« マロニエの花 | トップページ | ガビチョウ »

2017.05.12

五右衛門風呂

底板を
そうっと
踏み込んで
五右衛門風呂に
しゃがみこむ


« マロニエの花 | トップページ | ガビチョウ »

コメント

子供の頃、薪で沸かす五右衛門風呂でした。

下水板を沈めるのに、バランスをとるのが難しかった記憶が・・・。

投稿: 魚衆 | 2017.05.12 17:06

実家も子供の頃は五右衛門風呂でした
風呂に井戸水を汲んで入れるのは4歳上の兄と私の仕事でした。
私は台にのって手押しポンプの取ってにぶら下がりながら汲みバケツにたまった水を桶まで運ぶのが兄の仕事でした
何時の頃かは忘れましたが 水道がひかれ お役御免になりました !(^^)! ホッ

投稿: エリザベス | 2017.05.12 22:14

五右衛門風呂、懐かしいです。
1番に入った人が、底板を沈めてました。
湯加減を見なくっちゃいけないし、たいがい暑すぎて水を回し鉄にあたらないように入ってました。
あのお風呂・・・温まりましたねぇ~

投稿: まこ | 2017.05.12 22:26

★魚衆さん、
底板を沈めるのに失敗して股間を打ったり、
底の熱さにあわてて飛び出したり、裸で
追い焚きに行ったり、大変でしたね。

投稿: リプル | 2017.05.14 08:43

★エリザベスさん、
そう、わたしも井戸汲みをやりました。
200回汲むと風呂の水がほどよくなった
ことを覚えています。子供にはきつかった。
風呂もかまども薪を燃しましたね。
みんなよく協力していました。

投稿: リプル | 2017.05.14 08:47

★まこさん、
まこさんも五右衛門風呂を体験しているのですね。
薪でわかした風呂はよく温まった感じがします。
ガスでわかした風呂はなんか突き刺さるような感じ
がしました。
 冬で湯がさめて、裸でワラを燃やしにいった
記憶があります。よく動いた時代でした。(^-^)

投稿: リプル | 2017.05.14 08:50

五右衛門風呂、懐かしい思い出の一つです。
家(うち)も、私が小学低学年の頃は五右衛門風呂でした。底板は、魚衆さんと同様「下水板(げすいた)」と言っていました。熱い湯に浸かって、しゃがんで湯水の熱さが身体に馴染んでくるのをじっと待つ。あの身体に馴染んでくる感触がなんともいえず懐かしいです。
家にも井戸がありましたが、風呂の水には水道水を使用していましたので、井戸水汲みはいたしませんでした。が、薪割りはいたしました。もちろん子供用の斧などはありませんから、大人が使う斧を使っていました。湯がさめてくると、風呂の中から「追い炊きして~」と声をあげれば、家族の誰かが薪を足してくれたり…。おもえば、昭和の中頃まではあったとおぼしき家族の形まで思い出されてきて、懐かしいです。

投稿: 一歳 | 2017.05.21 12:51

すみません、先のコメント中に誤変換がありました。
「追い炊き」→「追い焚き」に訂正。

投稿: 一歳 | 2017.05.21 12:55

★一歳さん、
コメントありがとうございます。
本誌でお名前は拝見しておりますし、一歳さんの
歌がいいと、三好叙子さんにお聞きしてから注意
して読むようにしています。

五右衛門風呂は、うちでは昭和32年ぐらいまで
あったように思います。流しの井戸の首をまわし、
風呂向けの樋に入れ、井戸を汲みました。小一、
小二ぐらいだったので、ぶらさがって汲みました。

風呂がぬるくなると、裸でワラを燃しに行った
こともあります。風呂の底は熱く、やけどしそう
になったこともありました。(^-^)

投稿: リプル | 2017.05.22 13:51

これまでも「野川の四季」も「きょうの発見」もちょくちょく訪問させていただいていましたが、コメントは苦手なので…。
今回は、リプルさんの五右衛門風呂の作品にひかれて、懐かしさに思わずコメントしてしまいました。
熱い風呂釜に触れてやけどしないように、できるだけ風呂の真ん中にしゃがんだものです。ふふっ(*^-^)

投稿: 一歳 | 2017.05.22 22:57

★一歳さん、
そうでしたか、ありがとうございます。
昔の暮らしに戻るのはちとしんどいですが、
貧しいなかに豊かさがあったように思います。
昔の人が、食べ過ぎと運動不足の現代人を
見たら、どう思うでしょうね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: リプル | 2017.05.23 14:16

こんにちは、体調を崩してすっかりご無沙汰しておりました。もう大丈夫です。

歌を読むだけで五右衛門風呂の懐かしさが込み上げてきます。
子供心に先に入ると、底板をはめるのに難儀したことが思い出されます。
釜戸には何時も残り火があり良く体が温まったことをよく覚えています。
水汲みも大変でしたが、湯につかるとそれを忘れさせてくれる温もりがありました。

投稿: tama | 2017.06.03 16:50

★tamaさん、
コメントありがとうございます。
春は陽気が不順で風邪をひいたり、お腹をこわしたり、
体調をくずしがちですね。木の芽時は要注意。

五右衛門風呂にはいろんな思い出がありますね。
一度、石鹸を落とし、五右衛門風呂が真っ白になって
えらく叱られたことがあります。(^-^)

投稿: リプル | 2017.06.04 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マロニエの花 | トップページ | ガビチョウ »