« 生きているだけで | トップページ | 霊が見えるなら »

2016.03.09

しんゆり五行歌会(3月)

すし詰めの                  有水(一席)
満員電車
いろんな顔が
おでんの具のように
個々の味がある

昼飯を食べながら       茗水(二席)
晩飯何にする?
いやはや
食べることの出来る幸せ
噛みしめよう

外人さんは日本語       熊田(ニ席)
「ワカラナ~イ」
「親切」って字
どうして
「親を切ると書くの?」

ねたみ              浅井(三席)
そねみ
ひがみ
洗い流したい
わたしの心の澱 (おり)
 

トランポリンの高い山     平田(三席)
何度試みても
登れない
低い山では
三歳男のプライドが

あれから五年         佳子
もう五年と言われ
まだまだ癒えぬ
被災地の傷跡
我に何が出来るか?

閉店の時が          宣義
遂にやって来た
お疲れさまと
自分に
言い聞かせたい

コンビニの           京子
おにぎり
裏のラベルを見て
添加物の多さに
びっくりぽん

沈丁花が            リプル
咲いているのに
ちっとも匂わない
罪だね
花粉症って

« 生きているだけで | トップページ | 霊が見えるなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きているだけで | トップページ | 霊が見えるなら »