« 重たい雪 | トップページ | おいでなすったな! »

2016.01.19

赤福

妻の伊勢みやげ、定番の「あかふく」

伊勢みやげの
赤福餅を
一口食せば
毎年通っていた頃を
思い出す

こしあんは
五十鈴川の
せせらぎ
餅は
小石とか

宿はいつも
二見が浦
あそこには
御福餅が
あったなあ


« 重たい雪 | トップページ | おいでなすったな! »

コメント

「妻の伊勢みやげ」というと、奥さまだけが
伊勢参りをなさったのですね。
私は今回は赤福餅を購入しませんでした。
母も居ないしと思いましたが、お供えに
買ってくれば良かったと思いました。
お手製の美しいお餅ですよね。
御福餅は初耳です^^

投稿: うきふね | 2016.01.20 08:32

伊勢神宮をお参りして・・・
さて、どっちが先だったか?忘れましたが 笑
赤福さんのある おかげ横丁をチンタラ歩く。
その時間が目いっぱい使ってあるので
二見が浦でお泊まりとなると お宿だけだったのでは?
私も 14年に行ってきましたが 二見浦の町の夕方が早いこと!早いこと!
お店が 夕暮れ6時頃で全て閉まってました。
観光客相手なんでしょうねぇ。。。
そりゃ お伊勢さんに夕方行く人は少ないかも・・・って。
けど、朝は早く 二見浦の夫婦岩近くで 水行をされる女性がいっぱいおられたのに驚きました。
松林の向こう 砂浜がずっと続いて そこを裾から雫を落として
足早に去っていく女性って 絵になってたこと 懐かしいです。

投稿: メーメー | 2016.01.20 09:25

★うきふねさん、
近所に不動講があって、行ってもらいました。
赤福は以前、賞味期限を偽ったとかで事件に
なりましたが、老舗のつよみは健在ですね。
鎌倉の豊島屋の鳩サブレみたい二見の御福
は包装が赤福とうりふたつです。そっちの
ほうがうまいという人もいます。(^-^)

投稿: リプル | 2016.01.21 15:05

★メーメーさん、
昔は伊勢まで遠かったけれど、いまは高速道路が
整備されて近くになりました。宿は鳥羽が多く、
二見はさびれてしまいました。夏の海水浴シーズン
にがんばっているようです。
夫婦岩で水行ですか。それはすごいな。
もっともその先には海女が活躍する志摩があり
ますね。伊勢神宮はありがたいところですね。

投稿: リプル | 2016.01.21 15:09

今日私んちでもご近所からお土産に赤福をいただきました。

お伊勢参りのお土産は赤福餅で決まりッ!

投稿: 魚衆 | 2016.01.21 22:26

★魚衆さん、
あんこの盛り付けぐあい、目でも楽しめますね。

投稿: リプル | 2016.01.22 11:22

一時期は赤福も色々ありましたが、やっぱりお伊勢さんのお土産は赤福を買いますよね?

投稿: エノコロ | 2016.01.22 21:23

★エノコロさん、
赤子のように清き心を持って福を呼びましょう。
そんなような意味でつけられた名と記憶しています。

投稿: リプル | 2016.01.23 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重たい雪 | トップページ | おいでなすったな! »