« 迎え火 | トップページ | 五目ご飯 »

2016.08.14

棚経(たなぎょう)

14日は近所の親類が往き来して、お互いのご先祖様のお参りをする。ご先祖様は盆棚に並んでいるから、これをお棚参りという。お互い様だから省略しようというところも増え、今は3軒だけになってしまったが、これも時代の成り行きだろう。

午後3時半ごろ、お坊さんが棚経を上げに来てくれた。惚れ惚れするような低いいい声だ。意味はよくわからないが、あの世で修行を続けている魂には分かるのかもしれない。お坊さんは膝が痛いようだった。暑い中、汗を拭き拭き何十軒も回るので大変だと思う。

日の暮れるのがだいぶ早くなり、夕方には秋風が吹く。西日本は連日の猛暑で大変らしいが、関東地方はそれほど暑くなくてらくだ。

お棚参りなど
ただ慣習で
やっている行事が
あんがい多い
心を込めたい


« 迎え火 | トップページ | 五目ご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迎え火 | トップページ | 五目ご飯 »