« 倒れそうで倒れない | トップページ | 白い彼岸花 »

2015.09.19

鍼灸治療で体温が上がる

脳梗塞の後遺症で右半身に軽いマヒのある患者さんが、鍼灸(しんきゅう)治療に通っている。もう7年ぐらいになるだろうか。右手は軽いマヒだったので今ではかなり力が入るようになったが、右足はマヒが残っていて膝が心もとない。それでも治療したあとは、ずいぶんらくになるようだ。脳に原因があるだけに、保存療法的な治療になるのはやむをえない。

その患者さんは、「はり治療をするようになってから、だいぶ体温が上がったと思います。35.5度ぐらいだったのが、今では36.5度ぐらいですから、少なくても1度以上は上がりました」という。鍼灸治療をすると基礎代謝が上がり、血行がよくなるから、体温が上がるというケースは少なくない。

体温が低い患者さんは、はじめのうち「少し寒いので何か掛けてください」なんて言っているが、だんだん平気になる。そのうち風邪もひかなくなる。血行がよくなって平熱が高くなるからだ。体温が上がれば抵抗力がつく。細菌やウイルスが体に入ってきても、白血球やリンパ球がやっつけてくれる。

このところ秋の長雨がつづき、気温も低いので、夜は布団を掛けて寝ている。「暑さ寒さも彼岸まで」というが、彼岸を待たずに寒さが来てしまった。そのせいか、いま風邪をひいている人がけっこう多いようだ。しかし、この患者さんは「鍼灸をやってもらうようになってから、ほとんど風邪をひくということがなくなりました」と言っている。

からだを
温めると
血行がよくなり
風邪を
ひかなくなる

« 倒れそうで倒れない | トップページ | 白い彼岸花 »

コメント

先生、今晩は。

ワタクシも、先生に治療して頂いてから、35.数度の体温が、36度付近まで上昇しました、、、^^。懐は別ですが、心も暖かくなったと自負しております(^^ゞ

投稿: 植木康夫 | 2015.09.24 22:15

★植木康夫さん、
体温が上がると風邪もひかなくなりますね。
引いてもワッと熱が出てすぐ治っちゃう。
抵抗力がつきますね。心もあたたかくなる、
これ最高!

投稿: リプル | 2015.09.25 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倒れそうで倒れない | トップページ | 白い彼岸花 »