« 冬の多摩川 | トップページ | エスカレータは二列で »

2017.02.01

しんゆり五行歌会(2月)

欲深な私が            京子(一席)
まいた
小松菜
お雑煮の上で
笑ってる

冬の早朝の            冨樫(二席)
沁み入るような香りは
学校へ向かう香り
会社へ向かう香り
新しい一日が動き出す香り

裸にされる木々          有水(三席)
雨風もないのに
「もういいよ」と
落ちていく様
人の命と同じに感じる

病は医者が            茗水
気は自分が担当
すべて
プラス志向で
自分を助ける

雪が降る・・・            高木
あなたは来た
小犬をつれて・・・
シャンソンのつもりが
ワルツになった

福は内!              リプル
福は内!
福は内!
鬼のいない
豆まき?


« 冬の多摩川 | トップページ | エスカレータは二列で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の多摩川 | トップページ | エスカレータは二列で »