« 人さまの歌 | トップページ | 一ヶ月反抗期 »

2017.09.06

しんゆり五行歌会(9月)

本降りになるかと思ったが、それほどではなく、比較的涼しい日になった。しんゆり歌会は五行歌界の名物の大橋克明さんをお迎えして14人。にぎやかで楽しい歌会になった。大橋さんは月に20の歌会に参加しているつわもので、60か所へ作品を送っている。その多作ぶりには舌を巻く。

                  
気骨とは別に              早川
背中に出ている
歳の影
どこか寂しい
この姿

過去50余年で             熊田
溶けあえるものは
みな溶け合った
二人に残るは
共に生きるという頑固さ

とにかく                 冨樫
一巡目はジッと観察
イケメンの多い
チームの応援
私の甲子園

早すぎる                 佳子
旅立ち
友の人生
悔いなし
と、終えただろうか?

我が友は                有水
泣き
笑い
そして噎せる   
むせる
今年の夏終わる

みんなが喜び                     大橋
誰れ彼となくハグする
日本人的愛情表現
私が作った新語
「ハグレット」いかがかな

ハチが低い所に            京子
巣を作る
今年は台風が
多いのだろう
どうしてわかるのかな

きれいな                 リプル
三日月だなあ
君と
あのゴンドラに乗って
どこまでも行ってみたい


« 人さまの歌 | トップページ | 一ヶ月反抗期 »

コメント

師匠もこんなロマンチックな五行歌を
作るのですね(笑)
奥さまはおしあわせ(´艸`*)

投稿: うきふね | 2017.09.10 16:48

★うきふねさん、
本当にきれいな三日月だったので、見惚れました。
君って誰? とみんなに聞かれましたが、他には
いませんと答えておきました。夢の世界ですから。

投稿: リプル | 2017.09.11 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人さまの歌 | トップページ | 一ヶ月反抗期 »