« サフランの花 | トップページ | 勘違い »

2017.10.27

カボチャは英語で?

パンプキンでしょう。パンプキンスープ、パンプキンパイなど、一般にカボチャはパンプキンと呼ばれている。日本語では南瓜と書き、カンボディアから来たので、カンボジア、カボチャとなったと聞いている。

しかし、ある番組でパンプキンpumpkin というのは皮がオレンジ色のカボチャのことで、一般に食される皮が濃い緑色のカボチャはパンプキンとは呼ばないというので驚いた。このごろ騒ぎ出したハロウィンでは、橙色のカボチャの中をくり抜いてランタン(提灯)をつくるが、あれがパンプキンなのだ。

では、濃緑色のカボチャは英語でなんというかというと、スクワッシュsquash ときた。スクワッシュは広くウリ類を指し、オレンジ色のカボチャやズッキーニなども含まれるのだそうだ。スクワッシュは「ぐしゃっと押し潰す」という意味もあるが、そちらとは関係がないらしい。

カボチャは
カボチャでも
橙色がパンプキンで
緑色はスクワッシュ
なんだって

« サフランの花 | トップページ | 勘違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サフランの花 | トップページ | 勘違い »