« 中野島稲荷神社お祭り | トップページ | 巫女さんは中学生 »

2015.10.12

日本民家園

P1040221_640x460

P1040233_640x479
刈り上げのお供え

12日は、体育の日。自転車で生田緑地に行き、日本民家園、岡本太郎美術館、野鳥観察小屋などを歩き回った。さわやかな秋の日で、人もたくさん出ていた。

民家園を見て歩くと、昔の人の苦労が偲ばれる。重機も使わずに巨大な家を建て、電気もガスもない中で暑さ寒さをしのぎ、貧しい生活に耐え抜く。からだを粉にして働いたにちがいない。まったく頭が下がる。

野鳥観察小屋ではキツツキのアオゲラがあんがい近くで観察できた。最初はドラミングだけだったが、そのうちに姿を現し、一生懸命エサを探していた。物知りのカメラマンに、渡りの途中のトラツグミやアカハラなどを見たことを聞く。ガビチョウがいろんな鳥の鳴き真似をすることも知った。

古民家は
われわれの
ルーツを知り
再認識する
大切な場所

井戸汲み
薪割り
野良仕事
大家族の暮らしは
今のブータン

« 中野島稲荷神社お祭り | トップページ | 巫女さんは中学生 »

コメント

初めてコメントします。
古民家の中に入ると気分が落ち着くのはなんででしょうか?

投稿: 悪官兵衛 | 2015.10.13 16:22

★悪官兵衛さん、
コメントありがとうございます。
わたしたちが育った時代に帰ることが
できるからではないでしょうか。

投稿: リプル | 2015.10.15 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中野島稲荷神社お祭り | トップページ | 巫女さんは中学生 »