« キバナカタクリ | トップページ | 白内障の »

2016.04.10

至福のとき

P1080383_640x439

P1080389_640x472

土曜日の午後、帰りがけに新川の桜を見に寄ったら、土手も遊歩道も花びらずづくしで、思わず「ウォー」と声をあげてしまった。この世のものとは思えない美しさである。川面には絶え間なく花びらが流れてゆく。ときおり、花びらがひらひら舞う。

藤棚の下などでは花見の宴が開かれていたが、水辺の道には人影も少なくなっていた。少し曇っており、少し暗くなりかけていたので、散り敷いた桜の花びらの薄いピンクが際立つ。

そんな水辺でウクレレを弾いている人がいた。コードでジャンジャンやるのでなく、アルペジオでポロンポロンと優しい音色を楽しんでいる。ときどき、小鳥の声も加わって、あとはかすかなせせらぎの音。

桜の
花びらに
つつまれて
至福のときが
流れる


« キバナカタクリ | トップページ | 白内障の »

コメント

これまた贅沢な時間ですねぇ~
桜の花びらの絨毯
ウクレレを弾いている方もいて、現実離れした世界ですね。
こんな所でゆっくりしたら、生き返る気分ね。

投稿: まこ | 2016.04.11 19:38

うちの近くでは考えられません
こんな景色のすぐ横に
車渋滞
駐車場 いっぱい
お好み焼き屋の屋台の香り
何かにつけて 浮世の世知辛い世界が見えるんです。

投稿: メーメー | 2016.04.12 08:05

私はこんな風に桜を愛でたことがないなあ。
なんて気持ち良さそうなんでしょう。
寛ぎ方を教わったような気になりました。
それにしても美しい桜の絨毯ですね(^^♪

投稿: うきふね | 2016.04.12 11:53

★まこさん、

土と緑
水と石
桜の花びらを
敷きひろげて
春が暮れる

★メーメーさん、

浮き世の
暮らしがあってこそ
極楽が味わえる
あんがい彼も
憂さ晴らしなのかも

★うきふねさん、

花びらの
薄衣をひろげて
その美しさに
ただ
身をゆだねる

五行歌、うまいことまとまりまへん!

投稿: リプル | 2016.04.12 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナカタクリ | トップページ | 白内障の »