« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.31

ハロウイン

Hl

仮装した
自分の
なか
なにかが
うごめく

ネットで
わっと広がる
イベント
ヒットラーが
とび出すかも


| コメント (0)

2016.10.30

ビストロ・ドゥース

P1120962_640x480

柿の実があかるんで、ムクドリやヒヨドリが突っつきに来る。うちの柿は去年たくさんなったので今年はいまいち。またイラガの処理を怠った木は、早くに葉が落ち、ほとんど採れない。そのぶん、スダチ、ユズ、キンカン、ヒュウガナツなど柑橘類はたくさん実が付いている。

カーポートの上でガサガサ音がするので見てみると、篠竹がお辞儀して風が吹くたび屋根をこすっている。ヤブカラシや蔓物が竹に巻き付いて、その重みで頭を垂れているのだ。きのう、それを高枝切り鋏などで切り落とし、きょうはその枝の処理をした。竹の枝部分を手で引っ張って外し、それを40㎝ぐらいの長さにそろえてヒモで巻きゴミに出す。半端な枝は刈り込みハサミで細かくしてビニール袋に入れる。寒いくらいなので蚊も出ず、汗もかかない。

夕食は、久しぶりに生田の「ビストロ・ドゥース」に行ってコース料理を食べた。10月14日が結婚記念日だったが、なにもしていなかったので、たまにはいいだろうということで。ここのシェフの腕はそうとうなものだと思う。

http://r.gnavi.co.jp/aymgfezc0000/

| コメント (0)

2016.10.29

きらきら

けさの読売新聞神奈川版の五行歌欄の特選歌を紹介しよう。志村さんは入選の常連だが、やはり簡潔でいい。「きらきらさせる」が、うまいと思う。

たった
ひとことの
ほめ言葉が
私の一日を
きらきらさせる

 小田原 志村礼子

| コメント (0)

秋刀魚は

秋刀魚は
塩焼きがうまい
スダチを絞って
わたまで食らう
南無阿弥陀仏!

| コメント (0)

2016.10.28

爪切り

引き出しを整理していると、あちこちに爪の切りカスが散らばっている。細い三日月型の爪である。どうやら、爪の切りカスを収納するタイプの爪切りのせいらしい。爪を切ったあと、毎回、刃先の方をゴミ箱の縁などに数回たたいて、切りカスをゴミ箱に捨ててきた。それが不十分だったのだ。ゆっくり収納ケースをスライドさせて外し、切りカスがきれいになくなったか確認すべきだったのだ。

P1120954

爪は10日で1㎜伸びるというから、商売柄けっこうまめに爪を切る。それで引き出しの中に散らばってしまったのだ。爪の切りカスはあんまりいいものではない。いくら美人の爪でも、その切りカスが料理に混ざっていたりしたら不快である。これからは爪を切ったあと、爪切りをきれいに掃除しておこう。

夜に爪を切ると親の死に目に会えない、なんていう言葉がある。迷信に決まっているが、妻はそんなとき「ウシの爪、ウシの爪」なんて言いながら切っている。

| コメント (2)

2016.10.27

ばら苑

P1120621_640x480

花の種類は
変わらないのに
行くたびに
感動がある
緑地「ばら苑」

 11月6日まで

| コメント (0)

2016.10.26

風邪か花粉症か

2、3日前から、熱っぽく、鼻がつまる。かぜの症状でもあるし、花粉症の症状にも似ている。秋もいろんな花粉が飛んでいるし、朝晩の温度差が大きいので風邪を引きやすい。鼻うがいをやるとしばらく調子がいい。

今日は、妻がJAのリクレーションとかで等々力アリーナに行った。私はニガウリやインゲンの支柱を外したり、草取りをしたりして過ごした。25℃を越える夏日だそうで、汗だくになる。あんがいこれで風邪が治るかもしれない。

ヒッヒッとジョウビタキの声が聞こえた。妻は1週間前ぐらいから聞いているというが、私はことし初めてだ。となりのアンテナに止まり、尻尾を動かしながら愛嬌を振りまいている。よく来た、よく来た、と声をかけると、喜んでいる。かわいい奴だ。

広島カープに二連敗した日本ハムは、札幌ドームにきて二連勝した。広島球場は雨で大谷が打たれたが、札幌は地元だから選手もやりやすいのだろう。それにしても、投手戦で見ごたえのある試合が続く。ふだんプロ野球を見ないので、日本シリーズを見て、いろんな選手の名前を覚えた。せってせって、広島の優勝なんていうのがいいかな。

| コメント (0)

2016.10.25

ブログ記事をFaceBookに載せる

P1120574_640x491

このブログの記事をフェイスブック載せようとしたが、うまくいかない。フェイスブックの検索欄に my blog posts と入れると、ドロップダウンにそのアプリが出てくるから「アプリへ移動」をクリックし・・・と書いてあるが、そのアプリが出てこないのである。他にも方法があるがむずかしそうなのでやめた。

ココログのページの相談欄を見ると、dlvr.it というフリーソフトがあるらしい。dlvr.it は「転送します」という意味だ。英語のソフトなので分かりにくいが、適当にクリックしていくと完了した。さきほど、「若い人の親指」という記事が転送されていた。ただ、写真の載るところにココログのマークが入ってしまった。もう一度、ヘルプを見て修正しなければいけない。相変わらず、パソコンはややこしいことが多い。

| コメント (4)

2016.10.24

若い人の親指

パソコンはまあまあだが
ケータイの入力は
てんで駄目
若い人の親指が
別の生き物にみえる

電車に乗ると
み~んな
スマホ、
目を悪くするよと
おじさんは心配

| コメント (0)

2016.10.23

結婚式@みなとみらい

P1120697_800x600
ケーキカット、新郎の次は前日が誕生日だったお父さんに「アーン」

姪の結婚式があり、横浜に行った。教会での式のあとは披露宴。参加者90人というから、けっこう大きい。しかし今は媒酌人を立てることもなく、司会者が新郎新婦の生い立ちを話し、ビデオを流し、上司が短めの挨拶をする程度だった。同僚たちが途絶えることなくひな壇に集まり、写真を撮ってる。余興に歌とゲームなど。なかなか楽しい結婚式だった。少しワインを飲みすぎたかな。

| コメント (2)

2016.10.22

ボブディラン

ボブ・ディランと
連絡がつかないらしい
いまさら
ノーベル賞なんて
言われてもねえ

| コメント (4)

ピース

P1120598_640x481
バラの花、ピース@生田緑地

ピースとは
平和のこと
その名に
ふさわしい
花だと思う

| コメント (0)

2016.10.21

影踏み

影踏みは
北側に立つと有利
そんなことを
考えるから
大人はつまらない

| コメント (0)

2016.10.20

しんゆり五行歌会(10月)

肉厚シイタケ               有水悦子
詰め放題二百円
老いも若きも詰める
「無礼者」
軸の部分のむしり取り

誰かの                   高岡蘭
褒め言葉を心の支えに
人は
何十年も
生き続けられる

舟を降り                  高木純子
流れにのって
シュノーケリング
ニューカレドニアの
青い海に魚になる

「鼻が詰まっているかも?」      平田美和子
孫の鼻を吸う
小さな顔に
大きなキスマーク
慌てて拭いて消す

ねんねんころりーよ           中川佳子
で、二才の孫はねる
最近は、自分でも
子守り歌を
たどたどしく歌ってる

北から紅葉の便り            早川季良
ここに来て急に秋めき
今年も残すところ
二か月余り
名残惜しい事多く・・・

お金をかけずに             太田京子
東北復興が
スローガンの
東京五輪は
どこへいったのか

大涌谷行きの               リプル
ロープウェイに乗る直前
非常用の濡れタオルを
手渡される
嫌でも緊張が高まる

| コメント (0)

2016.10.19

五行歌が電車の中吊りに

多摩モノレールの中吊り五行歌募集中。締め切りは今月末。
詳しいことはこちら↓

http://www.tama-monorail.co.jp/guide/event/event000786.html

| コメント (0)

鵙(百舌、モズ)

Mozukun_800x532

最近
毎日やって来る
モズ男くんは
高い所が
お気に入り

以前、動画撮影したものがあり、
高鳴きと鳴き真似が録れています。↓

http://yokido.cocolog-nifty.com/today/2011/09/post-e5c2.html

| コメント (0)

2016.10.18

ホトトギス

P1120532_640x480

鳴き声は聞くが
姿は見せない
ホトトギス
花から
想像するだけ

| コメント (3)

2016.10.17

うすむらさきの花

P1120484_640x480

ミヤコワスレかな
ネットで調べると
クジャクソウらしい
すぐ分かる
すぐ忘れる

いやいや
ノコンギク
かもしれない
かわいい
薄紫の花だ

| コメント (0)

2016.10.16

ひっこし腰

引っ越しの荷物整理などで、腰を傷めた女性がみえた。私より少し年上の方だ。毎朝3時間ほどマンションの清掃をしているので、体力には自信があるようだが、引っ越しでだいぶ無理をしたらしい。息子さんが車に乗せて来た。いわゆる「ぎっくり腰」だが「ひっこし腰」といってもいいだろう。

清掃にしても、引っ越しの荷物整理にしても、ほとんど腰を曲げる作業になる。それで腸腰筋などの深部筋が収縮してしまったのだ。腰は曲がるが伸びない。反らすと激痛が走る。しゃがもうとしても、腰でブレーキをかけようとするから痛む。しゃがめたとしても、こんどは腰が伸びないから立てない。どうにもならない状態だ。

うつぶせや仰向けは腰が伸びて痛むので、横向きになってもらう。腰や臀部のつぼに針を打ち、温灸をする。痛みに痛みを乗せると、その刺激で痛みがやわらぐ。それから、膝を立てた状態で仰向けになってもらう。片方ずつ膝を胸に抱きよせてもらうと、腰は痛くないという。曲がった腰は曲がりたいのである。

そこで、カウンターストレインで腸骨筋をゆるめる。仰向けであぐらをかく姿勢をとり、それを私が固定し、患者さんには脱力してもらう。3分ほどしてから、ゆっくりと元の姿勢に戻してゆく。もう一つ、右の腰椎2番が左にねじれているので、その変位に合うような姿勢をつくり、2分ほど固定する。ゆっくりゆっくり戻すと、はい、腰は痛くなくなった。

腰痛の大半は前屈変位である。たまに後屈変位もあるが、その場合はピンポイントに痛みが出るので分かりやすい。らくな姿勢を探して、そのままじっとしていれば、だんだん痛みはやわらぐ。野生の動物はみんなそうやっている。頭でいろいろ考えてもろくなことはない。

| コメント (0)

2016.10.15

多摩区民祭

P1120505_640x480

昼休み、多摩区民祭を見て来た。どこから来るのか、すごい人だ。 民家園も無料で、骨董市などをやっていた。岡本太郎美術館は入場料が100円。メタセコイアの林の中にもテントが並び、いろんなお店が出ていた。岩手のリンゴ、熊本のトマトやナス、けん玉、それにベーグルなどを買った。

P1120492_640x480

P1120520_640x464

P1120526_640x480

P1120539_640x480
コキリコは易しそうで難しい

区民祭は
知った顔も多い
みんな
街をよくしようと
がんばっている

| コメント (4)

2016.10.14

上映禁止

けさの読売新聞「編集手帳」は、共和党のドナルド・トランプ氏のセクハラ発言に触れていた。そこでこんな五行歌が引用されていた。

心の言葉を
字幕にすれば
私は

上映禁止         蛇 夢(五行歌集『上映禁止』より)

