« 床屋さん | トップページ | キンモクセイ »

2015.09.24

彼岸の中日

Ohagi

お彼岸には
欠かさず
おはぎを作る妻
たのしそうなのが
いい

お持たせは
その場で開けて
みんなで
ワイワイ言いながら
いただく

昔のこと
最近のこと
話に花が咲き
知らぬまに
陽がかたむく

この5連休は
シルバーウィークとか
そういえば
敬老の日も
入っている

« 床屋さん | トップページ | キンモクセイ »

コメント

懐かしい光景です。
姑は 春の彼岸 秋の彼岸 ぼた餅とおはぎ 絶対作ってました。
それも、いっぱい、いっぱいこ!
でもねぇ・・・・
何パックも作っても・・・・
「これ、あそこへ持ってってぇ・・・」
「多いのは、あっちへ持ってって あの子好きやから」
ええっ? 家にも子供はいるんですけど。。。。
「一つづつあったらええやろ」って。
テーブルにずらっと並んだ まるでお店やさんみたいなおはぎ
全て親戚へ 私が持っていく役。
昔の人って みんなそんなような気がします。作ってやれる事が嬉しかったんでしょうけど。
時として 姑の分と 私の分は 数に入ってなかったような。。。笑
女はそんなもんや!って 姑に教えてもらいました。
良い出来は人様に 
失敗作が?・・・たまに残ったら? 口に入るだけ 笑
腹の立つ時期もあったけど 今は私が同じ事 実践しています。笑

投稿: メーメー | 2015.09.24 17:58

お彼岸と言えばおはぎ、昔はよく作りました。
家で作った物はその家の好みのに作りますので美味しいですね。

奥様は何時も気まめで宜しいですね。


投稿: tama | 2015.09.25 09:59

★メーメーさん、
はじめのころは、でっかいのを作っていましたが
最近では店で売ってるようなサイズになりました。
味は売ってるようなわけにはいきませんが、
手づくりのほんわかさが人気です。
やはり、お客さんたちにお土産に持たせます。
もう30年以上、春と秋に作っていますから、
何千個と作ってきたことになります。
はい、もう頭が上がりません。

投稿: リプル | 2015.09.25 11:10

★tamaさん、
いまの人たちは普段から美味しいものを食べて
いるので、おはぎなんてという人も少なくない
けれど、やはり手づくりのものはいいですね。

投稿: リプル | 2015.09.25 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 床屋さん | トップページ | キンモクセイ »