« サルスベリ(百日白) | トップページ | のろのろ台風 »

2017.08.06

過ちは繰返しませぬから

640x396

午前8時15分、広島の方に向かって原爆犠牲者に黙祷ををささげる。

毎年、テレビ画面に記念碑のアップが映される。誰が書いたのか知らないが、書家なのだろう。文字が流れるように書かれている。しかし、いつもこれを見るたび、「過ちは繰返しませぬから」という文言が気になる。そうだといいけれど、「だいじょうぶかな」という思いのほうが強くよぎるのだ。

「『安らかに眠ってください。過ちは繰返しませぬから』と慰霊碑に刻んである。甘ったれた、イヤな文句だ。(略)ここには主格がない。だれが過ちを犯し、それを過ちと認め、だれの責任において繰返しませんと誓っているのか」(岡本太郎)

核兵器保有国は増えている。それらの国々が話し合いで核兵器を破棄することは考えられない。核を持てばいつかは使ってみたくなるだろう。だから、過ちを繰返す可能性のほうが大きいように思える。この碑文は良識ある人々の「祈り」なのだ。


« サルスベリ(百日白) | トップページ | のろのろ台風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サルスベリ(百日白) | トップページ | のろのろ台風 »