« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015.09.30

箱根湯寮

P1030946_640x480
箱根湯本駅ホーム

定休日、箱根の日帰り温泉に行った。知人から、「ヒメシャラの湯」のあとにできた「箱根湯寮」がいいと聞いたので、ネットで下調べをして出かけた。箱根湯本駅から15分おきぐらいに無料のマイクロバスが出ているので便利だ。

大浴場は40℃弱ぐらいだったので、わたしにはちょうどいい。露天風呂のほうは林に囲まれて、なお快適だった。熱いのが好きな人は、フィンランドサウナもある。休憩所も広くて、ゆっくりできた。大涌谷の噴煙が強くなってから、ロープウェイも止まり、箱根は観光客がだいぶ減ってしまったらしい。平日とはいえ、湯本の街も人影がまばらだった。

http://www.hakoneyuryo.jp/

風呂につかると
ホッとする
子宮のなかの
感覚を
思い出すからだろうか

| コメント (2)

2015.09.29

多摩川の釣り人

P1030889_640x480

多摩川に
釣り糸を垂れて
じっと魚を待つ人
夕べのスーパームーンは
見ただろうか

| コメント (2)

フォルクスワーゲン

あのフォルクスワーゲンが?
あの勤勉実直なドイツ人が?
ほんとかよ!
日本車はだいじょうぶかな?
日本人はだいじょうぶかな?

| コメント (4)

2015.09.28

五行歌横浜大会2

P1030801_640x446_2
全国五行歌大会 in Kanagawa (新横浜国際ホテル)

P1030804_640x479
表彰される一席の中崎あや子さん

小歌会用の私の作品↓

草を取っていると
セキレイが遊びに来る
こっちもひとり
あっちもひとり
話は尽きない

◆けさの読売新聞に全国五行歌大会の記事が載っていた。
身近な出来事や心境を五行でつづる五行歌の全国大会が27日、横浜市港北区の新横浜国際ホテルで行われ、約250人が参加した。五行歌の会(草壁焔太主宰)の主催で今年で25回目。この日は互いの歌を採点する小歌会や事前に応募した作品の表彰式が行われた。
 最優秀賞の「1席」には、病気療養のため老人ホームに入った知人から、住所のないあいさつ状が届いたことを詠んだ大和市深見台の主婦中崎あや子さん(72)の作品。中崎さんは「人間関係がなくなってしまう切なさを詠んだ。これからも自分の思いを歌にしていきたい」と話した。2015.9.28

古文の知識も
季語の知識も
いらない
さあ
心のままを歌おう

P1030824_640x480
来年は北九州の予定。懇親会で意気込みを語る九州のうたびとたち

| コメント (2)

2015.09.27

五行歌横浜大会

P1030780_640x489

9月27日(日)、新横浜国際ホテルで「第25回五行歌全国大会」が開催された。参加者は250人だから、かなり盛大である。神奈川県の五行歌人が中心になって運営をしたのだが、私たちの「しんゆり五行歌会」はほとんどお手伝いらしいことができなかった。参加者も3名のみだ。

草壁主宰の講演のあと、参加者全員の紹介、小歌会、表彰式と講評など、プログラムがすすむ。途中、ブルーライトヨコハマのメロディーにのせて体操を行ったのが横浜らしい。

歌会のあとは懇親会。懇親会では、月刊誌『五行歌』で名前を知っている人を確認して歩いた。名前は知っているが、誰が誰だか分からない人が多かったから。自分を紹介しながら勇気を出して声をかけ、そう30~40人ぐらい新しい人と知り合いになったように思う。

しんゆり五行歌会だけでなく、他の歌会にも顔を出す必要があるようだ。歌会ごとに雰囲気がちがうだろうし、歌の傾向などもちがうだろう。人との出会いもたのしい。あちこちの歌会から誘われたので、機会をつくって出かけてみたい。

255首の歌から選ばれた一席は、中崎あや子さんの作品だった。

  病気療養のため
  新たな地で頑張ると
  住所のない挨拶状
  関わりのはしご外した
  老いの断ち方

私の歌は恥ずかしいほど軽く、共感度は中ぐらいだったろうか。

  いったい
  どうやって
  畳まれていたのだろう
  考えると眠れなくなる
  曼珠沙華の花

| コメント (4)

2015.09.26

リコネクティヴ・ヒーリング

万物はエネルギーである。原子の運動も、天体の運動も、物質そのものもエネルギーである。宇宙にはそのもっとも根源的な、包括的なエネルギーというのがあって、常に万物を最善の方向に持って行く力があるらしい。人間もそのエネルギーとつながると、からだや心、仕事や環境などが最適な方向にむかうという。

Childs
エリック・パール氏@ケルンのセミナー(2014)

古代人はそのエネルギーと結ばれていたが、あるとき何らかの理由で切断されてしまったらしい。リコネクティヴ・ヒーリングの提唱者であるエリック・パール氏は偶然、そのエネルギーと再結合(リコネクション)する方法を発見し、そのエネルギーとつながることで、病気を治したり、難題を解決していこうとしている。

妻はそのセミナーを受講しているので、ときどき私にリコネクティヴ・ヒーリングを行ってくれる。見た目では何をやっているかわからないほどシンプルな方法である。

リコネクティヴ・ヒーリングを受けると、私のからだはよく不随意運動を起こす。からだがピクピク動いたり、手足が揺れたり、顔をしかめたり、溜息をついたり、それはそれはいろんな動きが起こる。ときには背中をのけ反らせることもあるし、足をばたつかせることもある。まったく自分の意志とは無関係に動くから不思議である。

瞑想は坐して呼吸に意識を集中しなければならないが、リコネクティヴ・ヒーリングをひとりでやる場合は、からだを投げ出して脱力し、微細な感覚を観察するだけでいい。すると、いろんな不随意運動がはじまる。時として、深い瞑想状態に入ったような感じにもなる。ともに宇宙の根源的なエネルギーと触れるという意味では似ているのだろう。

そんなことが
起こるわけがないと
懐疑的な私も
だんだん堀を
埋められつつある

→リコネクション公式HP(英語)

| コメント (2)

2015.09.25

キンモクセイ

P1030771_640x480_2

キンモクセイの
匂いがする
どこかな?
ああ
ここだったのか

そうだ
今日は
金木犀という
漢字を
覚えよう

| コメント (2)

2015.09.24

彼岸の中日

Ohagi

お彼岸には
欠かさず
おはぎを作る妻
たのしそうなのが
いい

お持たせは
その場で開けて
みんなで
ワイワイ言いながら
いただく

昔のこと
最近のこと
話に花が咲き
知らぬまに
陽がかたむく

この5連休は
シルバーウィークとか
そういえば
敬老の日も
入っている

| コメント (4)

2015.09.23

床屋さん

散髪に
行きそびれて
髪がボッサボサ
いざ
大変身だ

白髪ぼかしを
すすめられて
毎回やってもらう
ま、身だしなみを
調えるということで

他店で修行中の
息子が彼女をつれて
立ち寄った
そのときの母親の
笑顔ときたらない

| コメント (2)

2015.09.22

モズ叫ぶ

キーキッキッキッ
天を引き裂くような
モズの雄たけび
目の前の
ケヤキの天辺だ

おととい
モズの初鳴きを
聞いたが
それにしても
早い

このところ
涼しかったので
もう10月あたりと
勘違いして
いるのだろうか

| コメント (0)

2015.09.21

お墓参り

P1030745_640x480

きのうは
寿福寺へ
きょうは
泉澤寺へ
連日墓参り

お墓参りをすると
気持ちがいい
亡くなった方たちと
どこか
通じ合うようで

| コメント (2)

2015.09.20

白い彼岸花

P1030647_640x450

P1030649_640x478

彼岸花は
なんといっても
赤だが
白もいい
黄色もおもしろい

| コメント (4)

2015.09.19

鍼灸治療で体温が上がる

脳梗塞の後遺症で右半身に軽いマヒのある患者さんが、鍼灸(しんきゅう)治療に通っている。もう7年ぐらいになるだろうか。右手は軽いマヒだったので今ではかなり力が入るようになったが、右足はマヒが残っていて膝が心もとない。それでも治療したあとは、ずいぶんらくになるようだ。脳に原因があるだけに、保存療法的な治療になるのはやむをえない。

その患者さんは、「はり治療をするようになってから、だいぶ体温が上がったと思います。35.5度ぐらいだったのが、今では36.5度ぐらいですから、少なくても1度以上は上がりました」という。鍼灸治療をすると基礎代謝が上がり、血行がよくなるから、体温が上がるというケースは少なくない。

体温が低い患者さんは、はじめのうち「少し寒いので何か掛けてください」なんて言っているが、だんだん平気になる。そのうち風邪もひかなくなる。血行がよくなって平熱が高くなるからだ。体温が上がれば抵抗力がつく。細菌やウイルスが体に入ってきても、白血球やリンパ球がやっつけてくれる。

このところ秋の長雨がつづき、気温も低いので、夜は布団を掛けて寝ている。「暑さ寒さも彼岸まで」というが、彼岸を待たずに寒さが来てしまった。そのせいか、いま風邪をひいている人がけっこう多いようだ。しかし、この患者さんは「鍼灸をやってもらうようになってから、ほとんど風邪をひくということがなくなりました」と言っている。

からだを
温めると
血行がよくなり
風邪を
ひかなくなる

| コメント (2)

2015.09.18

倒れそうで倒れない

女子高生だろうか、電車の中で前の座席の子が居眠りをしている。右手にスマホ、左手にジュースを持って、右に傾いたり、左に傾いたりしている。最初は隣りに中年の女性がいたが、ぶつかってくるのを嫌って席を移ってしまった。もしかすると、ジュースがこぼれるのではないかと心配したのかもしれない。

寄りかかる人がいなくなると、女の子傾きはさらに大きくなった。ほとんど座席に上半身がつきそうになるが、けっして倒れ込むことはない。なんとか無意識に起き上がってくるのである。そしてまた右に、あるいは左に倒れかかる。よほど疲れているのだろう。私にもこんな時があったなと懐かしく思った。

よほど
疲れているのだろう
女子高生が
電車の座席で
右に左に大きく傾いていく

| コメント (6)

2015.09.17

彼岸花

P1030651_640x480

彼岸花が
咲き始めた
お中日あたりは
満開だろう
律儀なやつだ

| コメント (0)

2015.09.16

お宮参り

P1030656_640x471
お宮参りと七五三(八王子・子安神社)

七五三や
お宮参りの
参拝者と出遭う
今日は
大安だったのか

| コメント (0)

2015.09.15

栗割れる

P1030604_640x484

イガにまもられて
育った三人きょうだい
これからは

別れ別れになるね
いつかまた会おう

| コメント (2)

阿蘇山の噴火

011
9月14日午前、阿蘇中岳噴火

100年周期の
火山活動期に
入ったらしい
しばらくは
落ち着かないな

| コメント (2)

2015.09.14

ニラの花

P1030626_640x479

ニラの花は
丸い花びらと
尖った花びらが
三枚ずつで六弁だった
今日の発見

| コメント (2)

2015.09.13

ヒガンバナの蕾

P1030602_640x480

とつぜん
茎を伸ばし
蕾をつけた彼岸花
遠く祭囃子が
聞こえる

| コメント (2)

2015.09.12

グラリ! 震度5弱

お祭りの準備があるので、朝6時ごろ下におりて新聞を読んでいたら、地震が来た。だんだん揺れが大きくなり、台所でなにか落ちる音がした。数秒後には収まったが、震度4以上あったような感じだ。大きな揺れだった。

テレビをつけると、調布市が震度5弱で、あとは東京、神奈川、埼玉、千葉などが、のきなみ震度4を記録している。震源地は東京湾で、川崎港あたりに×点がついていた。うちは川崎市多摩区で多摩川をはさんで調布市とは隣になる。震源が東京湾だから、うちのあたりも震度5弱ぐらいはあったと思う。

治療室に来てみると、神棚のコップの水が半分になっている。地震でこぼれたらしい。高層住宅などでは大きく揺れたに違いない。電車も一時はすべて止まっていたが、点検後うごきだした。大雨で地盤が緩んでいるところへの地震なのでがけ崩れなどがないか気になる。

ユサッ
ユサリ
地震だ!
大きいぞ

・・・・・・・

| コメント (3)

2015.09.11

TPO

出逢ったばかりの
女性の手を握り
背中を抱き寄せても
怒られない
シャル・ウィ・ダンス?

| コメント (4)

2015.09.10

鬼怒川決壊

Ja
鬼怒川(左)決壊する

P1030587_640x423
多摩川の河川敷も水が

台風18号の影響で、関東もあちこちで洪水などの被害が出ている。鬼怒川も決壊したという。昼休みに多摩川を見てきたが、こちらも濁流が少し減ったようだが河川敷の一部まで水が来ていたようで、草がなぎ倒されている。狛江側の運動場は無事だったらしい。

天候の
極端化が
止まらない
つぎは
なんだ!

| コメント (0)

2015.09.09

しんゆり五行歌会(9月)

P1030577_640x428

台風18号が知多半島に上陸し、秋雨前線を刺激して、関東もかなりの雨が降った。歌会の最中もときどき強い雨が窓を叩いた。それでも出席者は12人。たのしい歌会だった。帰るころにはお日様が顔を出し、きれいな虹を見ることができた。

うたは                   高岡(一席)
人間を描かなくてはいけない
人間の本当の姿を描けば
人の心を
つかめる

遠足の集合写真に           宣義(二席)
どこか似ていて
ひとつ
よそ見をしている
ヒマワリがいる

列車の窓から               リプル(三席)
マスカットなんか
買ってしまった中三の私
美人の売り子と
握手がしたいばかりに

デザインは                 茗水
創造性が

一寸の真似は
自分の命にかかわる

絵手紙に                  有水
切手一枚
選んで
残暑
迎へる

都市を造り                 澤田
そこに大勢が
移り住むようになって
人類は 間違いなく
不幸になった

団体ツアーの                熊田
時間の追立てもなく
自分でその街角の
曲がった先に何がある?
そんな旅がしたい

急な                      京子
夏の終わりを
告げるように
せっかちに鳴く
ツクツクボウシ

| コメント (0)

2015.09.08

夏川りみ&布施明

9月8日、東京フォーラムに行き、「布施明・夏川りみジョイントコンサート」を聴いた。

オープニングは夏川りみの「花」だ。1番はアカペラだったので、彼女の澄んだ透る声に魅了された。手話を織り込んでいて説得力があった。島唄、なだそうそう、こちらは沖縄の蛇皮線(三線サンシン)を弾きながら、しっとりと聴かせる。子守唄をひとつ唄ったあと、有名な沖縄民謡のところでは観客に「♪マタハーリヌチンダラカヌシャマヨー♪」の手振りを教えて盛り上がった。

https://www.youtube.com/watch?v=p-gmKHK2VPs

布施明は、ヒット曲「君は薔薇より美しい」「霧の摩周湖」「シクラメンのかほり」を歌い、それからはおしゃべり。祖母が岩手なので東北に親戚が多いとか。そこで、こちらもアカペラで「新相馬節」を披露したが、これは圧巻だった。喉を大切にしているのだろう、68歳になったというのに声量が衰えないのはりっぱ。

https://www.youtube.com/watch?v=y4-m4tOwgNA

| コメント (0)

2015.09.07

盛り上がる歩道

アスファルトに
ヒビがはいり
盛り上がる歩道
桜の古木は
怒っているのだ

| コメント (4)

2015.09.06

猛暑に冷夏

猛暑に
冷夏ときた
空も
帳尻を
合わせているらしい

| コメント (3)

2015.09.05

登戸神社お祭り

P1030524_640x480

P1030508_640x450

P1030512_640x480

9月第一日曜は、登戸神社の秋祭り。今日は宵宮で午後7時ごろお参りに行った。ここは出店が100あまり並び、とてもにぎやかだ。世田谷町田線の拡幅工事が行われているが、神社の周辺は空間が増えたので、余裕ができた。雨が心配されたが、ときどきポツリポツリとくる程度だった。

金魚すくい
破れた紙を
うらめしそうに
見つめている
女の子

| コメント (3)

2015.09.04

涙もろい

年をとると
涙もろくなるという
酸いも甘いも
噛み分けてきたから
だろう

| コメント (4)

2015.09.03

五行歌誌・9月号投稿歌

イルカ漁が
残酷だなんて
ビフテキ
喰らう連中に
言われたくない

オクラの花の
色っぽいこと
一度
ねばねばに
されてみたい

揚げナスの
鮮烈な
紫紺
生姜をのせて

スーパーや
コンビニに
押されて
昭和の街が
消えて行く

府中街道沿いに
迷彩服が
直立して並ぶ
ああ
プラタナスでよかった

小さな子が
蟻の行列を
踏んづけている
わたしも
同じことをしていた


人気ブログランキングへ

| コメント (2)

2015.09.02

車載カメラ

車の点検で、カローラ店に行った。そのとき担当の人に、ドライビングレコーダーを付けるようすすめられた。ドライビングレコーダーというから昔のタコメーターみたいなものかと思ったら、車載カメラのことだった。事故が起きたとき、その様子を録画しておけるという。

Comt_2 ドライビングレコーダー

最近は遠くへ行くこともないし、若い時のように無理な運転をすることはなくなったから、必要ないと思ったが、事故はこちらが注意していても向こうからくることがあると言われると考えてしまう。GPS機能のつかないものなら税込で3万円以下だといので、付けてもらうことにした。

先日、見通しの悪い交差点で左から来た自転車にぶつかりそうになったことがあった。スマホをやりながら自転車に乗っている奴もいるので危ない。認知症の人にぶつかる可能性もある。万一事故が起きたとき、その瞬間を録画したものがあれば証拠になる。

ドライビングレコーダーのカメラは小さいし、ルームミラーの左直前のフロントグラスに付けるので、運転席からはほとんど見えない。SDカードに8時間録画し、あとは古いものから消去していく。便利なものである。タクシーなどもこれを搭載しているものが多いらしい。

防犯カメラが
事件を解決することが
多くなった
ひょっとすると
車載カメラも

| コメント (2)

2015.09.01

仙人草

P1030502_640x483
センニンソウ

枡形神社にお参りをした帰り、小田急線の踏切近くでかわいい花を見つけた。4弁の白い細い花びらが目を引く。まだ咲き始めのようだ。ネットで調べると、どうやらセンニンソウという花らしい。

センニンソウはクレマチスの仲間で、花が終わると実のまわりにヒゲのようなものが出て、それが仙人みたいに見えるらしい。クレマチスはふつう6弁か8弁だが、こちらは4弁なのが珍しい。ウマクワズという別名もある。有毒なので馬も喰わないという意味らしい。

P1030504_640x486
ギンナン

登戸神社のほうではイチョウの木に早くもギンナンがなっていた。けっこう早くから実をつけているのだ。登戸神社はこんどの日曜日がお祭り、枡形神社はその翌週がお祭りで、多摩区はお祭りシーズンにはいる。

猛暑だ
秋の長雨だと
人間は騒ぐが
植物は
黙々と生きる

| コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »