« 35℃は50℃かも | トップページ | 『五行歌』8月号・投稿歌 »

2015.08.02

ゴーヤのサバつくね詰め

P1020926_640x471

うちのゴーヤが初めて採れ、けさ妻がしゃれた料理を作ってくれた。「レンジでできるゴーヤのサバつくね詰め」とかで、テレビでやっていたらしい。ゴーヤの苦味とサバの臭いが打ち消し合い、梅肉の酸味がなんともいえず、さっぱりしていい。

沖縄は長寿県として有名だが、脳梗塞の死亡率が日本一低い。海草や豚肉をよく食べることで知られているが、旬のゴーヤ料理も一役かっているようだ。肉でなくサバ缶を使い、電子レンジで簡単にできる料理がある。青魚のサバにはEPAやDHAといった成分が含まれており、最強の動脈硬化予防法になるという。

P1020918_640x389

材料4人分
ゴーヤ中1本 小麦粉少々 梅肉大2 青じそ
A:さば缶1 焼き麩20g(パン粉で代用可) 卵1/2

作り方
1.ゴーヤは2、3㎝の輪切りにし、種とワタを抜き、内側に軽く小麦粉をふる。青じそは千切りにする。
2.ボールにAのさばを汁ごと入れてほぐし、焼き麩を手でもみ砕いて加え、さらに卵を入れて混ぜる。これだけで味付けはしない。
3.1のゴーヤに2の具を詰め、耐熱皿に並べて軽くラップをかけ、600wの電子レンジで4分ほど過熱する。
4.レンジから取り出したら、上に梅肉を塗り、青じそをのせて完成!

(西大八重子さん指導)

ちょっと
目先が変わると
食欲が増す
料理は
まさに思いやり


« 35℃は50℃かも | トップページ | 『五行歌』8月号・投稿歌 »

コメント

わぁ~美味しそう!サバ缶は使ったことがありませんが、これは一度試してみたいと思います。ちょっと手を加えたり新しい挑戦をしてみると食卓が豪華になりますね。健康にも良いなんて一石二鳥!

投稿: エノコロ | 2015.08.04 15:42

★エノコロさん、
さば缶はそばつゆに入れて食べることが多いですが、
やはり火を通すとおいしくなりますね。焼き麩が
いいですね。それと梅肉の酸味が食欲を誘います。

投稿: リプル | 2015.08.04 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 35℃は50℃かも | トップページ | 『五行歌』8月号・投稿歌 »