« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017.06.30

六月も終わり

雨の三十日
道路は大渋滞
やっと来たバスに
黙々と
乗り込む

| コメント (2)

2017.06.29

よひら(四葩、四片)

P1160579_640x481
アジサイはヨヒラともいう

紫陽花は
雨を受け
見て見て

顔を向ける

| コメント (4)

2017.06.28

江島神社へ

水曜日、小雨が降ったり止んだりのはっきりしない天気だが、江ノ島に行った。小雨の平日なのに、けっこう人が多い。中国語や広東語が飛び交うから、半分外国人のような感じだ。何人かのグループで動いているのですぐわかる。

江島神社の手前右側に杉山検校(けんぎょう)のお墓がある。杉山先生は江戸時代の針師で、針を刺すときにつかう管(くだ)を考案した人だ。この管のおかげで、ほとんど無痛で針が刺せるようになった。わたしは毎日その管を使って治療しているので、折があると杉山先生のお墓にお参りをしている。

昼少し前にお寿司を食べ、弁天橋を渡って江ノ電の江ノ島駅まで歩く。そこから鎌倉まで江ノ電に乗る。小雨が降っていても海の景色はいいものだ。途中、極楽寺か長谷で降りようとしたが、あじさい見物の人が多いので鎌倉まで行くことにした。紫陽花と江ノ電の撮影スポットとしてよくテレビに紹介されている御霊神社。その踏切付近はカメラマンがいっぱいだ。警備員も出ている。

P1160566_640x480
アガパンサス@大巧寺

鎌倉駅の周辺の商店街をぶらつく。あじさい見物の人や修学旅行生も混ざっているので、平日でもすごい人だ。混雑を避けて若宮大路沿いの大巧寺の花を楽しむ。

| コメント (7)

2017.06.27

ノウゼンカズラ

P1160462_640x467
凌霄花(ノウゼンカズラ)

凌霄花の
淡い
べにの色がいい
なにか
ホッとする

最近
アメリカノウゼンカズラも
よく見るが
こちらは赤が強い
性格も強そう

| コメント (2)

2017.06.26

ネムノキの花

P1160469_640x480

「ねむのき」と入力すると「合歓の木」と出る。夜になると葉が合わさるように閉じるから、眠るを連想させて「眠る木」と呼ばれ、それがネムノキになったらしい。合歓の字を当てたのはなぜだろう。合歓は「いっしょに喜ぶ」という意味にもとれる。

語源を調べると合歓には「男女がいっしょに寝ること」という意味があり、夫婦和合、家族円満の意味があるらしい。これも夜に葉っぱが合わさることから来ているようだ。

それから、ネムノキはなんとマメ科だそうだ。髪の毛のような花びらを見ると、とうていマメ科の植物とは思えない。頬紅を塗る細かい刷毛のようだ。

| コメント (4)

2017.06.25

泰山木の読み方

タイザンボクの花咲けば
夏がくるよ~

口ずさんでみるが
外は雨

タイザンボクと
覚えていたが
正式には
タイサンボクと
いうらしい

今日は
六月二十五日
旧暦の
五月一日で
夏の始まり

広辞苑にはタイサンボクで載っていた。泰山はタイザンなのに。

| コメント (4)

2017.06.23

思いのままに

左に巻きたければ
左に
右に巻きたければ
右に
ネジバナは思いのままに

| コメント (0)

2017.06.22

ネジバナは左巻き?

P10_640x480
ネジバナ、右巻きもあれば左巻きもある

ふと
気がつくと
芝の中
ネジバナが
咲いている

アサガオは
左へ左へ
巻いていくが
ネジバナは
気分しだい

| コメント (4)

2017.06.21

夏至なのに

夏至なのに
大荒れ
まるで台風襲来
おかげで
大地は潤う

扇風機を
掃除する
こどもの頃は
団扇しか
なかったな

| コメント (0)

2017.06.20

なにかおかしい

人口が減るのに
アパートや
マンションの
新築ラッシュ
なにかおかしい

| コメント (2)

2017.06.19

アナベル

P1020810_640x480

アナベルの
気品のある白
優しい白
主役になったり
脇役になったり

どうも
アナベルが
覚えられない
アベリアと
言ってしまう

| コメント (4)

