« 台風22号 | トップページ | ジョウビタキの嬢ちゃん »

2017.10.30

足首のカウンターストレイン

週一のペースで通ってくるリウマチの患者さんがいる。大学病院でも薬を処方してもらっているが、最近ぐあいがいい。関節の痛みもだいぶおさまったし、好きな趣味もはかどるという。治療は主に脊椎の両側に針と温灸をして自律神経の働きを促している。

その人が、「体温が上がってきたように思います」と言っていた。さわるとゾクっとするほど冷たかった足の裏も、すこし温みがでてきた。これは鍼灸の治療で新陳代謝が盛んになったからだ。体温が上がれば免疫力が上るから、体調がよくなる。

足首がかたくて正座ができないというので、今日はそれをカウンターストレインという手技で治療してみた。足先を持ち上げるほうはいいが、下げるほうができない。つまりスネが硬いのだ。スネが伸びないから正座ができない、ということになる。

この場合、スネをストレッチすればいいように思うが、からだはそれを拒んでいるのである。むしろ縮めたいのだ。そこで、からだ望んでいるようにスネをたるませてやる。それにはスネとは反対側の後ろのふくらはぎにストレッチをかければいい。左右のふくらはぎを2分ずつストレッチする。戻すときに、じわりじわりとゆっくりやるのがコツである。

治療のあと、「ちょっと正座の真似をしてみてください」というと、ちゃんと正座することができるようになった。まだ腰を伸ばすのは無理なようだが、だんだんできるようになると思う。リウマチは一筋縄では行かないが、少しでも改善していくような治療を心がけている。

→カウンターストレイン

陽気堂はり治療室のHPのメニューから入れます。


« 台風22号 | トップページ | ジョウビタキの嬢ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風22号 | トップページ | ジョウビタキの嬢ちゃん »