« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.30

キバナコスモス

P1120189_640x480

知人が
勲章をもらったとか
そのせいかな
キバナコスモスが
勲章に見えてくる

| コメント (4)

2016.09.29

菖蒲田に曼珠沙華

P1120156_640x479

生田緑地まで散歩。菖蒲田は草取りがすんで、すっきり。垣根のところには、まだ曼珠沙華が咲き残っている。野鳥は数がすくなく、カメラマンもまばら。それよりも、ポケモンGOをやっている人のほうが多いようだ。

P1120187_640x480

緑地のキンモクセイはほぼ満開で、匂いで人々も足をとめる。なにしろライラックの仲間だから、花は地味だが強烈な香りを放っている。ま、銀杏(ぎんなん)よりはいい。

ポケモンGOは
家にこもりがちな
人々を
外出させる効果は
あるらしい

| コメント (2)

2016.09.28

不動院の護摩

P1120147_640x468

9月28日はお不動様の護摩の日。定休日だったので午後1時前に、土渕不動院に行く。真言宗の広福寺の住職が法要をつとめる。台風17号の影響とかで、ひどく蒸し暑い。座っているだけで汗が流れる。そこへきて、目の前で護摩の炎が上がるから、たまらない。

当番がお札をあぶり、護摩終了後はハンカチやタオルに煙を含ませて、それでからだの悪いところに当てていく。頭、胸、腹、背中、けっきょく全身をぬぐう始末だ。護摩のあと、少しお酒と料理をいただいて、みんなで近況などを語り合う。

不動明王は
大日如来の化身
ご真言は
ノウマク サンマンダ バザラダン カン
気分は空海

| コメント (0)

2016.09.27

キンモクセイ

P1120134_640x480

散歩してると
背後から
甘い匂いが
そっと私を包む
おお、金木犀!

| コメント (6)

2016.09.26

こうべを垂れる稲穂

P1120120_640x481

こんどの
週末は
あちこちで
稲刈りが
見られそう

| コメント (0)

2016.09.25

豪栄道

カド番の
大関豪栄道
初優勝!
こうなったら
全勝してほしい

Goedo

ほんとに
全勝優勝してしまった
なんだか
身内のことのように
うれしい

豪栄道は、義弟の店にときどき食べに来てくれるのです。

| コメント (4)

黄色い彼岸花

P1110859_640x480

彼岸花といえば
まずは赤だが
白や
クリーム
黄色さえある

| コメント (2)

2016.09.24

萩の花

P1110863_640x464

P1110866_640x480

草かんむりに
秋とくれば

長雨に
しとど濡れている

花も葉も
マメ科っぽい
調べてみたら
やはり
マメ科!

木へんに
秋とくれば
楸(ヒサギ)?
アカメガシワの
別称だとか

| コメント (2)

2016.09.23

わが家のおはぎ

P1110879_640x480

春は牡丹餅、秋はお萩。どう違うのか分からないけれど、うちでは春も秋も同じ種類のものを妻がつくっている。あんことゴマときな粉の三種で、ゴマときな粉の中にはあんこが入っている。もち米5合、うるち米1合の割合だそうだ。これでだいたい50個できるらしい。結婚してから30年以上、春と秋、欠かすことなく作ってきたから、皆勤賞か敢闘賞を進呈したいところだ。

わが家の
手づくりおはぎ
出来合いのものとは
ひと味もふた味も
ちがう

| コメント (6)

2016.09.22

しんゆり五行歌会(9月21日)

待てば海路の          和からし
日和あり
鯛の刺身に
半額シール
最高の調味料

特養ホームの朝         中川宣義
「おはよう」と声かける
あんた何言ってるの
バカだね
今、夜だよ、の返事

お隣さんも             浅井淑子
お向かいさんも
煌々と明るい窓
心つながる
オリンピックの夜

月が雲間から           有水悦子
雨を吸って
いかにも重たげ
支えなければ
落ちそうで

寺の本堂で            中川佳子
かぐや姫の語り
琵琶の音と共に
月の出を待つ
十五夜の夕

紙上のプランが          熊田道生
現地に向かう
列車の揺れに
次々立上がってゆく
旅出の喜び

お肌つやつや           太田京子
梅に愛情をかけ
エアコンつきの
梅小屋まで作った
九十五才の梅名人

手足がなくても           リプル
目が見えなくても
走る、泳ぐ、ぶつかる、
パラリンピックは
たましいを揺さぶる

| コメント (2)

2016.09.21

陽気堂はり治療室のURLの変更

9月29日以降、プロバイダ・アットニフティーの都合で、

陽気堂はり治療室のホームページのURLが変わります。

リンクを設定している方は変更をお願いします。現在は〔陽気堂はり〕で検索していただけば、新旧のURLが同時にヒットします。9月29日以降は下記のアドレスだけがヒットするようになります。

新しいURLは、下記のようになります。

http://yokido.cool.coocan.jp

自動切り替えの設定をすると、メニューページがダブって表示されてしまうので、申し訳ありませんが、新しいURLの方にリンクを設定してください。

| コメント (0)

2016.09.20

曼珠沙華

P1110861_640x480_2

あの世と
この世の
境目を
好んで咲くような
曼珠沙華

| コメント (0)

2016.09.19

彼岸の入り

P1110856_640x480
ヤブラン@寿福寺

19日は敬老の日であり、彼岸の入りでもある。先月お盆でお墓参りをしたが、今月はお彼岸のお墓参りだ。台風が近づいているせいで小雨まじりの涼しい日である。毎年のようにお墓の入口ではヤブランが迎えてくれた。つくつく法師が最後の声を絞って鳴いている。

お墓参りは
気持がいい
時空を超えて
身内と
交流したようで

| コメント (0)

2016.09.18

帯状疱疹後神経痛

顔面の帯状疱疹で来ている患者がいる。抗ウイルス薬を一週間のみ、疱疹は収まったが、後が痛いのでなんとかならないかという。いわゆる帯状疱疹後神経痛である。過去に何度もお灸で痛みがおさまった例があるので、この患者さんにも小さな直接灸をすえてみた。糸のように細くひねった灸なので、一瞬チクッとするだけだ。これがあんがい気持ちいい。大きな疱疹のあとには少し大きめの灸をする。治療後、痛みは半減し、首を振っても頭痛がしないという。

5日後のきのう、もう一度治療をした。前回の治療のあと痛みが軽くなり、よく眠れるようになったと喜んでいた。ただ一番最初に痛みが出たあたりにまだ鈍痛が残っているという。首や肩が張っているので、その辺も治療した。痛みは徐々に取れていくだろう。

子どものころかかった
水疱瘡のウイルスが
死んだふりをしていて
50年も60年もたって
また暴れ出す

| コメント (0)

2016.09.17

登戸まちなか遊園地

地域誌「タウンニュース」に紹介されていたので「登戸・まちなか遊園地」というイベントに行ってきた。登戸東通り商店街のサービスデー・「なまずん」の日と合同で開催された。場所が分かりにくかったせいか、参加者は少なかったが、徐々に増えていった。

007

テントで体力測定をやっていたので参加した。立位前屈、閉眼片足立ち、敏捷性、握力、歩幅など。結果は12歳若く出たが単純には喜べない。大腿四頭筋や腸腰筋の力が思ったより落ちている。もっと運動をしなければいけないと再認識した。

| コメント (2)

2016.09.16

ロマンスカー60000型

P1110802_640x466

新百合ヶ丘駅に入ってきたロマンスカー「さがみ」は、ブルーの60000型MSE。地下鉄千代田線に乗り入れているタイプで、平日はビジネス特急として、われわれが乗ったのは、新百合ヶ丘、相模大野、本厚木に停車した。向ヶ丘遊園や町田、伊勢原などに停車するものもある。デザインは白の50000型に似ている。椅子の背の端に傘立てが付いているのが賢い。

P1110803_640x480
傘立て(上のフックは荷物掛け)

帰りは、小田原駅に着いてから指定券を買ったが、白い50000型VSEの先頭車両に乗れた。町田だけ止まる新宿行きだ。ロマンスカーは速いのと、前向きに座れるのがいい。

| コメント (4)

2016.09.15

清閑亭@小田原

1sk

小田原城の天守閣を見学したあと、二宮金次郎を祀る尊徳神社をお参りした。さらに、その西側の高台にある清閑亭まで足をのばす。黒田官兵衛の子孫である黒田長成(ながしげ)侯爵の別邸だったという。1906年(明治39年)に建てられたそうだ。入場無料。二階からは相模湾や伊豆半島が臨める。

和室はCafeになっている。 けっこう歩いたので、いい休憩所になった。私は冷たい抹茶と水羊羹、妻はクリームあんみつを注文した。素人っぽいおじさんが注文した品を運んできてくれたが、今はNPO法人が管理を委託されているらしい。

雨こそ降らなかったが、湿度が高いので汗ばむ。だが和室に座ると涼風が吹いてきた。高台なので海からの風が入るのだ。お客さんが少ないので少し寝ころんで休む。

P1110837_640x480_2
畳の部屋は落ち着く

よく歩いたので
横になって一休み
欄間の彫り物
網代の天井
和風っていいなあ

| コメント (0)

2016.09.14

新・小田原城

P1110814_640x458

14日。小田原城に行った。うまいこと新百合ヶ丘駅からブルーのロマンスカー「さがみ」に乗れた。五月に北條五代祭りに行ったが、平成の大改修工事が終わったばかりだったので大混雑。二時間待ちとかいうので天守閣には登らなかった。今日は天気があまりよくなく、平日だったので空いていた。

P1110818_640x480
相模湾、中央は真鶴半島、その向こうの伊豆半島は雲の中

天守閣の中はまったく新しくなり、歴史が好きな人なら涙が出るほどの資料が展示されていた。大きなスクリーンには、秀吉の小田原攻めなどを動画で解説していた。鳩よけの金網も目立たなくなり、眺望もいい。一度行ってみる価値はある。

| コメント (0)

2016.09.13

譲らない若者

混んだバスの
二人掛けに
一人で座り続ける
若者
先々苦労しそう

| コメント (2)

2016.09.12

天神社のお祭り

P1110755_640x480
和式パントマイム

P1110747_640x480
専修大学浴衣ジャズバンド

11日(日曜)は天神社のお祭り。朝は小雨が降っていたが、だんだん止み、お祭りの行事にはほとんど影響がなかったようだ。式典は11時から、そして午後はエンターテインメント。
専修大学のジャズバンド、菅のお囃子、長尾子供太鼓、マジック、大太鼓指導など、盛りだくさん。焼そば、焼き鳥、ヨーヨー、かき氷などの店も出ている。紙芝居もやっていた。浴衣姿の子供も多く、境内がにぎやかだった。そうそう、ここは的屋の店はない。小川総代の大改革が実を結んでいる。

真剣に
お参りする姿は
少なくても
お祭りは
人々の心を開く

| コメント (4)

2016.09.11

カープ優勝

広島カープ
25年ぶりの優勝
メジャー帰りの
黒田の涙
万感の涙

| コメント (0)

2016.09.10

人気の武蔵小杉

人気の武蔵小杉
高層マンションが並ぶ
五十階だの六十階だの
七百戸だの八百戸だの
街の中に街が立つ

| コメント (2)

2016.09.09

昼下がりの酔芙蓉

P1110642_640x489

P1110643_640x480

濃いのは昨日の花
白いのは明日の花
花が終わると
自分で切れ目を入れて
翌々日ぐらいに散る

| コメント (0)

2016.09.08

突然の雨

青空が見えるのに
反対側は真っ暗
歩いていると
雷の音
とつぜんの雨

ビニール傘で
外に出ると
突風でオチョコ
コンビニで
風に強いのを買う

湿度90%の蒸し暑い日だった。

| コメント (0)

2016.09.07

毎日、原爆40万発

いま人間の
消費するエネルギーは
広島型原爆40万個を
毎日爆発させているのと同じ
これは異常だわな!

| コメント (0)

2016.09.06

台風13号発生

今日午前
沖縄の南西で
台風13号発生
あさってには
関東上陸か

50年に一度とか
100年に一度とかいう
異常気象が
ふつうに
なりつつある

| コメント (4)

2016.09.05

加山雄三・ワイルドワンズ・阿川泰子

東京フォーラムのコンサートに行ってきた。タイトルは長く、「加山雄三withザ・ワイルドワンズ&阿川泰子ジョイントコンサート」ときた。じつに豪華な顔ぶれで、それぞれが独立してショーを立ち上げることができる存在である。加山雄三は現役で歌っているだけに、79歳とは思えないほど声に張りがある。若大将シリーズの映画の挿入歌や、一連の海の歌、谷村新司と共作の「サライ」など、じっくり聴かせてくれた。

阿川泰子のジャズもいい。スタンダードのFly me to the moonや、Tea for two、Smileなどを、あのハスキーな声でしっとりと聴かせる。思い出のサンフランンシスコは加山とデュエットで。それからThe wild onesが、グループサウンズのメドレーを聴かせてくれた。もちろん、「思い出の渚」も。The wild onesというグループ名は、加山雄三がつけた名前だそうだ。意味は「自然児」。

40年も50年も前の歌が多かったが、あの頃の歌はテンポがゆっくりで、詩がよく聞き取れるのがいい。最後はみんなで「旅人よ」を歌ったが、モニターに字幕が出るので会場のお客さんも加わって、大きく手を振り、盛り上がった。ぜいたくな一時を過ごすことができた。

| コメント (2)

2016.09.04

白髪ぼかしやめる

午後、中野島駅前の「ヒロ」に散髪に行った。今回から白髪ぼかしはやらないことにした。白髪ぼかしと言えども、薬品を使うので髪が傷むし、細くなる。黒い髪の下からは白髪が出てくるが、黒と白のコントラストは目立つ。もともと皮膚の色はピンクがかっているから、白髪のままでもそれほど強いコントラストは生まれない。だから自然な白髪になる。

ただ白髪ぼかしを止めると、しばらくの間、白い所と黒い所がブチになって、ちょっと見た目がわるい。ただ、それも数か月すればそれも分からなくなるだろう。床屋さんも「止め時が難しいんですよね」と言っていた。

髪が黒いと
若く見える
それもいいが
自然体も
またいい

| コメント (2)

2016.09.03

木槿(むくげ)

P1110636_640x480

P1110640_640x480

ムクゲ、サルスベリ、キョウチクトウの三つ花を、私は勝手に夏の三大木の花と呼んでいる。猛暑の中で、猛暑を楽しむように咲いているからだ。優しいオレンジ色のノウゼンカズラも加えたくなるが、あれは蔓性なので独り立ちしているとはいえないだろう。草花なら、ヒマワリ、サルビア、百日草ぐらいだろうか。

けさ、自転車で長念寺の前を通ったが、彼岸花は花の茎さえ見つからなかった。そういえば、お彼岸にはまだ二週間以上あったのだ。

登戸神社の境内の中や周囲では、百人ぐらいの人が動いていた。秋祭りの準備をしているのだ。太鼓を出したり、テントを張ったり、幟を立てたりしている。一方、的屋さんたちは、パイプを組んだり、陳列台を並べたり、出店の準備に忙しい。

木槿は
韓国の国花
散って咲き
また散って咲く
しぶとい

| コメント (2)

2016.09.02

34℃

9月2日
室外温度は
一時34℃
夏が
居座っている

| コメント (0)

酔芙蓉(すいふよう)

P1110623_640x480

一週間ほど前から、酔芙蓉が咲き始めた。うちのはいつも遅い。けさ撮った写真なので、純白の花しか映っていないが、これがお昼にはピンクになり、夕方にはさらに濃くなる。酔っぱらったように見えるので酔芙蓉と名づけられたわけだ。写真の中の赤いのが酔いどれて二日酔いをしている花である。咲いた花は花の下に切れ目ができて、すぐぽとりと落ちるようになっている。不思議な花だ。気温と太陽の光が大いに影響するようである。

| コメント (0)

2016.09.01

五行歌誌・9月号投稿歌

文句を
言いたいとき
向こうも
同じかもしれないと
黙る

自分は優しいと
思っていたのに
そうでもないと
知って
ちょっとショック

草を抜くと
ミミズが出てくる
泥の中なのに
つやつや
てかてか

栃木出身の
釣り好きが逝った
向こうでも
ミミズは
メメズかな

人間も不思議だが
花も虫も不思議
この世に
不思議でないものなんて
あるだろうか

量子物理学や
相対性理論は
ともかく
われわれの故郷は
光の国らしい

| コメント (4)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »