« 天神社のお祭り | トップページ | 考える人 »

2017.09.11

宵待草

Oomatsuyoigusa
オオマツヨイグサ(ネットから借用)

あの黄色い花は
月見草
それとも
ヨイマチグサ?
マツヨイグサ?

辞書を引くと、

①月見草はアカバナ科の越年草。初夏、大形4弁の白花を日暮れから開花し、翌日の日中にしぼむと紅色となる。
②オオマツヨイグサの5誤称。

だから、本来の月見草は白い花で、今咲いているのはオオマツヨイグサらしい。日没ごろ咲き始め、朝8時ごろしぼむ。ただ、この種の花は種類が多く、見分けがつきにくいらしい。宵待草を引くと、はオオマツヨイグサの異称とある。

有名な『宵待草』は、竹久夢二の詩に曲をつけたものだそうだ。

« 天神社のお祭り | トップページ | 考える人 »

コメント

宵待草
いい言葉ですね
”月見草”素敵な花ですね

投稿: みのり | 2017.09.11 18:11

★みのりさん、
マツヨイグサより宵待草のほうがいいですね。
月見草もいいけれど、白い花だったとは!

投稿: リプル | 2017.09.12 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天神社のお祭り | トップページ | 考える人 »