« 酔芙蓉 | トップページ | 東京湾の黒雲 »

2015.08.16

16日の墓参り

P1030216_640x466
寿福寺、サルスベリが迎える

お盆には、家の門口などで迎え火と送り火を焚く習慣がある。これも地域によっていろいろで、8月13日にお墓参りをし、先祖の霊を家までおつれするところもあるらしい。寿福寺でも13日にはけっこう駐車場が混雑するというから、そういう習慣に従っている人もいるのだろう。

うちのほうでは8月15日に送り火を焚いて、2日半ほど接待したご先祖さまを墓地に送る。そして翌16日に、お墓参りをする習慣がある。妻の実家の木更津では、16日の午後に送り火を焚く。京都の大文字焼きも16日だ。16日にもお墓参りをし、先祖の霊をお墓にお送りするところもあるらしい。

うちのほうでは多摩川梨をつくっているので、そんなに長く休んではいられなかったのだろう。だから、15日の夕方に送り火を焚き、翌日墓参りをする。カイコをやっているところや、他の農作業の繁忙期を避けて、7月20日にお盆をするところや、8月1日にお盆をするところもあるようだ。

ご先祖様はキュウリの馬に乗って走って来、帰りはナスの牛に乗ってゆっくり帰るという話もある。うちのほうでは、迎え火も送り火もキュウリの馬とナスの牛を並べておく。おじさんたちの話では、祖母は玄関で丁重に先祖を迎え、歓迎の言葉を述べていたそうだ。「ようこそお出かけくださいました。ゆっくりくつろいでください。よろこんでお接待させていただきます」と。お帰りのときも、同じように挨拶したにちがいない。われわれもそれを踏襲している。

稲作は
定住を強いるから
土地や先祖を
大切にするのは
自然なのだ

« 酔芙蓉 | トップページ | 東京湾の黒雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔芙蓉 | トップページ | 東京湾の黒雲 »