« ミョウガの香り | トップページ | イチロー3,000本安打達成 »

2016.08.08

多摩川吹奏楽団の演奏会

猛暑のなか、涼しいところで音楽を聴くのはちょっとした贅沢だろう。多摩川吹奏楽団の演奏会はほとんど欠かさず聴きに行っている。第31回というから、31年もやっているのだろうか。軽い曲から乗りのいい曲など多彩で、メインの交響詩「スパルタクス」は初めてだったが、なかなか聴きごたえがあった。

後半はリオデジャネイロ・オリンピックに関連して、オリンピック・スピリット、ブラジルのサンバなどが演奏された。ジャパニーズズ・グラフティーと銘打って、「巨人の星」など、スポーツもののテーマ曲もあった。アンコールは朝ドラのテーマ曲「365日紙飛行機」、それに「マツケンサンバ」と来た。いつも嗜好をこらして楽しい演奏を聴かせてくれる。いい避暑になった。

ブラスの
響きに
酔いしれて
しばし
夢の国


« ミョウガの香り | トップページ | イチロー3,000本安打達成 »

コメント

多分猛暑を忘れさせるような一時をすごされたのでしょうね。最高ですね。
朝ドラの紙飛行機の歌私も大好きでした。
元気をいただけるような良い歌詞ですね。

投稿: tama | 2016.08.11 18:44

★tamaさん、
朝ドラの曲は、毎日聴いているうちにからだに
染みついてしまいますね。後ろの座席の婦人たち
は、アンコールの曲が一番よかったねなんて
言っていました。(^-^)

投稿: リプル | 2016.08.12 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミョウガの香り | トップページ | イチロー3,000本安打達成 »