« しんゆり五行歌会(9月21日) | トップページ | 萩の花 »

2016.09.23

わが家のおはぎ

P1110879_640x480

春は牡丹餅、秋はお萩。どう違うのか分からないけれど、うちでは春も秋も同じ種類のものを妻がつくっている。あんことゴマときな粉の三種で、ゴマときな粉の中にはあんこが入っている。もち米5合、うるち米1合の割合だそうだ。これでだいたい50個できるらしい。結婚してから30年以上、春と秋、欠かすことなく作ってきたから、皆勤賞か敢闘賞を進呈したいところだ。

わが家の
手づくりおはぎ
出来合いのものとは
ひと味もふた味も
ちがう


« しんゆり五行歌会(9月21日) | トップページ | 萩の花 »

コメント

姑が元気なとこは 毎年春と秋とに 家で作っていましたわ。
私はお手伝いだけでしたけどぉ。
「大きなんを 作ったらイナカモンや 可愛らしい二口くらいなんを 作らんとあかんのや」って。
「私ら、イナカモンやろな! そんなにええかっこせんでも。。。」
って 親子で言いたい放題言うてました。
「ご飯は、半殺しにせんとあかんのやでぇ」って。
すりこぎで、もち米にうるち米が混じったご飯をついてました。
懐かしい思い出です。思い出させていただいてありがとうございます。
それにしても、小豆の餡が いい色になってますね、まるでお商売屋さんみたいですよ。

投稿: メーメー | 2016.09.23 17:27

小さ目のおはぎでしょうか。
作り続けて30年以上ですか。
年期が入り愛情も加わって、どこにもない味ですね。

妻の鑑。内助の功でしょうか^^
3種類もあって素敵。ああ、食べてみたいこと♪

投稿: うきふね | 2016.09.24 06:46

★メーメーさん、
うちでも最初のころは大きなぼたもちになって
いましたよ。いろいろな人に教わってだいぶ
こじんまりとしたものになりました。ケーキ
作りようの紙かアルミフォイルに入れると、
他のものが付かなくていいようです。
あんの味はだいたい私がみていましたが、
最近は分量を決めて、量ってやっています。
ま、行事のとき、女性はたいへんですね。

投稿: リプル | 2016.09.24 11:12

★うきふねさん、
これを楽しみにみえるお客さんもあります。
若干うちは薄味なのでものたりなかったのですが、
最近は砂糖をきかせています。
残りは冷凍にして、少しずつ消化していきます。(^-^)

投稿: リプル | 2016.09.24 11:14

まぁ美味しそうですね。昔はお姑さんとお彼岸になると、おはぎとか・よもぎ餅を作って食べました。
何でも売ってはいますが、家で作ったものはどこか美味しいですね。リブルさまは気まめな奥様をお持ちでお幸せですねheart04

投稿: tama | 2016.10.01 05:41

★tamaさん、
むかし神社の台所のお手伝いをしていたので、
たくさんの先輩からいろいろと作り方をアドバイス
してもらったようで、今では手際よく50個ぐらい
つくっています。どこにも売っていないユニークな
味のおはぎが食べられます。妻に感謝です、はい。

投稿: リプル | 2016.10.01 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり五行歌会(9月21日) | トップページ | 萩の花 »