« モッコウバラを伐る | トップページ | 酔芙蓉(すいふよう) »

2016.09.01

五行歌誌・9月号投稿歌

文句を
言いたいとき
向こうも
同じかもしれないと
黙る

自分は優しいと
思っていたのに
そうでもないと
知って
ちょっとショック

草を抜くと
ミミズが出てくる
泥の中なのに
つやつや
てかてか

栃木出身の
釣り好きが逝った
向こうでも
ミミズは
メメズかな

人間も不思議だが
花も虫も不思議
この世に
不思議でないものなんて
あるだろうか

量子物理学や
相対性理論は
ともかく
われわれの故郷は
光の国らしい


« モッコウバラを伐る | トップページ | 酔芙蓉(すいふよう) »

コメント

うわぁ~、懐かしい言葉メメズ・・・
此方ではメメゾって呼ぶ時もありますが
今は標準語でミミズとお洒落に呼ぶのがほとんどかも(笑)
どれも、ほんとほんととうなずきたくなる作品ばかりですが
特に「不思議」・・・ほんとに神の仕業は不思議だらけsign02sweat01

投稿: エリザベス | 2016.09.02 07:50

★エリザベスさん、
コメントありがとうございます。
ミミズをメメズという地域はあんがい多いようですね。
ミの音は唇を緊張させますが、メの音はそれほどでなく
言いやすいのかもしれませんね。
でも、ミンミンゼミをメンメンゼミとは言わないか。(^-^)

不思議
不思議
自分が
生きているのさえ
不思議

投稿: リプル | 2016.09.02 10:18

リプルさん、暫くでした。97歳の母ともども元気にしております。
遅ればせながらコメントします。
9月号投稿歌、すべて力作ですね。
中でも私には最後の五行歌(量子物理学や・・云々)が気に入りました。
まり子も「私、光になるの・・・」と言っていました。

投稿: Shiro Fujita | 2016.09.03 21:51

★Shiro Fujitaさん、
コメントありがとうございました。
久しく連絡をとらず、ごめんなさい。
顎のぐあいはよくなりましたか。
天候も世の中もなんとなく落ち着きませんが、
お元気そうなので安心しました。(^-^)

投稿: リプル | 2016.09.04 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モッコウバラを伐る | トップページ | 酔芙蓉(すいふよう) »