« オバマ氏広島訪問 | トップページ | フリーダンス »

2016.05.29

カイト=凧、トンビ

江ノ島や鎌倉の海岸には鳶(トビ)が多い。トビというよりトンビと言ってしまうのは、三橋美智也の歌の影響だろうか。古いなあ!

 ♪トンビがくるりと輪を描いた、ホーイーのホイ~

海岸で食事をするときは要注意だ。人の目を避けて後ろから食べ物を狙ったり、真上から急降下してくる。去年は、となりに座っていた女の子がラスクをとられて大泣きをした。耳元の羽音と風圧を今でも覚えている。

ところで、鳶のことを英語でkite(カイト)という。凧(たこ)のこともkiteという。鳶はほとんど羽ばたかないで滑空するから、それに似た凧をカイトと呼ぶのかと思っていた。だがkiteを辞書でひくと、最初に凧が出てくるではないか。まず凧があって、凧のように見える鳥を、鳶と呼んだらしい。凧は古代の軍隊の合図だったのだろうか。

一方、鶴(ツル)のことを英語でcrane(クレイン)という。起重機のことも同じくcraneだ。一般に、新聞などではクレインはクレーンと表記する。craneを辞書でひくと、最初にまず鶴が出てくる。つぎに起重機またはクレーンだ。鶴に似た文明の利器をクレーンと名づけたのだ。こちらは分かりやすい。

« オバマ氏広島訪問 | トップページ | フリーダンス »

コメント

私はトンビと聞いて、「と~べ と~べ~トンビ」の歌を思いましたよ。
大きなトビも、餌を狙ってくるのですね。
遭遇すると、ちょっと怖いです。

凧(たこ)のこともkiteというのは知ってましたが、鳶のことを英語でkite(カイト)というのは初めて知りました。さすがリプルさん、英語達者ですねぇ~

投稿: まこ | 2016.05.29 15:28

ここへ寄せていただくようになり
毎日何かしら 新しいことを教えていただいてます。
何かしら勉強させていただいてます。
ただの覗き見だったはずが 勉強の時間になりました。
話の中の幾つかの単語を ググってみるようになりました。
さて、今夜は 何を調べましょうか。
三橋美智也の歌だったら 最悪ですね。ワハハ 勉強とは言え無いわ

投稿: メーメー | 2016.05.29 20:47

★まこさん、
トビはタカの仲間で目が恐ろしくいいですからね。
動いているネズミなんかを捕るのでしょうから、
人間が手に持っているものなど朝飯前なのでしょう。
ピーヒョロロなんて鳴いているけど油断なりません。

投稿: リプル | 2016.05.30 12:53

★メーメーさん、
あんまり盛り上がらないブログですが、
けっこうアクセスがあるので、それを励みに
続けています。知ったかぶりも多いかも。(゚ー゚;

何かを調べるのにはインターネットは便利ですね。
一瞬で何万もの答えを拾ってきてくれる。画像も
動画もあるから、アラジンの魔法のランプみたい。

投稿: リプル | 2016.05.30 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オバマ氏広島訪問 | トップページ | フリーダンス »