私の場合も、上映禁止になるものが多いと思う。
寅さんに言わせると、「そこまで言っちゃあオシマイよ」だな。 

| コメント (0)

2016.10.13

大涌谷の噴煙

桃源台からロープウェイに乗って姥子、大涌谷にへと登る。だんだん硫黄の臭いが濃くなる。ロープウェイの乗客には全員、おしぼりが手渡される。硫化水素は水溶性なので、風向きなどで煙が多いときはこれを鼻に当てるとらくになると言われた。行政指導なのだそうだ。ロープウェイがぜんぶ開通したので、大涌谷の休憩所には観光客が多かった。

P1120458_640x480
大涌谷の噴煙、以前より高い位置から噴き出ている

P1120443_640x480
大涌谷の休憩所、黒玉子の小屋へは行けない

P1120455_640x480
以前、噴煙が出ていたところ

P1120454_640x465
噴煙のため立木はほとんど枯れている

噴煙の多い谷の両側は硫黄のためだろう、立木がほとんど枯れている。ロープウェイはけっこう人が乗っていたが、半分以上は外国人だ。早雲山からのケーブルカーも外国人ばかり。西洋人も多いが、中国人や韓国人は日本人と見分けがつかないから、ほとんど外国人だったかもしれない。いま、箱根は外国人旅行者に支えられている状態である。

阿蘇も
浅間も
噴火した
こんどは
どこだ

| コメント (0)

2016.10.12

仙石原のススキ

P1120361_800x553

P1120348_640x459

P1120391_640x443

P1120326_640x496_2

水曜日、天気がいいので仙石原のススキを見に行った。町田に止まるブルーのロマンスカーで小田原まで行く。新松田あたりでは富士山が見えたが、青く霞んでいて下の方は雲で隠れていた。小田原からは桃源台行きのバスに乗り、仙石高原下車。バス停から少し歩くとススキの大草原が広がる。あちこちで「わー、きれい」の声。

背丈より高いススキに挟まれて山道を登る。高い所に立つと、遠く湿性花園のほうまでススキの原がつづく。逆光を受けて輝くススキは宝石のようである。それが時折り吹いてくるやわらかな風になびく。

| コメント (0)

2016.10.11

朝は15℃

朝は15度
薄いダウンを着て
自転車出勤
昼でも20度
空も心も曇り

| コメント (0)

2016.10.10

剣客商売(第一回)

Kenkaku1

録画しておいた「剣客商売」第一回を見た。何年前のフィルムだろう。藤田まことの若いこと、剣さばきの見事なこと。梶芽衣子も色っぽい。40歳年下の妻、お春(小林綾子)は秋山小平の下女だった。それに手をつけてしまい、妻にしたという。老中田沼意次や美冬との関係など、いろんなことが分かった。ねぶか汁など、料理も出てくる。「鬼平」とともに、「剣客商売」は見ごたえがある。池波正太郎という作家は、恐ろしいほど江戸時代にくわしい。上層部についても、庶民の暮らしについても。

体育の日
庭仕事をしたあと
野球や駅伝など
スポーツ番組を見て
過ごす

| コメント (0)

2016.10.09

秋雨前線

秋雨前線が
ごろ寝をしている
いいかげんに
起きて
どこかに行け!

| コメント (2)

2016.10.08

がまずみ

P1120235_640x480
ガマズミの花と実

数日前、緑化センターでガマズミの花と実を見た。この赤い実は、子どもの頃よく食べたものにちがいない。当時、ガマズミという名前は知らなかったが、甘酸っぱいので平気で頬張った。11月に入って霜が降りると、とくにおいしくなる。中学校は山道を通ったので、毎日のように食べた。思い出すと、いまでも唾液が出る。

| コメント (3)

2016.10.07

酔芙蓉(すいふよう)

P1120271_640x480
朝の酔芙蓉は真っ白。赤いのは昨日咲いてしぼんだもの。
あした咲く白い蕾もみえる。

P1120277_640x480
少しピンクになる。晴れて暑い日は、変化が早い。

P1120266_640x480
午後4時過ぎには、かなり赤くなる。白い蕾はあした咲く。

純白の花が
ほんのり色づき
夕べには
かなりご機嫌
酔芙蓉

| コメント (2)

SAITAMAの悲劇

日本は
押し気味だったが
引き分けかと思っていた
終了間際に決勝ゴール!
イラク「埼玉の悲劇」

| コメント (0)

2016.10.06

大隅教授、ノーベル賞受賞

Osumi

大隅良典教授が
ノーベル賞受賞、
最近の研究は
みな神の領域へ
入り込んで行く

受賞理由は、オートファジー (Autophagy) の仕組みを明らかにしたこと。オートファジーとは、細胞が自分で細胞内のタンパク質を分解することで、自食作用とも呼ばれるそうだ。がんやパーキンソン病の治療などに応用できるらしい。

| コメント (4)

2016.10.05

バッテリーがあがった!

火曜日の夕方のこと。歯医者に行こうとしたら、キーを押しても車のドアが開かない。ウンともスンとも言わない。遠隔キーがこわれたと思ったが、開閉ボタンを押すと、ちゃんと赤い点がつく。やむなく運転席のドアにキーを差し込んで手動で開ける。いつもなら、そのとき全部のドアが開くのだが、それもダメ。

エンジンをかけようとしたが、やはり、ウンともスンとも言わない。バッテリーが上がってしまったのだ。近くにトヨタカローラ店があるが、あいにく火曜は定休日。たまたま近所にパッソに乗っている人がいるのを思い出し、事情を説明して車を持って来てもらった。充電ケーブルは持っていたので、それを使ってエンジンの始動に成功!

それでギアをセカンドに入れて歯医者に出かけた。エンジンの回転数を上げれば、バッテリーの充電が進むからだ。少し走りまわってから、スタンドに寄って給油。そのときバッテリーのチェックをしてもらったら、充電率50パーセントになっていた。スタンドの人が「ルームランプをつけっぱなしにしていたのではないですか」と言う。そうだったのかもしれない。

それから歯医者に行き、麻酔を打たれて虫歯の治療。帰りも、ギアをセコンドに入れたまま走る。GPSの画面も「パスワードを入力してください」のままで、ラジオも鳴らない。いまの車は電子式なので、バッテリーがあがったら大事件になる。昔のように機械式なら、クランクでエンジンをかけることもできたし、車を押してもらってクラッチペダルを離す「押しがけ」という方法もあったのに。「押しがけ」とは古いか!

いまの車は
バッテリーがあがったら
最期
いまの都会も
電気がなければオシマイ

| コメント (0)

2016.10.04

こんなところにも

こんな
ところにも
こんな
ところにも
金木犀!

| コメント (0)

2016.10.03

秋明菊

P1120212_640x480

不揃いの
花びらに
自分を
見るような
秋明菊

| コメント (2)

2016.10.02

五行歌誌10月号:投稿歌

私は
痛みに悶絶したのに
妻は
かゆい程度
帯状疱疹物語

温暖化というと
おだやかに
聞こえるけれど
本性は
狂暴きわまりない

夜道を
ゾンビが
うろつく
スマホ
ゾンビが

スイスイ流れている
自動車を
押しボタンで止めるのは
気が引ける
とくに一人のときは

夏祭りの
サンバパレード
男どもが前に割り込み
写真が撮れない
俺もその一人?

エントロピーは
無秩序への力
負のエントロピーは
秩序への力
宇宙は単純ではない

| コメント (0)

2016.10.01

咲き残る彼岸花

P1120221_640x480

P1120229_640x455
曼珠沙華@緑化センター

九月は雨が多く
彼岸花の
開花が遅れ
十月に入っても
咲き残るものあり

蕾のなかで
どうやって
畳まれていたのだろう
彼岸花を見て
いつも考える

| コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »