« 登戸まちなか遊園地 | トップページ | 彼岸の入り »

2016.09.18

帯状疱疹後神経痛

顔面の帯状疱疹で来ている患者がいる。抗ウイルス薬を一週間のみ、疱疹は収まったが、後が痛いのでなんとかならないかという。いわゆる帯状疱疹後神経痛である。過去に何度もお灸で痛みがおさまった例があるので、この患者さんにも小さな直接灸をすえてみた。糸のように細くひねった灸なので、一瞬チクッとするだけだ。これがあんがい気持ちいい。大きな疱疹のあとには少し大きめの灸をする。治療後、痛みは半減し、首を振っても頭痛がしないという。

5日後のきのう、もう一度治療をした。前回の治療のあと痛みが軽くなり、よく眠れるようになったと喜んでいた。ただ一番最初に痛みが出たあたりにまだ鈍痛が残っているという。首や肩が張っているので、その辺も治療した。痛みは徐々に取れていくだろう。

子どものころかかった
水疱瘡のウイルスが
死んだふりをしていて
50年も60年もたって
また暴れ出す


« 登戸まちなか遊園地 | トップページ | 彼岸の入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登戸まちなか遊園地 | トップページ | 彼岸の入り »