2017.06.18

低気圧と病気

だるい
頭が重い
耳鳴りがする
低気圧が
やってくるぞ

天気痛
気象病
というのがある
体験者は
ごまんといる

| コメント (4)

2017.06.17

野暮は無し

P1020779_640x469

アジサイの花
あれは額だよ
なんて
野暮なこと
言わんといて

| コメント (2)

2017.06.16

田んぼに

P1160412_640x480

田んぼに
逆さマンションが
映ってる
こんな景色も
いつまで?

| コメント (6)

2017.06.15

足首のねんざ

足が背屈できなくなった、という男性がみえた。酔って変な姿勢で眠っていたら、朝、左の足首が動かせなくなり、しびれているという。検査をすると、なるほど左の足首がむくんでいるし、内出血のあともある。

これは捻挫の一種だろう。捻挫は関節が可動域以上に持っていかれたときに起こる。ふつうは一瞬であるが、長時間おなじ姿勢で一部分を圧迫しつづけても似たようなことが起こる。治療は、むくみをとり、血流をよくすることだ。

低周波をかけて筋肉を動かし、そのポンプ作用でうっ血をとる。うっ血部分のまわりにゴマ粒大のお灸をすえる。それからカウンターストレインを使う。関節にどのようにしてほしいか聞くのである。足首を背屈できないというのだから、底屈してやればいい。そうすると、むくみの部分をストレッチすることになる。

30分ぐらいすると、だいぶむくみが取れてきた。ベッドを降りて歩いてもらうと、しびれは消えたし、足に力が入るようになったという。最後に、骨盤の傾きを調整して終了。患者さんの笑顔がいい。

| コメント (2)

2017.06.14

願ほどき

いままで祀(まつ)ってきた神様をやめることにした。そういうのを何というのかは知らない。願ほどきとでもいうのだろうか。ただ神事なので、お世話になっている神道の先生に相談し、きちんと礼を尽くして終了することにした。お榊、お神酒、米塩、野菜、果物、それに鯛を供え、通常の感謝祭のようにして、その前で祝詞(のりと)を読み上げた。

感謝祭のときは、風がないときでもフーッと風が吹くことが多かったが、今日は静かだった。そして、祝詞を読みはじめると、急に日が差してきた。ああ、これで祝詞の意図は天に通じたなと感じた。手順に従って参加者が玉串を捧げ、式典を終了した。コップの水には水花(細かい泡)がたくさん出ていた。

その後、氏神様にお参りし、一連の事情を報告し、よろしく取り計らってくれるようお願いした。なにか心が軽くなった気がする。

神を
嫌う人がいる
神の名を借りて
戦争を始めた歴史が
あるから

神と呼ばなくていい
大いなる宇宙でも
愛でもいい
そのおかげで
人は生きている

| コメント (0)

2017.06.13

めぐみの雨

103

夜中に
かすかな
雨の音
もっと降れと
つぶやく

久しぶりの
雨に
草木や
野菜が
歓喜している

| コメント (0)

2017.06.12

草を引くと

草を引くと
かんたんに抜け
ほこりが立つ
梅雨入り
したんだよね

| コメント (2)

2017.06.11

五行歌は、

本気で              永田和美(なごみ)
吐(つ)いた嘘は   
きっと
どこかしら
透きとおっている

この歌は、『五行歌』誌6月号の表紙に載った歌だ。いい歌だと思う。一般に、嘘は悪いものと思われている。子どもの頃から、嘘はだめ、正直がいい、と教えられてきた。しかし嘘にも、その場しのぎの言い訳もあれば、オレオレ詐欺のような悪意に満ちたものもある。相手を傷つけないように思いやってつく嘘もある。政治家がみえみえの嘘をついている場面など見苦しい。

ところが状況によっては、本気で嘘をつかなければならない場合が人生に一度や二度はある。そんな嘘は相手を思いやっているぶん、透き通っているというのだ。永田さんの歌は口語で短く書いてあり、余韻も残る。短歌や俳句では生まれない表現だろう。

