« 黄花カタクリ | トップページ | 作品0037 »

2015.04.08

花まつり

P1010255_640x480

都心でも霙が降るほどの寒さだ。午後1時すぎに、寿福寺の花まつりに出かけた。散りかけた桜が、あまりの寒さに文字通り、フリーズしている。お寺の八重枝垂れは満開である。和尚の読経に続いて、佛心会の女性たちが御詠歌を奉納した。お釈迦さま誕生の御詠歌はわかりやすかった。

P1010251_640x480
花御堂の釈迦像

参列者は50人ほどで、順次焼香し、花御堂の釈迦像に甘茶をかけた。このときの焼香は、身を清めるという意味らしい。釈迦の誕生を祝して天が甘露の雨を降らせたという逸話にしたがって、天地を指さす釈迦像に甘茶をかける。いわゆる灌仏会である。

キリストの生誕を祝うクリスマスは大騒ぎするわりに、日本人の多くはお釈迦さまの生誕にはあまり関心を持っていない。釈迦が実践したヴィパッサナー瞑想にご縁をいただいている私としては、少々残念である。もっとも、お釈迦さまは大伽藍を作れとも言わなかったし、仏像を作って崇拝せよとも言っていないのだが。

畳の縁を
踏まないように
花御堂にすすみ
おもむろに
甘茶を注ぐ

« 黄花カタクリ | トップページ | 作品0037 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄花カタクリ | トップページ | 作品0037 »