« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 春のめざめ »

2016.03.03

ひなまつり

P1070006_640x362

妻の初節句に
彫刻家の伯父が
贈ってくれた
お雛さま
今年も端座している

« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 春のめざめ »

コメント

このプックリ感がなんとも言えませんね。
そしてだんだん年季が入ってきた。。。笑 そんなにお歳ではないっか。

投稿: メーメー | 2016.03.03 17:53

彫られた雛人形初めて見ました・・・
後の屏風の絵も彫られているのでしょうか?
何ともいい感じで素敵ですね
お雛様は誰でも思い出深い物ですが
手づくりオリジナルのお雛様
一生の宝物ですね

投稿: エリザベス | 2016.03.03 20:06

とっても素敵なお雛様ですね。

伯父さま彫刻家だけあって、木彫りに色をつけ温かみがあります。
なんかホッとするお雛様です。
大事に飾って貰って、喜んでいるでしょう~

投稿: まこ | 2016.03.03 23:22

★メーメーさん、
そういえば、プックリしていますね。
おびなの雄々しさ、めびなのしとやかさが
いいでしょう。木割りも面白いでしょう。

★エリザベスさん、
後ろの屏風は貝を貼り付けた飾りです。
伯父がこれだけのものを彫るのにどれだけ
時間とエネルギー、いえ心を込めたかを
思うと、胸が熱くなります。
おっしゃる通り、妻の宝物です。

★まこさん、
七段飾りではないけれど、木彫りなので
素朴で、長持ちします。温かみがあるでしょう。
伯父の名は長谷川昴、103歳で逝去しました。

投稿: リプル | 2016.03.04 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「五行歌」誌・3月号投稿歌 | トップページ | 春のめざめ »