« 酔芙蓉(すいふよう) | トップページ | 秋雨前線 »

2016.10.08

がまずみ

P1120235_640x480
ガマズミの花と実

数日前、緑化センターでガマズミの花と実を見た。この赤い実は、子どもの頃よく食べたものにちがいない。当時、ガマズミという名前は知らなかったが、甘酸っぱいので平気で頬張った。11月に入って霜が降りると、とくにおいしくなる。中学校は山道を通ったので、毎日のように食べた。思い出すと、いまでも唾液が出る。


« 酔芙蓉(すいふよう) | トップページ | 秋雨前線 »

コメント

へえガマズミですか。
見たことはあるような気がします。

見つけたら、実を食べてみたいです。
数年前にヤマボウシの実を食べましたが
甘かったですよ。
自然の素朴な味っていいですよね♪

投稿: うきふね | 2016.10.09 16:19

真っ白なお花に
なんでこんな真っ赤な実がなるのでしょう~
不思議ですね。

投稿: namiko | 2016.10.10 15:51

★うきふねさん、
霜が降りると、木の実は甘くなります。
ほうれん草なんかも、凍らないように
糖分を高めるとか。中には毒のものも
あるかもしれませんが、そういうのは
苦いから分かるでしょう。

★namikoさん、
木の花は地味ですが、実は真っ赤が多い
ようですね。鳥に食べてもらって種を
運んでもらうためでしょうか。
カラスウリも見かけるようになりましたね。

投稿: リプル | 2016.10.11 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔芙蓉(すいふよう) | トップページ | 秋雨前線 »