« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017.01.31

冬の多摩川

P1140833_640x480
宿河原堰

潜るものあり
憩うものあり
冬の多摩川は
鴨たちの
あそび場所

| コメント (2)

2017.01.30

中野島神社の豆まき

P1140724_640x431

29日、日曜日午後3時から中野島神社で豆まきが行われるというので行ってきた。町会長と国会議員が簡単な挨拶を行い、神主のお祓いがあった。「祓い給え、清め給え、さきわい給え」と、ていねいに清める。その後、赤い裃をつけた年男、年女が紹介され、豆まきがはじまった。

P1140739_640x480

掛け声は、鬼はいないからということで、「福は内、福は内」と唱えるだけ。災害や病気も邪気だろうが、とにかく鬼はいないということだ。運動会の駆けっこで順位をつけないのに似ている。優しい時代だが、なんとなくしっくりこない。

暦では2月3日が節分だが、人が参加しやすいように日曜日に豆まきをやるようになった。これも優しさの現れだろう。人が集まらないと、行事が盛り上がらないということもある。人間の都合である。しかも、その日曜日の起源は聖書だ。

私は遠くにいたが、たまたま飛んできた豆の袋を拾った。もう一袋拾ったが、それはそばにいた人にあげた。蒔き手が何度も入れ替わるところもあるが、中野島神社の豆まきは、この一回きり。こういうのもあっさりしていていい。

福は内!
福は内!
優しい時代の
豆まきに
鬼はいない

| コメント (0)

2017.01.28

河津桜咲き始める

Kawa
http://blog.goo.ne.jp/1945koro

もう
河津桜
この暖かさで
一気に
開きそう


| コメント (2)

2017.01.27

中学生の餃子作り

Shoku
中学生の職業体験

中野島郵便局前の中華料理店「香華飯店」では、毎年、市内数校の中学生を受け入れて、職業体験に協力している。ラーメンをつくったり、餃子を握ったり、中学生も真剣だ。生徒はレポートを書くらしい。今回は生徒がつくった餃子を、あとから先生が食べにくると言っていた。どうなったやら。

スーパーや量販店ばかり増え、個人のお店がどんどん減っていくので職業体験を受け入れる店が少なくなっているそうだ。香華飯店では、年に2校も3校も受け入れている。いいことをしているなと思う。その中学生が大人になって、家族連れで店に来てくれることもあるそうだ。

自分で握って
自分で焼いて
食べる餃子は
そりゃあ
格別だろう

http://kouka.boy.jp/

http://blog.goo.ne.jp/minmin0326

| コメント (4)

2017.01.26

寒中に咲く

寒中に咲く
和水仙
寒紅梅
自然界の
粋なはからい

たいしたこと
してないのに
時間だけが
おかまいなしに
過ぎていく

| コメント (0)

2017.01.25

草取り

定休日。落ち葉の片づけ、草取りをする。落ち葉をとりのぞくと、けっこう草が生えている。冬の草は、びっしり根を張っている。だから、がっちり土を掴んでいる。ビニール袋を敷いて、その上にとった草をならべておく。乾けば土が落としやすくなるし、軽くなるからだ。

タマネギの根元に鶏糞を置いた。強い風がマルチをあおり、抜けたり枯れたりしたタマネギもある。土がだいぶ乾いている。一雨ほしいところだ。ま、雪国のことを考えたらぜいたくな話だ。

冬の草は
大地を
鷲づかみ
根性が
半端でない

| コメント (2)

2017.01.24

金柑とインフルエンザ

P1140436_640x480
金柑(キンカン)

金柑の実を食べに、ヒヨドリがよく来る。熟れたものはスズメやメジロも食べる。最近はオナガも来る。オナガはけっこう大きいから、ヒヨドリも退散せざるをえない。黒いベレー帽に水色のコートを着て、おしゃれな鳥だが、オナガの鳴き声はいただけない。ギャーギャーと耳障りだ。

ところで、この金柑がインフルエンザの予防に効くと、きのうの「主治医が見つかる診療所」でやっていた。金柑に含まれるβクリプトキサンチンの働きでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化されるそうだ。なんとなく効きそうではないか。

朝起きたらすぐ歯を磨くことも、インフルエンザの予防になるという。寝ている間は唾液の分泌が少ないから、口の中では細菌が繁殖している。起きたらまず歯を磨き、口をすすぐといい。ティッシュなどで歯ブラシの水気をとって、乾かしておくとのも大切らしい。

| コメント (4)

2017.01.23

アオジ

Dsc_4175_640x439
アオジ♂

Dsc_4182_640x464
アオジ♀

先日、野川で撮った写真。青というより黄色っぽく見えるけど、名前はアオジ。植え込みの中に隠れていることが多い。チッチッと声で鳴く。オスのほうが目のまわりが黒っぽい。スズメぐらいの大きさで、日陰にいることが多い。鳴き声をするほうを捜すと、あんがい簡単に見つかる。

