。なんとなく軽い感じの言葉だ。しかし、それが雪吊りの話だとわかった。

雪吊りは、てっきり「ゆきつり」と読むものと思っていたが、正しくは「ゆきづり」と読むらしい。たしかに、この記事を書いていても、「ゆきつり」ではなにも変換されないが、「ゆきづり」と打つと「雪吊り」と変換される。「ゆきつり」のほうが緊張感があるので、私が勝手にそう決めつけていたらしい。

雪吊りは
ユキツリでなく
ユキヅリが正解?
なんだか
縄がゆるみそう

| コメント (2)

2017.11.11

メリーゴーランド

P1170580_640x422
ウクレレの合奏

P1170613_640x433
メリーゴーランド

登戸や向ヶ丘遊園は再開発が進められ、昔からの店がなくなってしまった。これではいけないと、少し前から「登戸まちなか遊縁地」という催しが開かれるようになった。今回はメリーゴーランドも登場し、協力商店街もふえたので、前よりもにぎやかになった。

最初は雨の予報で心配したが、雨が降らくてほんとによかった。カレーやたこ焼き、お汁粉などを食べた。ジャズダンスやバンド演奏など、路上を舞台にしていろいろ楽しめるものがあった。安全ベルトをつけた子どもがトランポリンで空高く跳ねているのには驚いた。ベルトが電動で子供を吊り上げているらしい。バンジージャンプみたいだった。

人は
お祭りが好き
催し物が好き
非日常が
スパイスになる

| コメント (0)

2017.11.10

小顔体操

小顔になるという体操をやりすぎて首が痛い、頭が痛い、という若い女性がみえた。その体操は、自分の舌で頬の内側を強くマッサージするらしい。ほんとに小顔になるのと訊くと、なると言う。むくみが取れるらしい。変なものが流行る時代だ。

うつ伏せにして背中をみると、胸椎の上のほうが詰まっていて、その両側がパンパンに張っている。首の後ろも左側もかたい。それを細い鍼でほぐしていく。治療が終わると、だいぶ痛みが取れたと喜んでいる。

小顔がいいというのは、八頭身に近づくからだろうか。鳶が鷹を生むこともあるが、おおかたは蛙の子は蛙だから、仕方ない。

| コメント (2)

2017.11.09

麻酔を打ちます

麻酔を打ちます
コンピュータ制御の
注射器だか何だか知らないが
歯医者の椅子で
からだをこわばらせる

| コメント (2)

2017.11.08

つわぶき

P1170571_640x496
石蕗(ツワブキ)

つやのある
蕗のような葉をもち
つやぶき
転じて
つわぶき

小春日和に
ほほえむ
ツワブキの花
風は
冷たい

| コメント (0)

2017.11.07

古民家の屋根

P1170542_640x480
古民家の屋根@日本民家園

古民家の
屋根は
苔を這わせ
センダングサを
実らせている

| コメント (0)

2017.11.06

満天星の紅葉

P1170579_640x480

満天星と書いて
ドウダンツツジ
その白い花より
目をひく
晩秋の紅

| コメント (2)

2017.11.05

スピッツ

妻の妹が還暦なので、お祝いの食事会に行った。横浜そごう10階の京鼎楼(ジンディンロウ) というお店で、台湾料理、とくに小籠包が有名らしい。秋の味覚コースに飲み放題がついた料理で、6人で2時間ほど楽しいひとときを過ごした。午後4時からだったので、日没から夜景まで移り変わる景色も堪能できた。

すこし早めに着いたので、そごうの屋上へ行くと、ちょうど、スピッツ展覧会というのをやっていた。展覧会とはいえ一種のコンテストのようで、犬の型、マナー、毛並みなどを審査しているらしい。表彰式では、チャンピオンになった犬が飼い主と一緒にウイニングウォークを見せていた。

Spiz

スピッツはほとんどが白で、耳がとんがっていて、よく吼える。私が子どものころはあちこちにいたものだが、最近はほとんど見ない。飼い犬にも流行があるのだ。そういえば、シベリアンハスキーなどが流行った時期もあったな。

屋上の南側は横浜港が展望できる。定期船シーバスの発着やベイブリッジ、鶴見つばさ橋まで見える。風力発電のプロペラがゆっくり回っている。タワーマンションなどのっぽビルが多くなって、少子化なのに先行きどうなるのかと首をかしげてしまう。

| コメント (0)

2017.11.04

緑地も秋めく

P1170561_640x445

芝が枯れ
赤や黄色の
樹々が
ちらほら
生田緑地

| コメント (0)

2017.11.03

民家園で遊ぶ

P1170533_640x481
タガころがし

文化の日はだいたい晴れる。しかも今日は、おだやかな秋晴れだ。こんな日、観光地は人出が多い。遠出をしないで、自転車で生田緑地に行った。民家園は入場無料。もっとも私はシニアなので、数年前から平日でもフリーパスではある。

今日はボランティアが多く、囲炉裏に火を入れている家もいつもより多いようだった。薪を燃している、その煙がいい、煙のにおいがいい。煙で虫を殺し、煤をつけ、茅葺きの屋根を維持しているのだ。

機織り、染め物、彫金など、いろいろな伝統工芸の製作実演や展示もあった。赤や白の山茶花が咲き、ススキが光っている。夜中に雨が降ったので地面が滑りやすいところもあったが、さわやかでもある。

込み合う前に、合掌作りの一階にあるそば屋に入った。もりととろろ蕎麦を注文したが、これが実にうまい。新蕎麦らしく香りがいいし、量も申し分ない。

P1170549_640x484

わら細工、竹細工の展示、昔あそびなど、けっこう楽しめる。妻はいぐさを編んだ鍋敷きを買った。わたしはタガ転がしをやってみたが、なかなか難しい。ものがなかった時代は、それなりに、いろいろ工夫して遊んだり、生活用品を作ったりしたのだ。あらためて、そういったものの豊かさを感じた。

| コメント (0)

2017.11.02

スポーツ吹き矢

6年ほど前に交通事故にあい、背骨を傷めた女性が治療に来ている。歩き方が変だから行ってこい、と旦那さんに言われたという。今日で7回目だが、だいぶぐあいがいい。

この女性、ため息が多い。ため息を聞かされるのはいいものではない。家族にも注意されるのだそうだ。しかし、自然にため息が出てしまう。背中を打ったとき、肋骨も傷め、呼吸が浅くなっているのだ。呼吸が浅いから酸素が不足し、ため息で補うようになる。

鍼灸の治療と体操で、だいぶ深い呼吸ができるようになった。それでもまだ気になるので、前回、スポーツ吹き矢の話をしてみた。すると家に帰って、その日のうちにネットで吹き矢を注文したそうだ。吹き矢の尖端は針でなく、磁石になっているものを買ったという。送られてきた吹き矢をやってみると、けっこう楽しいらしい。

今日の治療中、この女性のため息がだいぶ減ったことに気が付いた。吹き矢は息を思い切り吐くから、横隔膜や胸の呼吸筋が強くなったのだ。息をたくさん吐くことができれば、そのぶん吸うこともできる。酸素がたくさん入る。それで、ため息が大幅に減ったのだろう。

そのうち、家族や他人から「ため息が減ったこと」を指摘されると思う。

| コメント (0)

2017.11.01

登戸神社の菊花展

P1170460_640x492

手をかけた人にしか
わからない喜びを
お裾分けしてもらう

| コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »