« しんゆり五行歌会(5月) | トップページ | なんてこった »

2016.05.19

スイカズラ

歌会の帰り道、いい匂いがするのであたりを見回すと、白い花が咲いていた。同行の一人が、スイカズラだと教えてくれた。はじめ白く咲き、それが黄色に変わっていくという。調べてみると、スイカズラは漢字で「忍冬」、あるいは「吸蔓」と書くそうだ。冬でも葉が枯れないから忍冬(にんどう)という名前がついたらしい。利尿、解熱、健胃の漢方薬としても使われる。

吸蔓のほうは、①水をよく吸うから、あるいは②吸うと甘い蜜の味がするから付いた名前らしい。英語では honey suckle という。文字通り「蜜を吸う」の意味になる。子どものころ、オシロイバナのようにしゃぶったことがあるかもしれないが、よく覚えていない。こんど試してみよう。

写真のように、花はペアになって咲く。そういえば、エンドウ豆の花もペアで咲く。チェリーセ―ジ(いちごみるく)もペアで咲く。なかなか可愛らしい。


« しんゆり五行歌会(5月) | トップページ | なんてこった »

コメント

ツキヌキニンドウの 赤い花が可愛くて 枝を貰って 挿し木で育てたことがあります。
あれは赤と黄色の色で とっても可愛い感じでした。
忍冬って 白いんですね。それにペアになって咲く?赤いほうは そういう感じはなかったなぁ〜って覚えてるんですが。。。
冬を耐える。そして葉っぱの中ほどを 突き抜いて花が咲く。
なんだかそれを考えただけで 寄り添いたい気持ちです。

投稿: メーメー | 2016.05.19 17:08

★メーメーさん、
ツキヌキニンドウの写真を見ました。
花はペアでなく放射状にたくさん出ていましたね。
忍冬をニンドウと読み、それがスイカズラのこと
だなんて初めて知りました。いろいろ知れば知るほど
知らないことの多さに驚いています。

投稿: リプル | 2016.05.19 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しんゆり五行歌会(5月) | トップページ | なんてこった »