もう少し大きな声でジッジッと鳴くのはたいがいウグイス。地鳴き、笹鳴きというやつだ。ウグイスは用心深く、すばしっこいので簡単には見つからない。笹が動くので、居場所が分かる程度だ。

余談だが、英語でanimal kingdomということばがある。これはそのまま「動物王国」と訳したくなるが、「動物界」が正解。「植物界」はvegetable kingdom。これを「野菜王国」と訳してはいけない。

| コメント (0)

2017.01.22

夜間頻尿に「ごろ寝足上げ」

年をとるとトイレが近くなる。年をとらないと分からない話だ。先日、テレビで夜間頻尿についての番組があった。それによると、冬は鍋やうどんなど温かいものを食べる機会が多くなり、それが塩分のとりすぎにつながる。すると塩分を排泄するために尿が近くなるという。冬は汗をかかないから、よけい尿で塩分を出そうとするというのだ。

夜トイレに起きる回数を減らすには、寝る4時間前ぐらいに「ごろ寝・足上げ」を20分ぐらいやるといいらしい。昼間、起きているときは塩分が足に溜まっており、夜になるとそれが全身にめぐるから、脳が塩分を排泄せよという命令を下す。それでトイレに行きたくなる。食べた物が尿になるのには4時間ぐらいかかるから、寝る4時間ぐらい前に、足を高くして横になれば寝る前に排尿がすみ、夜中に起きなくなるという。

これを二日ほどやってみたが、寝る前の尿が増え、夜中に起きる回数がたしかに減ってきた。すこし続けてみようと思う。

| コメント (4)

2017.01.21

まちなか遊縁地

昨日ほどの寒さではないが、風がつよい。すきま風が唸る。ときどき突風が吹く。でも晴れたので「まちなか遊縁地」に行ってみた。テントが飛ばされないようにブロックなどで重しをしているが、それでも足らず、人がぶら下がるようにして押さえていた。カレー、トマト煮、お汁粉を食べた。トマト煮はうまかった。うちのビルの2階の「エイプリルフール」さんの作品だ。

P1140645_640x470_2

イベントを盛り上げる踊り子さんたちは、街をねり歩いたり、子供たちといろんなゲームをしたりしていた。ストリート・ミュージシャンの演奏もあった。原っぱでは子どもが竹細工で遊んだり、羽子板に絵を描いていた。何人か知っている人と話をした。岩田電気さんは、手回し蓄音機で「湯の街エレジー」なんかを聴かせてくれた。蓄音機は英国製で針は一回ごとに使い捨てている。

P1140706_640x480

| コメント (2)

2017.01.20

大寒

今日は大寒
最高気温4度
日も出ず
暦通り
底冷えがする

寒い中
やってくる患者さんに
できるだけ
いい治療をと
心がける

針灸は
痛みによく効く
カウンターストレインは
骨盤や関節の
矯正につよい

→カウンターストレイン

| コメント (0)

2017.01.19

カワセミ

Dsc_4112_640x452

水面を 
矢のように
走る
カワセミ
飛ぶ宝石

| コメント (6)

2017.01.18

クイナ(水鶏)

一年ぶりぐらいになるだろうか、野川に行った。小田急線・喜多見の駅から成城学園方面に向かうと5分ほどで野川に着く。ただ、小田急線の高架下いま河川改修工事が行われていて野鳥はいない。大雨に強い河川にする工事をしている、と書いてあった。

土手を歩いていると、ツグミ、コサギ、アオジ、シメ、カワラヒワ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ムクドリ、コガモなどが観察できた。平日なので人が少なく、いろんな野鳥が顔を出してくれる。何度かカワセミの飛翔を見ることができた。文字通り、飛ぶ宝石である。カルガモがのんびり泳ぎ、カイツブリがあそぶ。

Dsc_3864_640x439
クイナ(水鶏)

Dsc_3922_640x447
じっとしていることが多いが

Dsc_3943_640x438
動くと速い

過去にクイナを見つけたあたりに行き、ひょっとするとまたクイナに会えるかもしれないと、双眼鏡で観察を始めた。そうしたら数分後、それらしきものが見えるではないか。たしかにクイナである。非常に用心深い鳥なので、なかなか姿を現さないが、今日はたまたま出て来てくれた。超ラッキー!

上流にも別のクイナが一羽いて、右岸から左岸へ飛翔するのを見た。ツグミでも飛んだのかと思ったが、対岸を見ると、クイナが葉陰に姿を隠している。沖縄のヤンバルクイナは飛べない鳥になってしまったが、こちらはよく飛ぶ。しかし警戒心が強く、すぐ高い所に這い上がるようにして姿を消してしまった。以後は、いくら双眼鏡で覗いても見つからなかった。

→クイナの毛づくろいと鳴き声

| コメント (0)

2017.01.17

登戸まちなか遊縁地

Machi

来たる1月21日(土)、11:00から、多摩区役所のそばの広場で「のぼりと・まちなか遊縁地」という催し物が開かれる。従来やっていた東通り商店街の「ないとばざーる」の延長のようなものらしいが、登戸や向ヶ丘遊園は区画整理事業がすすみ、広場がなくなった。そこで、こういうイベントを設けるらしい。飲食のテントや、バンド演奏、各種のゲームなどがあり、楽しい時間を過ごせる。

前回、私はここで体力測定を受け、からだの老化を実感し、4Dストレッチを始めるようになった。

→のぼりと・まちなか遊縁地

→4Dストレッチ

| コメント (0)

阪神大震災22年

観光バスの中で
ニュースを見る
阪神方面の大地震
死者の数が増える、
増える、また増える

| コメント (2)

2017.01.16

氷点下4℃

窓が開かない
なんと
凍りついている
今朝は
氷点下4度!

| コメント (4)

2017.01.15

全国的に大雪

全国的に
大雪らしい
うちのほうは
晴れ
申し訳ないよう

| コメント (0)

2017.01.14

五行歌秀歌集3

5gyohka3注文した「五行歌秀歌集3」が送られて来た。586頁の分厚い歌集だ。草壁主宰の序文によると、昔にくらべると恋の歌が少なくなったという。インターネットであけすけな映像が流されるようになり、性へのロマンがなくなったためだろう。秋が短くなり、秋の歌が減ったこと、災害や介護の歌が増えたことなどにも触れている。主宰の歌を一首紹介しておこう。

梅は        草壁焔太(主宰)
木のどこにも
咲いてくる
丸く
目を見はるように

| コメント (0)

2017.01.13

うらがえし

鍼灸治療のときは肌着になってもらう。タオルを掛けて、必要なところだけタオルを開いて針を打つ、あるいは灸をする。ところが、腰痛で通っている一人の女性が、下着をぜんぶ裏返しにつけている。ズボン下やインナーが裏返しなので縫い目があらわになり、はじめはびっくりした。

だが、ちゃんと理由があった。接触性アレルギーがあり、縫い目が当たると皮膚がかせて、荒れてしまうというのだ。たとえ綿の下着でも、化繊の糸で縫ってあるものが多いのでが、あぶない。だから意識して下着を裏返しに着ているのだそうだ。考えてみれば、そのほうが合理的かもしれない。下着は外から見えるものではないし、裏返しにすれば肌に優しい。それれでもおかしくないのだ。

下着をぜんぶ
裏返しに着る女性
縫い目で
肌が荒れるとか
な~るほど

| コメント (2)

2017.01.12

多摩川暮色

P1140472_640x480
布田の堰

P1140493_640x452
カワウの着水

P1140485_640x446
オオバンのペア

P1140527_640x451
満月のお出まし(中央に白く見える)

カワウが
羽を広げていたが
まもなく閉じた
日も傾いて
寒い

| コメント (2)

2017.01.11

かざぐるまの家

P1140468_640x480

風邪ぎみだったので、午前中はゆっくり休んだ。午後、多摩川まで散歩にでかけた。途中、手作りの風車や花を飾った家の前を通った。色とりどりのプラスチックを使った風車や花が並んでいる。風が吹いたらさぞ賑やかになることだろう。

ただ、その数が半端ではない。家の中からはみ出して、数十メートルも伸びている。よく自転車の前後に風車をつけて通る老人を見かけるが、たぶんその人の家だと思う。人生、なんでも熱中できるものを持つということはわるくない。

色とりどりの
かざぐるまや
花を作り
街を飾る
熱中老人

| コメント (6)

2017.01.10

夢見る乙女

昨日の関東合同新年五行歌会では、私が代表をしている「しんゆり五行歌会」の高岡さんが十席に入った。いい歌なので紹介しておきたい。

「四十にして惑わず」は昔     高岡蘭(十席)
今は
「八十にして尚惑う」
そして
夢見る乙女である

| コメント (4)

2017.01.09

新年五行歌会

P1140445_640x437

9日は「成人の日」で、振袖姿が目についた。午前中は小雨がぱらついたが、大したことはなくてよかった。私は四谷の主婦会館で開かれた「関東合同新年五行歌会」に参加した。こちらは平均年齢が高いが、10代、20代の人も混ざっている。総勢126名だから、大きな歌会である。

はじめに主宰の挨拶があり、それから全員の自己紹介、小歌会、表彰式、講評とすすんだ。10人ずつのテーブルには、酉年にちなんで鳥の名前がつけられていた。私のテーブルはメジロで、初めて同席する人ばかりだった。この小歌会では、運よく私の歌が一席になった。妻には許可をとって出した歌である。

 妻の寝顔と
 にらめっこ
 何度やっても
 わたしの
 負け

全体で一席を受賞したのは渡辺一三夫さんの作品で、胸を打つ。しかし、私の中の一席は山野さくらさんの作品だろう。

 無駄使いなんかして      渡辺一三夫(一席)
 と 妻は俯く
 老いた掌の上で
 そっと光る指輪
 無駄なもんか退院祝いだ

 世界一の幸せは        山のさくら(四席)
 何気ない日常に
 隠れている
 見つかりたくて
 こっちを見てる

| コメント (2)

2017.01.08

尿酸値は牛乳で下がる

先日の「ガッテン」は、尿酸値を下げる秘策という話だった。私の尿酸値は基準値ギリギリだったり、少しオーバーしたりするので関心がある。尿酸値が高いと痛風になることがあるし、腎臓の機能の低下が疑われる。腎臓はいったん機能が落ちると回復しないので重要である。

一般に、尿酸値を下げるにはプリン体を含む食べ物を避けることだといわれる。レバーや干物類、干しシイタケなどだ。もちろん、ビールなどアルコールもよくない。しかし、番組では食べ物からからだに入るプリン体は2割程度で、残りの8割は体内でつくられると言っていた。それがうまく排出されないと高尿酸血症になる。その原因は「肥満」と「体質」らしい。

ところが、一日コップ1杯の牛乳をのむだけで、尿酸の排出が促されるという。できれば低脂肪の牛乳がよく、ヨーグルトなどの乳製品でも効果があるそうだ。残念ながら、豆乳ではこの効果が期待できない。まとめると、尿酸値を下げるには、

1.一日コップ1杯の牛乳を飲む

2.ビールにかぎらず、アルコールを控える

3.甘いものも尿酸をつくるので、たべすぎない

4.野菜の多くは尿酸を排出しやすくするので積極的にとる

5.水を多めにのむ

牛乳を
飲め
飲むな

適当に

| コメント (2)

2017.01.07

七草

Nana

ひつまぶしと
海鮮丼を注文したら
サービスですと
七草粥が出てきた
二人はにっこり

| コメント (4)

2017.01.06

五行歌誌、1月号投稿歌

自分の話は
既知のことが多く
ひとの話は
未知のことが多い
聴くにかぎる

新聞屋さん
牛乳屋さん
郵便屋さん
それぞれの音
それぞれの時

電車に乗ると
み~んな
スマホ
そんなに
面白いの?

さっそうと
私を追い越してゆく
女性
電動アシストなら
諦めもつくが

抽斗の中に          ひきだし   
爪の切りカスがいっぱい
収納タイプから
こぼれたらしい
今日の発見

小泉元首相みたいな
白髪の男性を見た      はくはつ
なかなかカッコイイ
私も
白髪ぼかしをやめよう    しらが

| コメント (2)

2017.01.05

メジロ・エナガ・コゲラ

民家園に行ったとき、野鳥をたくさん見た。明るければコンパクトカメラでも撮れる。少なくとも肉眼以上にとらえることができる。スポーツモードにするといい。それに連写機能を使えば、いくつかは見られる写真になる。

P1140318_640x453
メジロ

P1140383_640x486
エナガ

P1140309_640x469
コゲラ(ちいさなキツツキ)

| コメント (2)

2017.01.04

あやとり

P1140264_640x480

4日は暖かく、日本民家園に行った。ここでは、あやとりを覚えた。熊手などはすぐ思い出したが、四段ばしごはなかなか難しかった。ベテランの親子に何度も教わって覚えた。毛糸一本あれば一日中たのしめる。

P1140278_640x480
こちらは福笑い

P1140249_640x480
耐震工事のため持ち上げられた古民家

P1140289_640x480
竹の床に筵(ムシロ)を敷いた部屋

あやとりは
たのしいが
すぐ
頭の糸が
こんがらかる

| コメント (2)

2017.01.03

1月3日

Ekiden
箱根駅伝復路、川崎付近の応援団

P1140220_640x431
べた凪の東京湾(アクアライン)

| コメント (0)

2017.01.02

初参りなど

P1130955_640x474
中野島神社

お正月は
笑顔で
ひとつひとつの
行事を
こなしてゆく

氏神様への初詣
菩提寺への墓参
身内の新年会
箱根駅伝
そして木更津行

| コメント (0)

2017.01.01

おめでとうございます

P1130946_396x640_2あけましておめでとうございます

おだやかな
元旦が
なにより嬉しい
ずっと
続いてほしいな

ふつうは
本当は
ふつうでない
それは
奇跡なのだ

| コメント (3)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »