« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.31

モミジアオイ

P1020882_640x464

ゴミ置き場の
脇に咲く豪華な花
モミジアオイらしい
こんなところで咲くとは
思わなかったろう

| コメント (2)

2015.07.30

金目の煮つけ

自己評価の高い         三好叙子

自作の金目鯛の煮つけ
絶叫しながら
食べる

月刊誌『五行歌』七月号で、草壁焔太主宰のことを詠った三好叙子(のぶこ)さんの歌が面白いので紹介する。三好叙子さんは焔太先生の奥様で、「五行歌の会」副主宰である。夫の自慢話を豪快に笑い飛ばしているのがいい。焔太先生は、「どうだ、俺の料理は最高だろう」なんて言っているのかもしれない。先生の楽天的ななところがよく出ている。「俺はなにをやってもダメだな」なんていう陰気な話を聞くよりずっといい。

それに、この歌には五行歌の自由さがよく出ている。短歌のような五七調の縛りもないし、「もののあわれ」のような暗さもない。字数でいえば、9、3、12、8、3だから、まったく5、7、5、7、7、のリズムとは違う。改行も作者自身の呼吸で、それこそ自由にのびのびとやっている。文語のようなよそいきの表現もないから分かりやすい。ふだん使っている言葉だけで書いているからだ。

思いや
感動は
自然に湧いてくる
それを
すなおに書くだけ

| コメント (2)

2015.07.29

紅一点

P1020879_640x480

モミジの葉が
何を間違えたか
一か所だけ
紅葉している

| コメント (4)

2015.07.28

土壁

P1020877_640x437
創業明治2年の「池田屋」の解体。土壁が見える。

大きな店ばかり
できて
小さな店が
昭和の店が
消えていく

| コメント (3)

2015.07.27

暑気払いコンサート

P1020851_640x377
多摩川吹奏楽団定期演奏会

P1020853_640x411
三十周年を祝って、観客とともに乾杯!

猛暑を
わすれて
優雅な
響きの世界に
ひたる

| コメント (0)

2015.07.26

風呂場に蟻

Ba1週間ぐらい前から、風呂場のタイルに小さな小さな蟻が這うようになった。大きさは1、2㎜しかない。湯船とタイルの間のコーキングが破れて、そこから入ってくるらしい。小さな泥の粒もたくさん散らばっている。シャワーで蟻や泥を流しても、しばらくするとまた出てくる。殺虫剤を吹きかけても、そのときだけで、またわんさか出てくる。湯船の底にも小さな蟻が点々と見えて気持ちがわるい。蟻の出入り口をふさがなくてはならない。

先日、ホームセンターで防水シールなるものを買ってきてある。タイルの目地の補修材で、蟻が出入りしそうな割れ目をそれで埋めればいい。まず劣化した樹脂をはがし、目地幅の幅だけ残して左右に養生テープを張り、そのあいだに新しい樹脂材をコーティングしてゆくのだ。1.8m用の樹脂材はすぐになくなったが、蟻の通りそうなところはだいたいふさぐことができた。それから養生テープをはがし、8時間ほど乾燥させれば完成。

夕方、シャワーをかけて残っていた蟻を流したが、今朝見るとほとんど蟻の姿は消えていた。いちおう蟻の通り道はふさがったようだ。タイルの目地補修材は700円ぐらいだったと思う。また蟻が出るようだったらもう一度やるしかない。

ホームセンターには
いろんな材料が
そろっているから
その気になれば
自分で修理できる

| コメント (6)

2015.07.25

中野島音楽祭&サマーバザール

23_2
商店会のサマーバザール

14
中野島音楽祭

夏祭りは
楽しい
裏方さんの
汗は
ダイアモンド

| コメント (6)

2015.07.24

かわしんの仮店舗

P1020841_640x480
かわしんの建て替え工事、仮店舗の建設

川崎信用金庫登戸店は少し前にビルの塗り替えをしたばかりだと思うけど、こんどは裏の駐車場のところに仮店舗の建設が始まった。どうやらビルを建て替えるらしい。ま、50年ぐらい経ったビルだから老朽化しており、使い勝手もわるいのだろう。

かわしん登戸店ができる前は、そこにスーパーサンコーやボウリング場があったのを覚えている。それ以前は蓮田だったかもしれない。登戸も区画整理が進み、昔の影はどんどん消えて行く。

| コメント (0)

憲法違反

P1020840_640x276
新聞の意見広告 

おとなの
ウソを
こどもに
どう
説明する

| コメント (0)

2015.07.23

金柑の花

P1020824_640x480

猛暑が続くが、朝方雨が降った。いいお湿りで、少し気温が下がりそうだ。金柑の花が満開だ。雨を浴びて嬉しそうだ。天気予報だと、まだまだ猛暑が続きそうだ。

暑い日が続き
地面が乾いていたので
けさの雨は
いいお湿りだ
もう少し降ってもいいのだが

| コメント (2)

2015.07.22

新百合ヶ丘総合病院

P1020820_640x450

健康診断のために新百合ヶ丘総合病院に行った。この病院はまだできて2年ほどの病院だが、ほとんどをコンピュータで管理している。写真は再診受付機で、ここに診察券を入れると当日の受け付け番号が印刷され、すべてその番号にしたがって、診察、検査、会計と進んでいく。医療データもコンピュータ化されている。だから流れは合理的だが、もし停電でも起きたら大変だなと余計な心配をしてしまう。

長生きをすればするほど、病気になる可能性が増える。検査技術が進めば進むほど、いろんな病気が見つかる。病気が治ることはいいことだが、いずれは誰もが死を迎えなければならない。生かす医療からうまくこの世とお別れする医療なんていうのもの考えなければならなくなった。難しい時代でもある。ブータンはまだ国民総幸福感が世界一だろうか。

| コメント (2)

2015.07.21

赤カブ

P1020804_640x454
赤かぶ(あやめカブ)

妻が
育てた
赤カブ
一味
ちがう?

| コメント (3)

2015.07.20

遠近両用めがね

近くの「眼鏡市場」で、遠近両用眼鏡を買った。以前買ったものがあるが、なんだか足元がふらつくようで、あまり使っていなかった。そっちの眼鏡も調整してもらった。眼鏡のツルの部分が少し長すぎて、鼻からずり落ち、それで見にくいのだろうということだった。そこを調整してもらったら具合がよくなった。

ただ仕事中にもう少し使い勝手がいいものをと思って、新しいのを買うことにした。遠視部と近視部の間隔が狭いと目の移動が少なくてすむので仕事にはよさそうだ。遠視のレンズを強くすると、よりはっきり見えるが、周囲のゆらぎがつよくなる。弱いと落ち着くが、すこし離さないと見にくい。遠近両用といっても、遠視専用、近視専用のものには負ける。

   ふたつよいことさてないものよ、だ。

パソコンを見るのでその保護もつけてもらった。一週間後にできるらしい。メガネ屋さんは、一人一人の客によって調整がたいへんだ。知識もそうとう必要だろう。らくな仕事はない。

外は34度の炎天下なので、庭仕事はしなかった。撮りだめしたドラマや映画をみて、のんびり過ごした。へんな海の日だった。

| コメント (2)

2015.07.19

万両の花

P1020715_640x480

雨に咲く
万両の花
正月の
赤い実は
なじみだけれど

| コメント (2)

2015.07.18

そぼ降る雨

P1020733_640x480
小田急線沿いの専修大学への通学路

曇りの
予報だったのに
そぼ降る雨
この時期
傘は離せない

| コメント (0)

2015.07.17

狛江&登戸の花火

8月5日(水)
狛江側と川崎側の河川敷、有料席もあるという。

http://www.asahi.com/articles/ASH6354GSH63UTIL02F.html

人生も
花火
パッと煌めく
一瞬があれば
いい

| コメント (3)

ブラスの響き

02

多摩川吹奏楽団の第30回定期演奏会が行われます。

日時:7月26日(日曜日)、
    開場13:00 開演13:30
場所:多摩市民館、入場無料

http://www.tamasui.com/home/index.htm

| コメント (0)

2015.07.16

しんゆり五行歌会(7月)

おじいちゃま            平田(一席)
あ・そ・ぼ・
真に受けて
まだ来ない まだ来ない と
待っている

揚げナスの             リプル(二席)
鮮烈な
紫紺
生姜をのせて

夕闇時の庭先で          宣義(三席)
がくあじさいの
花群が        
はなむら
蛍のごとく灯る
文月

お久しぶりー             浅井
お元気そうねー
とびきり明るい声
梅雨空の街角
辺りは晴れ晴れ

輝きながら              高岡
生きる秘訣は
仕合せ過ぎないこと
ぬるま湯は良くない
ハングリー精神で行こう

チョコチョコと             京子
寄ってきては
遊ぶ
セキレイ
お話しできたらいいのにね

| コメント (0)

2015.07.15

どこもスマホ

12

みんな
スマホをやっている
みんな
こころに鍵を
掛けている

そばに
人がいても
きれいな花が
咲いていても
気づかない

| コメント (2)

2015.07.14

オクラの花

P1020693_640x471
オクラ、アオイ科。名前は英語のoklaから。

オクラの花の
色っぽいこと
と言ったらない
ねばねばに
されてみたい

| コメント (2)

2015.07.13

谷川俊太郎さんの詩

P1020656_640x373

先週のNHK俳句では、ゲストに谷川俊太郎さんが出演していた。選者の池田澄子さんが招待したらしい。おっとりした岸本葉子さんの司会でなごやかな雰囲気だった。そこで、谷川さんが数年前に書いた詩を朗読された。俳句とは関係ないが、なかなかいいのでここに載せる。

  おばあちゃんとひろこ

 しんだらもうどこにも行かない 
  いつもひろこのそばにいるよ
 と おばあちゃんはいいました
 しんだらもうこしもいたくないし
 めだっていまよりよくみえる

 やめてよえんぎでもない
 と おかあさんがいいました
 こどもがこわがりますよ
 と おとうさんがいいました
 でもわたしはこわくありません

 わたしはおばあちゃんがだいすき
 そらやくもやおひさまとおなじくらい
 おばあちゃん てんごくにいかないで 
   しんでもこのうちにいて
 ときどきわたしのゆめにできて

 おっけーとおばあちゃんはいいました
 そしてわたしとゆびきりしました
 きょうはすごくいいてんき
 とおくにうみがきらきらかがやいて
 わたしはおばあちゃんがだいすき

   谷川俊太郎詩集『好き』より

| コメント (6)

2015.07.12

木槿(むくげ)

P1020640_640x480

アオイ科フヨウ属の落葉低木。別名、ハチス。
古くは「あさがお」といった、と広辞苑にある。

朝咲いて夜しぼむが、一日花ではなく二三日は
持つらしい。大韓民国の国花。

木槿
夾竹桃
百日紅で
夏の木の花
揃い踏み

| コメント (10)

2015.07.11

ボンボンダリア

P1020610_640x479

ボンボンダリアが
咲いている
顔を近づけると
花火に見える
ビッグバンに見える

| コメント (0)

2015.07.10

グラジオラス

P1020620_387x640
グラジオラスの
語源は
グラデーションと
同じで
階段状に咲くからかな

と思ったら
早とちりだった
尖った葉っぱが
剣先(gladium)に
似ているからだそうだ

| コメント (2)

2015.07.09

モグラ退治は排気ガス

今年はジャガイモが不作のようだが、うちにしてはまあまあだったかな。叔母のすすめで肥料を多めにやったのがよかったみたい。だけど長いあいだ気温が低かったので、やはりやや小さ目。モグラに穴を掘られたところはだめだし。

モグラは風車の振動ぐらいでは逃げないし、15秒おきにブザーが鳴る器械を埋めてもだめ。もちろん、モグラ捕りを仕掛けてもさっぱり。ヨウ素剤が少し効いた程度だ。

だが、今日来た患者さんがいいことを教えてくれた。バイクの排気ガスを家庭用のホースでモグラの穴に送り込むといいそうだ。30分ほどやったら、それっきりモグラが出なくなったという。モグラの逃げ道をつくっておき、奥のほうから煙を入れて行けばいいらしい。なるほど、それなら絶滅危惧種のモグラを殺すこともない。晴れたら、一度ためしてみたい。

| コメント (6)

2015.07.08

3000億円

もろもろ入れれば
軽く3000億円だな
財政赤字に
震災復興
競技場どころじゃないだろうに

奇抜なデザインに
惹かれて
大金をドブに捨てる
これはもう
犯罪だな

| コメント (2)

2015.07.07

イタリア語

チャオ
ボンジョルノ
コメバ?
バベーネ
グラーチエ

ドイツは
イタリア語で
ジェルマーニア
ドイツ人は
テデスコ

ミュンヘンは
イタリア語で
モナコ
地中海のモナコと
同じだよ

| コメント (0)

2015.07.06

なでしこ準優勝

Na

最初の16分で
まさかの4失点
なんでも起こり得るのが
サッカー
なでしこ涙をのむ

| コメント (0)

2015.07.05

女性は

女性は
おしゃべりが好き
ストレス発散が上手
だから
長生きするのだろう

| コメント (8)

2015.07.04

ヒサカキの挿し木

P1020605_640x458
ヒサカキ、葉のまわりに小さなギザギザがある

数年前に大國魂神社で買ったヒサカキが大きくなったので、挿し木にして増やすことにした。ちょっと葉っぱが多いかもしれないが、今の時期ならよく根がつくだろうと思って、梅の木の下に30本ぐらい挿した。うちはホンサカキを神棚に供えているが、神社などを見ると、ヒサカキを使っているところが多いので、これを増やしてみようと思ったのだ。

広辞苑でヒサカキをひくと、【柃】という漢字を使うそうだ。ツバキ科の常緑小高木で、サカキの代りに枝葉を神前に捧げる、などと書いてある。サカキは【榊】と書くから、同じツバキ科でもかなり違うものと考えていいらしい。

ネットで調べると、サカキでないから非榊、それがヒサカキの語源だという説もある。私はサカキより葉が小さいので、姫榊と書いてヒサカキというのかと思っていた。そういう説もあるらしい。

P1020607_640x483
サカキ〔榊〕、葉が大きめで、ギザギザガない。

花屋さんなどではヒサカキを束にして神棚用に整え、サカキとして売っている。サカキをヒサカキと区別するときは、ホンサカキとかマサカキと呼んでいるようだ。

サカキは成長が遅く、寒さに弱いので、神前用にはヒサカキを代用するようになったという話もある。いずれにせよ、サカキとヒサカキは別物なのである。ちなみに、榊というのは国字、すなわち和製漢字なのだそうだ。

| コメント (4)

2015.07.03

白いキキョウの花

P1020618_640x467
白い桔梗の花、かすかにピンクがかっている

桔梗
グラジオラス
ヒメヒマワリと
仏壇
ははなやぐ

| コメント (0)

2015.07.02

なでしこ決勝へ

Nade

上手い
速い
強い
なでしこ
いよいよ決勝へ

イングランドの
オウンゴール!
何が起こるか
わからないのが
サッカー

| コメント (2)

2015.07.01

ヨルタモリ

Yorutamori

「ヨルタモリ」フジテレビ系
毎週日曜日23:15~23:45

大人の番組を
楽しみたければ
日曜の夜の
ヨルタモリが
おすすめです

| コメント (4)

7月号投稿歌(五行歌誌)

ナスが採れれば
朝から晩まで
ナスばかり
旬の
農家の台所

おはよう
元気かい
声をかけると
野菜たちが
かがやく

八百萬の
神々がいるって
いいなあ
すべてが
大切に見えてくる

おばあちゃんの
原宿は
赤パンツの店が目立つ
お地蔵さまも
愛用してるかも

大潮の日
江ノ島へ
歩いて渡る
海が割れて
モーゼ気分

大潮の日
江ノ島へ
歩いて渡る
海砂はあんがい
硬い

| コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »