« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.06.30

こんぺいとう(球果)

P1100212_640x480_2
コノテガシワ(ヒノキ科)の球果

散歩中、薄水色の金平糖のようなものをたくさんつけた葉っぱを見つけた。ヒノキのような葉だ。最初は赤星病とか黒星病とかいうものかと思って、「青星病」で検索してみたがヒットしない。それで金平糖と木の葉で画像検索したら、いろいろ出てきた。

けっきょく、これは球果というものだと分かった。前にも調べたことがあったように思うが、すっかり忘れている。球果は針葉樹の複果で、文字通り丸いものが多い。なかには、このように角を出すものもある。秋になるともっと丸くなるのだろう。よく見るのは、いわゆる「松ぼっくり」である。

| コメント (2)

2016.06.29

雨上がりの草取り

雨上がりの
草取りはらく
根っこごと
ごっそり
抜けちゃう

草刈り機を
使うところも
ナイロン紐の
切れ味が
ちがう

| コメント (0)

2016.06.28

白い紫陽花

P1100203_640x507
アナベル

散歩中に出遭った薄緑の紫陽花。珍しい花だなと思ったが、それがだんだん白くなるらしい。アナベルという白い紫陽花だろう。知人に、こればかり庭に植えている人がいる。ぜんぶ白い花というのも、けっこう見ものではある。

ふつう、紫陽花は花が終わったすぐ剪定をしないと花芽がつかない。だが、このアナベルは翌年の4月ごろまでに剪定しても大丈夫らしい。新しい枝に花芽がつくからだそうだ。

「あじさい」の語源を調べると、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が変化したものとされるそうだ。「あづ」は集まる様を意味し、特に小さいものが集まることを意味し、「さい」は「さあい」の略、接続詞の「さ」と「あい(藍)」の約で、青い小花が集まって咲くことから、この名がつけられたされる。

セイヨウアジサイはhydrangea(ハイドレンジア)と呼ぶが、これはギリシャ語の 「hydro(水)+ angeion(容器)」が語源で、大量の水を吸収し、蒸発させる性質を持つかららしい。お寺に紫陽花が植えられることが多いのは、燃えにくいので防火の目的があるのかもしれない。花言葉は「非情」、こちらはよく分からない。冷たいからかな。

| コメント (2)

2016.06.27

ハクセキレイ

セキレイは
人なつこく
草を取る私に
ずっと
ついてくる

| コメント (0)

2016.06.26

ノウゼンカズラ

P1100201_640x487

よじ上り
枝を下ろし
上向きに咲く
ノウゼンカズラ
色が好き

| コメント (2)

2016.06.25

五行歌の講演と実作

P1090996_330x6406月19日の日曜日、横浜市の美しが丘で『五行歌・誰の心にも名作がある』というタイトルで、「五行歌の会」主宰の草壁焔太先生の講演があった。よみうり五行歌欄へ作品を投稿している人や五行歌に関心のある人が集まり、講演のあとは実作教室も行われた。(左はその記事と写真)

7月24日の日曜日には、相模大野で開かれる予定。場所は、小田急線相模大野北口徒歩7分の相模原市立大野南公民館。資料代500円。
時間は、13:30~16:40。詳細は下記のPDFファイル参照。

http://5gyohka.com/download/kanagawa2016sagami.pdf

| コメント (4)

イギリス、EU離脱へ

やってしまって
やらなければよかった
と思うことがある
イギリスの国民投票も
そんな結果か

国民投票というと
聞こえはいいが
感情的になれば
ヒトラーさえ
生まれかねない

| コメント (0)

2016.06.24

マーガレット

Dsc_3667_640x447

こころまで
湿ってくる季節
雨のなか
マーガレットは
ただ微笑む

| コメント (0)

2016.06.23

帽子展

P1100030_640x480

22日の水曜日、五行歌をやっている女性が自分のデザイン製作した帽子の個展をやっているというので行ってきた。「アートギャラリー道玄坂」という場所だ。手づくり帽子だから、それぞれ味わいがある。ひょんなことから、有名な先生について勉強したらしい。

いいなと思う帽子もいくつかあったが、なにしろ出かけることが少なくなったし、断捨離が頭にあるので購入はしなかった。ま、経済的な事情もあるけれど。

お昼は、彼女に教えてもらった「菜な」という和食のお店に行った。ほとんど満席で、料理もおいしかった。それから109まで下り、有名な渋谷の交差点を横切ってハチ公に会った。一緒に写真を撮る人たちで、ハチ公も忙しそうだった。外国人が多い。

P1100058_640x448
ハチ公は参院選のタスキをかけられていた

そこから「ハチ公バス」に乗って、表参道ヒルズまで行き、しばし、おのぼりさんをやってきた。新潟のアンテナショップが面白かった。

| コメント (0)

2016.06.22

ロメインレタスの花

Romein
ロメインレタス(キク科)

ロメインレタスという
レタスの一種が
花を咲かせている
気品あふれる
花ではないか

| コメント (2)

2016.06.21

ネジバナ

P1090999_457x640_2
いつ
咲いたのか
ネジバナ
DNAの
ままに

人間も
不思議だが
花も蝶も
月も星も
不思議だね

| コメント (6)

2016.06.20

中学校の同窓会

P1090958_640x456
生田中学校同期会(1963年卒)

新百合ヶ丘のホテル「モリノ」で中学校の同窓会があり、出席した。4年毎、オリンピックの行われる年に開かれる。60人ほど参加したが、4クラスしかなかった割には出席者は多いほうではないだろうか。幹事さんたちの努力もあろう。半分以上は生田小学校もいっしょだから、みんなよく遊んだ仲間だ。なかには50数年ぶりに会った人もいる。

それぞれが演壇で近況報告などを話したが、テーブルごとに話がはずんでいて、あまり聴いてもらえない。わたしはマイクに口を近づけて、少し大きめの声で五行歌の宣伝をしておいた。しんゆり五行歌会のチラシも配った。一人でも二人でも五行歌に関心を持ってもらえたらと思う。

中学の同窓会
みんなそれなりに
年をとったが
思い切り遊んだ仲間と
会うのは楽しい

| コメント (0)

2016.06.19

ビッグバン

P1090788_640x502

ビッグバン以来
加速度的に
膨張を続ける宇宙
あじさいの大玉から
妄想がひろがる

| コメント (0)

2016.06.18

田植え

P1090953_640x468

わずかに残る
田んぼには
マンションが映る
ぜいたくは
言えない

| コメント (2)

2016.06.17

イチロー、打ち続ける

Ichiro_640x470_2
イチロー、日米通算4257安打

日米の野球のレベルや質、時代の違いなどがあるから、イチローとピート・ローズを比較することは難しいだろう。しかし、偉大な記録を打ち立てたことは確かだ。内野安打が多いのは足が速い証拠でもあり、見ているほうもスリル満点だ。ライトからの強肩はレーザービーム。塀をよじ登ってホームランボールを捕ったこともある。メジャーリーグのオールスターには、なんと10回も出場している。ランニングホームランでオールスターのMVPに輝いたこともある。忍者のようなホームインもあった。

一歩一歩の
積み重ねが
実をむすぶ
イチローの
修行はつづく

| コメント (0)

2016.06.16

ビヨウヤナギ

P1090937_640x470
未央柳(びようやなぎ)

ビヨウヤナギは
未央柳が正式らしいが
美容柳や美女柳も
有りらしい
葉が少し柳っぽい

| コメント (0)

2016.06.15

しんゆり五行歌会(6月)

八十路に入り             熊田道生
「余生」は
「与生」と
読みかえて
前向きに生きよう

                      
亡き人の                高木純子
電話番号
消せないでいる
恋しくても恋しくても
つながることはない

                      
お腹を空っぽにし           リプル
お尻から
カメラを入れられる
これは
蛙の復讐かもしれない

                      
延命治療は必要なし         有水悦子
書いては消し
消しては書き
化粧済みの顔に
忘れてさらに上塗りする

                  
親は 時に               茗水
反面教師
土台は 常に
震度10にも揺るがない

                      
雨上がりの               浅井淑子
紫陽花の群れ
水玉を
たっぷり装って
美しさを競う

                       
「帽子被ってたのに           高岡蘭
どうして年寄りに見えたのか」
訝る九十代のひと
真の姿は
隠しようがないのだ

                    
消毒した種の               太田京子
若芽はたべない
かしこい
鳥たちよ
どうしてわかるの

                      
雨降りは                  中川佳子
ちょっと憂うつだけど
紫陽花の花には
やはり
雨が似合う

| コメント (0)

2016.06.14

ネムノキの花

P1090875_640x481
合歓の木の花

新川の
合歓の木が
ふわっと花をつけた
あんなに切られたのに
よくがんばったねえ

| コメント (0)

2016.06.13

女はしゃべる

女は一日
二万語しゃべり
男は七千語とか
口では
かなうわけがない

| コメント (0)

2016.06.12

白髪ぼかし

日曜の午後、床屋に行った。年をとると、髪の毛が細くなるので、下を向くと地肌が透けて見える。私は左側に大きなヤケドのあとがあるので、それも透けて見える。だから、床屋さんに行っても、髪は脇を調えるぐらいだ。風が苦手なので、普段から野球帽をかぶっている。

数年前から「白髪ぼかし」をすすめられて、やってもらっている。白髪ぼかしといっても、かなり黒く染まる。はじめは髪が黒くなったとき非常に違和感があったが、慣れると若々しく感じ、気分的にもいい。しかし、残念ながらひと月もすると下から白髪が生えてくる。髪を黒く染めたぶん、その白髪が目立つ。

「自然のままにしようかな」と言うと、床屋のママさんが、「それもいいんじゃない」なんて意外なことを言う。少しずつ白髪ぼかしを弱くしていくと、だんだん自然な髪になるという。しかも地肌の色は白髪と大差ないから、透けてもそんなに目立たない。白髪ぼかしにしても、薬剤を使うから、髪にはよくないそうだ。

男も女も
半分以上
髪を染めている
天皇皇后は
自然のまま

| コメント (2)

2016.06.11

紫陽花と宇宙

P1090788_640x502

ビッグバン以来
加速度的に
膨張を続ける宇宙
紫陽花を見て
思いを馳せる

| コメント (4)

2016.06.10

腹部エコー検査

今日は朝食を抜いて、腹部エコー検査を受けた。尿を溜めておかないとエコーの映りが悪いそうだが、私は前立腺肥大があるのでトイレが近い。だから、10時からの検査なのに9時半ごろトイレに行ってしまった。そこで、やむなく水やお茶をたくさん飲むことにした。だいたい40分もすれば膀胱に相当お小水が溜まると思ったからだ。

検査技師に事情を話すと、膀胱の尿が少なければ少ないなりに検査できますとのこと。10時10分ぐらいから検査が始まった。腎臓、肝臓、胆のう、すい臓、膀胱、前立腺などを一つ一つていねいに検査してもらう。さきほど大量の水分を採ったのが幸いして、膀胱にはじゅうぶん尿が溜まっているようで、検査がしやすかったと言われた。

膵臓はどうやって調べるのですかと聞くと、「膵臓は胃の裏にあるので、エコー端子を深く押し込んで、胃を避けるようにして検査します」と説明してくれた。背骨や肋骨があるので、後ろ側からは検査できないそうだ。

検査の結果、腎臓に嚢胞があるが特に問題はない。前立腺はたしかに大きいが年相応だろう。膵臓については、がんの兆候は見られない。もしあれば膵管が太くなるし、がんの影が映るだろう。そんな話だった。エコー検査の結果もシロだったのでホッとした。

すこし前
CTもMRIも
内視鏡もエコーも
抗生物質さへ
なかったのだ

| コメント (0)

2016.06.09

大和撫子

P1090784_640x487
ヤマトナデシコ(カワラナデシコ)

日本女性の美を
象徴するという
大和撫子
ナデシコジャパンとなると
竹久夢二もひっくり返る

| コメント (0)

2016.06.08

日本庭園の美しさ

P1090826_640x480

先日、新宿御苑で「ユリノキ」の巨木を見たが、今日は日本庭園に行ってみた。紫陽花や花菖蒲、サツキなどが咲いていた。緑がうつくしい。写真の奥に見えるのはマテバシイの花である。

P1090795_640x476
アジサイ「くれない」

P1090808_640x446
空豆の練り菓子

茶室で薄茶をいただいたが、美味しい。お菓子はなんとソラマメの形をした練り菓子だった。客は外国人が多い。

P1090867_640x451
モミジバスズカケ

新宿の
人込みの
すぐとなりで
静寂を
味わう

| コメント (2)

2016.06.07

大腸内視鏡検査を受ける

過去に2度、大腸内視鏡検査を受けているが、「前日の8時以降は絶食してください」と言われただけだった。検査当日の朝はゆっくりと2リットルの下剤を飲み、トイレに通い、腸を空っぽにする。そして12時ごろ内視鏡の検査を受ける。ただ、二度とも鎮静剤を使わなかったので、何度かうめき声を上げるほど痛むところがあった。その後は検便だけの検査を受けている。

今回は別の病院で内視鏡検査を受けたが、いろいろ食事制限があった。検査3日前から、油もの・野菜・果物・海草・こんにゃく・豆・きのこ・皮付き・タネなど繊維の多いものは避けてくださいという。検査前日はアルコールやジュース・牛乳は控えてください、と細かい注意が与えられた。検査直前に、看護婦が便の透明度をチェックしにくるが、これもちと恥ずかしい。

Cf

過去の検査では痛い思いをしたので、今回は鎮静剤の点滴を受けることにした。おかげでほとんど痛みはなかった。モニターを見ていると、先生が「眠くないですか」などと聞いてくる。残念ながら、お腹にカメラを入れられて眠れるほど私は太っ腹ではない。

検査結果はセーフ。同時に受けた胃の内視鏡検査も白。ピロリ菌もいない。ときどき腹部にキューッと違和感が走ることがあったが、消化器系の異常ではなかったようなのでホッとした。まずい下剤をたらふく飲んだり、苦い麻酔薬をノドの奥に塗りつけられたりしたが、検査結果がなんでもなかったのでひとまず安心だ。

ただ、私の友人で毎年カメラを飲んでいたのに、大腸がんの開腹手術を受ける羽目になった奴がいる。だから油断はできない。

長生きすれば
いろんな
病気にかかる
二人に一人が
ガンになる時代だ

| コメント (2)

2016.06.06

菖蒲満開@生田緑地

P1090754_640x459

菖蒲が
紫陽花と
咲き競っている
きのう
梅雨入りしたようだ

| コメント (3)

2016.06.05

バランス・ポール

22歳のときの交通事故の後遺症で、背中が重い。若い時は忘れていたが、40代後半あたりから、気になりだした。うつ伏せのお尻振り体操、仰向けの片膝立てツイスト、肩甲骨回し、あるいは妻に鍼灸治療をしてもらったりしてしのいでいる。先日、バランス・ポールなるものを買って、ここ2週間ほどやっているが、これもわるくない。値段は3,000円前後だが、高級なのもある。

Pole

硬質ウレタンの筒の上にお尻の方から仰向けになって、背中を伸ばすだけ。腕の重さで胸が広がり、手足をゆっくり動かせば肩甲骨や骨盤の体操にもなる。背骨をほぐすには、小さく左右に揺するだけ。ポールから降りるときは、左右どちらかにゆっくり転がるように降りればいい。5分ほど横になっているだけで、背中がかなり真っ直ぐになるのがわかる。日常生活では前かがみの姿勢になることが多いだけに、これは効く。

一人の知恵は
かぎられているが
いまは
世界中の知恵が
手に入る

| コメント (0)

2016.06.04

タチアオイ

P1090686_640x446

美人が
整列して
私を見つめているようで
照れくさいな
タチアオイの道

| コメント (2)

TOTO

P1070443_640x480

男子トイレは
足もとが
汚れがち
TOTOも
工夫している

| コメント (0)

2016.06.03

柏葉アジサイ

P1090649_640x471
カシワバアジサイ

アジサイにしては花が筒のように伸び、葉が柏のような形をしている。墨田の花火などとともに、近年よく見かけるようになった。たくさん花をつけると圧巻である。

P1090647_640x480

きのう、カシワバアジサイの仲間だろうが、ガクアジサイっぽい花を見かけた。花びらが大きく一重に見える。これはこれでかわいい。

アジサイはとにかく種類が多い。しかも、同じ花でも土壌によって色が変わったり、成長とともに色を変えていくものも多いから、色も形もほとんど無限の組み合わせがあるのではないだろうか。これがアジサイか、と思うような花も少なくない。

本当の花は中心部の小さな塊で、まわりは萼(がく)である。それでガクアジサイというのかというと、そうでもないらしい。額のように花のまわりを縁取るから額紫陽花というらしい。

紫陽花という
漢字がいい
雨が似合うから
紫雨花にしても
いいかな

| コメント (2)

2016.06.02

海から23km

P1090654_640x457

多摩川を河口から上ると、登戸まで23kmあるらしい。草刈りした後なので標識がはっきり確認できた。以前も見たのだろうが、覚えていない。「多摩川は登戸から海まで何キロ?」とたずねられたら答えられなかっただろう。

その理由の一つは、多摩川土手のサイクリングロードの終点がこの上流にあって、始点から終点までたしか18kmだったから、それと混同しているのだ。河口に向かって右側を右岸ということも分かった。

のどかな
多摩川土手
上空では
トンビとカラスが
やり合っている

| コメント (2)

五行歌誌・6月号投稿歌

強弱の地震が
何百発も襲い
地図は真っ赤
火の国が
揺れに揺れる

熊本地震を
予想した専門家は
ほとんどいない
どこに来ても
おかしくないのだ

パッと抜いて
サッと拭いて
ポッと捨てる
ティッシュ
そして森が消える

新人運転士の
指差喚呼
「出発進行!」
見ているこっちも
緊張する

真っ赤な
チューリップが
ポッと花ひらき
覗き込む私を
妖しく誘う

こんなに
お寺がたくさんあるんだもの
お釈迦様の誕生日
四月八日は
祝日にしよう

| コメント (2)

2016.06.01

枡形山

久しぶりに
枡形山に登る
花見の
にぎわいなど
遠い昔のことのよう

| コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »