« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.29

神と人間

人間を
つくったのが

そう考えたのが
人間

| コメント (0)

2016.02.28

はしゃぐメジロ

Dsc_3632_640x425
五反田川の河津桜&はしゃぐメジロ

くねくね
にょきにょき
桜の蜜を吸う
メジロは
軟体動物

| コメント (0)

2016.02.27

五反田川の河津桜

P1060937_640x435

P1060945_640x480

P1060960_640x461

生田の五反田川の河津桜を見に行った。三田大橋の下手にその桜並木がある。ピークをやや過ぎているが、なかなか見ごたえがある。メジロやヒヨドリが飛び回って蜜を吸っていた。メジロは上から下から、からだのやわらかさを利用してアクロバットみたいな姿勢で蜜を吸っていた。

桜といえば
ソメイヨシノ
桜色といったら
河津ザクラ
とするか

| コメント (4)

2016.02.26

玉突きは

玉突きは
メンタルなゲーム
となりの台に
美人が来たら
もう当たらない

| コメント (4)

2016.02.25

つつじ山

P1060813_640x480

冬枯れの
つつじ山に
狂い咲きの
赤花を
いくつも見る

| コメント (2)

2016.02.24

梅の落ち着き

Dsc_3138_640x425

梅の花は
とても
落ち着いていて
そよ風ぐらいでは
なびかない

| コメント (5)

2016.02.23

つちふる

Photo_2

NHK俳句で知ったのだが、黄砂のことを霾(つちふる)といって、これが春の季語になるという。黄砂のことは大分むかしから記録があるようだ。霾という字はおそろしく難しいが、土が降るから「つちふる」というわけで、そのまんまである。俳句では、黄砂のことを黄沙と書くらしい。

春になるとモンゴルや中国北部に強風が吹いて、多量の砂塵が吹き上げられ、それが偏西風に乗って日本に飛んでくる。これが黄砂で、九州や関西では太陽さえかすむという。関東でも車の屋根に黄砂が積もることがある。春は花粉だの、PM2.5だの、黄砂だの、いろんなものが飛んでくる。暖かくなるのはいいが、ぜんぶがいいというわけにはいかない。

漢和辞典をひくと、雨かんむりの下の字は埋没の埋(まい)と同系の言葉で、「土や草を上からかぶせてうめる」という意味らしい。

俳句をやる人は霾(つちふる)という季語を知っているのだろうか。知らなければ、この字の入った句を鑑賞ができないことになる。そこへいくと、五行歌はらくだなあ。

土が降る
ぐらいならいいが
放射能が
飛んできたら
ただではすまない

| コメント (5)

2016.02.22

看板撤去

Sb今日、うちの看板を撤去してもらった。ビルが出来たころに作られた袖看板の枠をそのまま借りて利用していたが、下から見ても老朽化が進んでいるのがわかる。

足場は立てず、バケットつきのクレーン車を使って作業したので、2時間ほどで終了した。これで看板落下の心配はなくなり、ホッとした。大きな目印がなくなったので、階段の入口には分かりやすい案内板を貼り付けようと思う。

長いあいだ
風雨にさらされれば
ものは傷む
年をとったら
引き際が肝心だ

| コメント (4)

2016.02.21

梅園と野鳥

P1060809_640x480

日曜日の午後、自転車で生田緑地に行った。梅園はけっこう人が出ていて、おもいおもいに梅の花を楽しんでいた。梅の花にはメジロ来て、枝だから枝へ飛び移りながら、花の蜜を吸っていた。

Dsc_3036_640x467
メジロ

Dsc_2829_640x466
シロハラ

帰りがけに、アオジ、ヤマガラ、シロハラ、アオゲラ、コゲラ、コジュケイの家族などを見ることができた。藤棚の下にはカメラマンが数人いたが、鳥は来ないらしい。アオゲラの写真を撮れたのはラッキーだった。

Dsc_3312_640x463
アオゲラ(キツツキの仲間)

Dsc_3434_640x449
アオゲラ、木の陰で暗く、+3以上露出補正をしている

冬の
野鳥たちは
木の実や
虫を
いのちの糧とする

| コメント (4)

2016.02.20

ジャンプ高梨、女王奪回

Jump_2
W杯個人総合優勝の髙梨沙羅選手(19歳)

スキーの
ジャンプの
選手の心臓は
勇気のかたまりで
できているにちがいない

| コメント (2)

2016.02.19

ツグミ

Dsc_2968_640x489
鶫(つぐみ)

君ぐらい
姿勢のいい鳥は
いないんじゃないかな
つぐみくん
シャキッとするね

| コメント (0)

2016.02.18

だれが使うの?