五行歌は
俳句や短歌ほど
普及しない
どうしてだろう
自由すぎるのか

傘の中は          リプル:しんゆり歌会、題詠「傘」
二人だけの
世界
梅雨の
プレゼント

| コメント (6)

2017.06.10

人生の三冠王

きのうの「あさイチ」のゲストは80才になった加山雄三さん。インタビューの一語一語がうなづける内容だった。作詞作曲をし、歌手、俳優だけでなく、絵を描き、料理をし、船を設計し、船に乗り、最近の若い人がやるゲームにものめり込む。こんなに多才の人がいるのだろうかと驚く。若いときは禅宗の坊さんになろうと思ったこともあるそうだ。どん底から這い上がった話もすごい。

どうしてそんなにいろんなことができるのですか、と聞かれ、人生の三冠王をめざしているのだという。人生の三冠王というのは、ユニーの名誉会長だった西川氏の言葉で、

関心をもつこと
感動すること
感謝すること

この三つの「かん」をまとめたものだという。それを実践している多才な加山雄三さんが言うと、実に説得力がある。

詩人のまどみちおさんが、「人生は疑問符(?)と感嘆符(!)です」と言っていたのを思い出す。疑問符は「なんだろう、なぜだろう」と関心をもつことに通じ、感嘆符は「そうだったのか、すごいな」と感動することに通じる。それに感謝すること。わたしはどれも中途半端かもしれない。

| コメント (2)

2017.06.09

夏日

陽射しがつよい
さっそく
超ミニや
ホットパンツが
行く

| コメント (2)

2017.06.08

菖蒲満開

P1160388_640x480

傘が手離せません
という予報を
裏切るように
午後は夏日
日傘のことだったのか

| コメント (2)

2017.06.07

しんゆり五行歌会(6月)

すぐやらないと          浅井
すぐ忘れる
すぐ書かないと
すぐ忘れる
ずーっと後で思い出す

折鶴の               高岡
「折り」は祈りに似ている
人は
何を祈りながら
折り鶴を折るのだろう

少しくらい             宣義
まちがえても
死ぬ訳じゃ無し
そう気持ち切り替えて
舞台に上がる

走れない              有水
ヒールを履いて
外出する
春風や電車にも
無視されて

孫が言う              佳子
「ばあば
おばあちゃんなのに
げんきだね」
喜んでいいのか?

水を張った             京子
田んぼで
遊ぶカルガモを見て
なぜか
ホッとする

雨上がりの朝           リプル
コジュケイが鳴く
チョットコーイ
チョットコーイ
今、行くよ!

| コメント (2)

2017.06.06

『五行歌』6月号投稿歌

桜吹雪の
目つぶしを
食らいながら
川辺を
突き進む

ピンクの
花びらのあとは
芯が落ちて
ひととき
赤い海となる

もとは
他人だった夫婦
そう思うと
申し訳なく思うことも
少なくない

古傷が疼いて
無理がきかない
なんでも
中庸を行けと
いうことか

お榊一対
中国産一五〇円
日本産三〇○円
妙な時代に
なりました

LGBT
本人たちにとっては
深刻な問題
神様は
妙なことをなさる

| コメント (4)

2017.06.05

これなに?

P1160371_640x480

枇杷でもない
梅でもない
モモでもない
房になる
これは何?

多摩川で
見つけた
木の実
それは
胡桃(くるみ)

| コメント (2)

2017.06.04

けさは寒かった

六月四日
けさは
寒かった
チョコレートが
硬かった

| コメント (0)

2017.06.03

小田急

P1040343_640x481

各駅停車から
ロマンスカーまで
分きざみに
走らせる小田急
地味にすごい

| コメント (0)

2017.06.02

あじさい

P1160344_640x502

満開も
いいけれど
咲き始めも
夢があって
いい

| コメント (0)

2017.06.01

菖蒲と紫陽花

P1160334_640x480

P1160337_640x480

6月3日から、小田原城の紫陽花祭りが開かれるということだ。ライトアップの準備などもしていたから、そうなると人出も多くなることだろう。

咲き始めの
あじさいが
幼子のように
ほんのりと
青をのせる

| コメント (2)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »