« せせらぎ館の桜 | トップページ | さくら祭り »

2016.04.03

『五行歌』誌・4月号投稿歌

自我は
捨てられない
その自我で
魂を
磨くのだ

水も食べ物も
欲しくなくなり
枯れるように
らくに逝けるらしいが
入院したら無理

生も日常
死も日常
と言う
樹木希林さんに
覚者を見る

てっぺんの髪が
だいぶ
薄くなってきた
床屋の鏡は
よく写る

故人は
剣道の先生で
豪傑だった
豪傑も死ぬ
人はみな死ぬ

玉突きは
メンタルなゲーム
となりの台に
美人が来たら
もう当たらない

« せせらぎ館の桜 | トップページ | さくら祭り »

コメント

お久しぶりです
本誌では、選んでいただいてありがとうございます。
近頃は仕事に追われ、また休日はガーデニングも気になり、バタバタとしていて五行歌のサイトを覗く暇もなく、
でも
元気にしてます、リプルさんもお元気そうでなによりです

これからは時々寄らせて頂きます

投稿: 美伊奈栖 | 2016.04.06 09:39

★美伊奈栖さん、
ご無沙汰しております。
二月号から歌評を書くことになりました。
トップは美伊奈栖さんの歌になりました。
歌評を書くためには「五行歌」誌をていねいに
読まなければなりません。けっこう大変ですが、
私なりにやっていくしかありません。
美伊奈栖ワールド、ドキドキします。

投稿: リプル | 2016.04.07 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せせらぎ館の桜 | トップページ | さくら祭り »