« 夏バテ | トップページ | 海の日 »

2017.07.16

ひざ伸ばし

先日の『ガッテン』はひざ痛がテーマだったが、とてもためになった。ひざ痛の多くは変形性ひざ関節症という病名がつけられ、とくに内側の軟骨(半月板)がすり減っていると説明される。軟骨のすきまが狭いというのだ。

しかし、新潟の松代(まつだい)地区で1000人規模の調査を行った結果、重度の変形性ひざ関節症でも痛みのない人が53%もいる。また初期のものでも痛くて歩けない人も少なくないということがわかったのである。ひざの痛みの原因は複雑で、半月板だけでは説明がつかないというのだ。

出演した専門家の先生は、膝の関節をつつむ「関節包」が硬くなっていることに原因があることが多いと話していた。そこには痛みを感じる神経も多い。そして、関節包をゆるめる方法は昔からリハビリに取り入れられていた「ひざ伸ばし」だというのである。ただ、それを指導しても簡単すぎて実行しない人が多いという。

ひざ伸ばし運動 (大腿四頭筋のセッティング)
座るか仰向けの状態で両下肢を伸ばし、右の太ももに力を入れ5秒保つ。これを10回ほど繰り返し、左側も同じように行う。これを一日2、3回やる。これを1か月以上つづけるのである。ひざの下に丸めたタオルを置き、それを押しつぶすようにするとうまくいく。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170712/index.html?c=health

見た目にはひざはほとんど動かない。だから地味な運動だが、これを続けるとその効果はいろんなところに波及するようだ。

うちの治療室では低周波をかけて大腿四頭筋を動かしている。関節包をゆるめるという意味ではこれでいいし、ひざ痛もよくとれる、しかし、このひざ伸ばし運動は自分でやるので筋力トレーニングにもなる。無理せず、また三日坊主にならないように続けることがカギである。


« 夏バテ | トップページ | 海の日 »

コメント

膝の痛みは、年齢と共に避けられないものなんだろうかと不安になる時があります。
幸い今は痛みもありませんが、半月板がすり減ったらと考えると恐ろしいですね。
体操を見ました。地味な運動でも継続なんですね!
リプルさん~ご紹介有難うございます。

投稿: まこ | 2017.07.16 14:23

今朝もテレビで あまり歩きすぎても行けないとか・・・
1万歩は 歩きすぎてるんだとか・・・そんなことを言ってました。
その時、その時代で いろいろ言われることは、変わって来るようですが
ようは、無理をせず ゆっくりぼちぼち、長ぁ〜く。ですね。。。
以前は 一日のウォーキング歩数に 家の中の歩数は数えないこと なんて言われましたが
 今日は 家の中でもゆっくり歩いて・・・なんて言ってましたもん。
研究によって、言われることが変わって来てますね。
とにかく続けることですよねぇ。。。これが一番難しいけど。

投稿: メーメー | 2017.07.17 21:04

★まこさん、
レントゲンに写るのは骨だけ、軟骨や靭帯などの
軟部組織は推定するしかありません。ですから
今回の番組のように関節包の異常を見逃していた
のだと思います。からだの順応性はすごいですね。

投稿: リプル | 2017.07.18 15:27

★メーメーさん、
4000歩以下だとうつ病だとか、8000歩以下だと
がん・糖尿病だとかいうけれど、あくまで平均
的な見方で、みんなそれぞれ違いますからね。
ひざもその人の体重や、筋力、骨密度とかたく
さんの要素があるのでしょう。ただ、適度に
動かすことは大切ですね。また、その適度が
問題ではありますが。

投稿: リプル | 2017.07.18 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏バテ | トップページ | 海の日 »