P1060301_800x600
新幹線・特急指定席の券売機

登戸駅の緑の窓口の外に、新幹線の券売機がある。その前で、先輩の駅員が後輩に機械の使い方を説明していた。お客さんに聞かれたときに要領よく説明をするためだろう。私が「スイカの残高が少ないときは、現金を併用できるのですか」と聞くと、「一度スイカにチャージして、それで切符を買うことになります」という。スイカは最高2万円までチャージできるそうだ。

それにしても、この券売機は機能が多くてめまいを起こしそうだ。本日分、前売分、乗車券、自由席、指定席、回数券、定期券、「おとなの休日」などのとくとく切符、「踊り子号」などの新幹線以外の特急や、他車連絡切符、さらにはJR高速バスなどの切符も買える。

上には液晶画面があって、今後の新幹線の行先と発車時間、満席空席などの情報が絶えず流れている。コンピュータのおかげではあるが、こんな多機能な機械をだれが使いこなすのかと思う。

私が「すごい機械ですね。でも使いこなすのが大変そう」と駅員にいうと、「ええ、でも緑の窓口だけではさばききれなくなる時がありますから」と恐縮している。人件費の削減にもなるのだろう。しょっちゅう新幹線を使う人や、若い人なら、ひょいひょいと切符を買うのだろうと思いながら、私は機械のまえで立ち尽くした。

便利で不便な
スーパー券売機
私はまっすぐ
緑の窓口に
向かうだろう

| コメント (0)

2016.02.17

休みの日もいろいろある

朝は庭仕事
午後は床屋
夕方お通夜
休みの日も
いろいろある

落ち葉を
袋につめていると
ジョウビタキが
すれすれに飛んでくる
かわいいやつだ

下を向くと
てっぺんの髪が
だいぶ
薄くなってきた
床屋の鏡

故人は
剣道の先生で
豪傑だった
豪傑も死ぬ
人はみな死ぬ

| コメント (2)

2016.02.16

甘いだけより

甘いだけより
ほろ苦いぐらいの
ほうが好きだ
なんか奥行きが
あるような気がして

| コメント (0)

2016.02.15

ファミリーコンサート

P1060664_800x365

日曜の午後は、多摩川吹奏楽団のファミリーコンサートに行った。今回はわらべ唄や愛唱歌など親しみのある曲、ディズニーやレ・ミゼラブル、アニメのメドレー、それにドリフターズまで幅広い曲目が演奏された。「熊野古道の幻想」はなかなか聴きごたえがあった。

P1060719_800x424_2
フルートのソロ

P1060675_800x367
ディズニーのキャラクターに扮して

P1060799_800x377
ドリフのズンドコ節

前から5列目に座ったので、間近で音が聴け、楽団と一体になった感じがした。トランペットやフルート、オーボエのソロなどもいい。次回は8月7日(日)に定期演奏会をおこなうそうだ。外では春一番が吹いた。

自分が楽しんで
それを
ひとが喜んでくれる
これって
最高じゃない?

| コメント (0)

2016.02.14

バレンタイン

バレンタインの
意味など
知らないが
もらえるものは
もらっておこう

カカオの
ポリフェノールは
抗酸化作用が強い
とかなんとか
いうから

| コメント (2)

2016.02.13

気にしない

みんな
自分がどう見られるか
気にしている
他人のことなど           他人:ひと
気にするヒマがない

| コメント (8)

ブラスの響き

あしたの日曜日は、多摩市民館でブラスの響きを楽しんでみては?
多摩吹(たますい:多摩川吹奏楽団)は、毎回趣向をこらしてプログラムを組んでいる。好きこそものの上手なれで、アマチュアとはいえ、みんなうまい。冬はファミリーコンサートなので知っている曲も多い。われわれも欠かさず行っている。

Famicon2016

| コメント (0)

2016.02.12

ライオンバス

11日の午後、天気がいいので多摩動物園に行った。自転車で京王稲田堤まで7分、そこから多摩センターまで12分ほど。多摩モノレールに乗り換えて、四つ目の駅が多摩動物園だから近い。ただ、ここはうちと同じく水曜が定休日なので、われわれは祭日しか行けない。今回はアフリカ園に行って、ライオンバスに乗ってみた。初めてだ。

P1060325_640x480
間近で見るライオンは迫力満点

P1060475_640x473
バスの窓を舐めるメスライオン

P1060462_640x420

多摩動物園はほとんどの動物が檻に入れられることなく、ひろいスペースに放し飼いされているのがいい。都心の上野動物園ではこうはいかない。

P1060385_640x480
キリン、シマウマ、オリックス、ペリカン、ダチョウ♀が同居している

P1060574_640x473
チーターーは檻の中だが、走りまわることができる

P1060591_640x480
この辺は寒い。ライオンバスは3月いっぱいで終了するらしい。

P1060596_640x480
3時間あまり遊んだが、坂が多いのでいい運動になる。

週末や祭日は少し混むが、ボランティアのガイドさんがたくさんいて、いろんな話を聞ける。。ぜんぶを見ようとせず、何回かに分けて行くといい。

| コメント (2)

2016.02.11

第六天神さま

P1060322_640x435
小田急栗平駅から冠雪の富士をのぞむ

お供えを盛り
第六天神感謝祭の
祝詞を読み上げる     祝詞:のりと
お日様の光が
背中にあたたかい

| コメント (2)

2016.02.10

しんゆり五行歌会(2月)

笑顔と                      高岡(一席)
褒め言葉は
最高の贈物
一生の
宝物になることもある

道沿いの梅の木                浅井(二席)
ほら 蕾がほころび始めたよ
ねえ 君たち
スマホから
顔上げようよ

「やばくね?」                  茗水(三席)
良いのか
良くないのか
どっちなんだ?
やばくね?

人には誰でも                  早川(四席)
迷いはある
それを如何に
焦らず判断し
処理するかに掛っている

この一瞬                     有水
この一瞬に
命が迫る
救急車の音
寝床で聞く

お味噌に                     京子
しょうゆに
酒にと
変われる
米ってすごい

旧暦では                     リプル
いまがお正月、
梅の花も香り
心から初春の慶びを
申し上げます

| コメント (0)

2016.02.09

笹にウグイス

Dsc_2666_640x466
2016.2.8@生田緑地

ヂッヂッと
声はすれども
姿は見えず
ウグイスを撮れたのは

| コメント (4)

2016.02.08

今日は元日

Fukitou
フキノトウ

陰暦では
今日が元日、
賀春という
挨拶が
しっくり来る

| コメント (3)

2016.02.07

はしゃぐメジロ

Dsc_2506_640x487

三次元を
自在に舞い
縦の枝も
ピタリと決める
目白くん

| コメント (0)

2016.02.06

今日は初午

きょうは初午
伏見稲荷に神が降りた日
当番は
お稲荷さんのある家に
お神酒をついでまわる

わたしは仕事なので妻に初午の集まり(稲荷講)に行ってもらった。ニ月の最初の午の日は、一年のうちで最も運気の高まる日とされているそうだ。ただし、今日は新暦の初午で、旧暦だと3月13日になる。まだ一か月以上先のことだ。

午(うま)は、方位では南を、時間では正午を表わし、この時間は太陽が最も高く上がり、一日のうちで陽光の力が最も強まる時。畑仕事を始めるにはいい頃だろう。

うちのほうでは、この日が丙午(ひのえうま)だと、初午は次の午の日に延期される。午は火でもあり、丙(火の兄)と重なると、天候が荒れると考えたらしい。丙午の年は火事が多いなどというが、あれと同じである。

農家が減り
稲荷講(初午)も
榛名講も
三峰講も
先細りぎみ

| コメント (0)

2016.02.05

からだは

からだは
からだのことを
本人より
はるかによく
知っている

your body
knows about
your body
far better than
you do.

| コメント (4)

2016.02.04

恵方巻?

P1060296_640x480

スーパーは
どこも恵方巻の山
いつから
こんなことに
なっちゃったんだ

大阪の
海苔問屋と
寿司組合の陰謀らしい
それにコンビニが
便乗したとか

ちなみに、うちは太巻きなどかじらない。
きのうは辛味大根の日本蕎麦を食べた。

| コメント (8)

2016.02.03

カステラと節分

P1060290_640x460

長崎に引っ越した患者さんが一時帰省し、治療にみえた。おみやげには定番のカステラ。「松翁軒」の抹茶カステラで、漢字で「碾茶(ひきちゃ)南蛮菓子」と書いてある。カステラに宇治の玉露を混ぜてあるらしい。これが実にうまい。老舗の手づくりの味が、抹茶の香りとともに口にひろがる。

今日は2月3日で、節分。節分といえば、豆まきだ。夕方、玄関と勝手口で「福は内、福は内、鬼は外」と叫んだ。以前は全部屋の窓、それにトイレや風呂場の窓も開け放って豆をまいたが、今年は略式にした。

節分の豆を
七粒食べて
よしとする
68粒も食べたら
歯を傷める

| コメント (2)

2016.02.02

2月号投稿歌:五行歌誌

桜の古木が
アスファルトを
持ち上げている
波打つ歩道を
そっと踏みゆく

面倒な仕事も
始めれば必ず
終りが来る
そう思ってやると
案外らくだ

おでんは
混浴
美人が
うまいとは
限らない

キリスト教徒です
エセですが、
と微笑んだ人が
なんとなく
好きになる

瞑想していたら
死んだ人に
たくさん会った
あの世とこの世の境は
本当に襖一枚だ

ものが
少なくなると
こころが
軽くなる
生きるコツだろう

| コメント (4)

2016.02.01

豆まき(五反田神社)

P1060242_800x575
年男年女や議員さんたちが豆を撒く

P1060157_800x557
なかなか取れないが、あとで福袋が出る

節分は2月3日だが、平日では子供たちが来れないので、生田の五反田神社では日曜日午後1時から豆まきが行われた。中野島神社でも午後4時ごろから行われたらしい。登戸神社では来週の日曜日にやるそうだ。もちろん、大きな寺や神社では2月3日の日に行われるという。五反田では「鬼は外」がなくて、「福は内、福は内」とだけやった。鬼はいないということらしい。

帰りに大きな福袋をいただいた。申年の撒き手や来賓の接待など、お世話する人は忙しそうだった。節分は水曜日なので、どこかの豆まきにでも行ってみたくなった。鬼除けヒイラギの枝に鰯の頭を刺すほうは、ほとんど見ない。ニンニクでドラキュラを寄せ付けないのと同じだが、だれもが迷信だと思うようになったからだろう。

| コメント (4)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »