« からだは | トップページ | はしゃぐメジロ »

2016.02.06

今日は初午

きょうは初午
伏見稲荷に神が降りた日
当番は
お稲荷さんのある家に
お神酒をついでまわる

わたしは仕事なので妻に初午の集まり(稲荷講)に行ってもらった。ニ月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされているそうだ。ただし、今日は新暦の初午で、旧暦だと3月13日になる。まだ一か月以上先のことだ。

午(うま)は、方位では南を、時間では正午を表わし、この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで陽光の力が最も強まる時。畑仕事を始めるにはいい頃だろう。

うちのほうでは、この日が丙午(ひのえうま)だと、初午は次の午の日に延期される。午は火でもあり、丙(火の兄)と重なると、天候が荒れると考えたらしい。丙午の年は火事が多いなどというが、あれと同じである。

農家が減り
稲荷講(初午)も
榛名講も
三峰講も
先細りぎみ

« からだは | トップページ | はしゃぐメジロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« からだは | トップページ | はしゃぐメジロ »