« 多摩川暮色 | トップページ | 五行歌秀歌集3 »

2017.01.13

うらがえし

鍼灸治療のときは肌着になってもらう。タオルを掛けて、必要なところだけタオルを開いて針を打つ、あるいは灸をする。ところが、腰痛で通っている一人の女性が、下着をぜんぶ裏返しにつけている。ズボン下やインナーが裏返しなので縫い目があらわになり、はじめはびっくりした。

だが、ちゃんと理由があった。接触性アレルギーがあり、縫い目が当たると皮膚がかせて、荒れてしまうというのだ。たとえ綿の下着でも、化繊の糸で縫ってあるものが多いのでが、あぶない。だから意識して下着を裏返しに着ているのだそうだ。考えてみれば、そのほうが合理的かもしれない。下着は外から見えるものではないし、裏返しにすれば肌に優しい。それれでもおかしくないのだ。

下着をぜんぶ
裏返しに着る女性
縫い目で
肌が荒れるとか
な~るほど


« 多摩川暮色 | トップページ | 五行歌秀歌集3 »

コメント

年末に帰省したアトピーの次男が同じことをしていました!裏返しじゃん!と注意してしまいました。

投稿: エノコロ | 2017.01.19 16:01

★エノコロさん、
くだんの女性も温泉などで注意されるそうです。
説明するのも面倒だから「わざとやっているのです」
とだけ返すそうです。最初は驚きますよね!

投稿: リプル | 2017.01.19 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩川暮色 | トップページ | 五行歌秀歌集3 »