« ぶかぶかの | トップページ | 柿の若芽 »

2015.04.16

しんゆり歌会7周年

Img012_461x640_3きのうは、「しんゆり五行歌会」の七周年記念歌会を開いた。「五行歌の会」主宰の草壁焔太先生をお招きし、ゲスト4人を加え、合わせて17名の歌会となった。天気が大荒れだというので心配したが、ふたを開けてみると案外おだやかだった。

写真や新聞記事、これまでの五行歌などをまとめて、左のようなパンフレットを作り、参加者にくばった。記念歌会に歌集を出版するところが多いけれど、しんゆりでは歌集はいらないという意見が多く、それにしたがった。というよりも、歌集をつくる作業はたいへんだし、費用もかさむので現実的ではないのだ。

出席者の自己紹介のあと、「しんゆり五行歌会」の発足に尽力された澤田隆さんから祝辞をいただいた。澤田さんは初回のレポートをコピーして持ってきてくれた。

草壁先生には20分ほど、お話しをしていただいた。
・20代の人の作品がすごくいい。感性が瑞々しい。
・小中学生にも五行歌を書かせている学校があるが、
 偏差値がよくなるそうだ。五行歌は思いを表現する訓練になる。
・オリジナリティーを大切にすること。
・時代が変わっているのだから、昔と同じことをやっていたはだめ。
・徹底して、徹底して、自分が感じたこと、気づいたことを歌にするといい。
・書けば書くほど本物が現れる。そうすれば、だれもが天才になれる。

歌会では、なんと私の歌が一席になった。わるくない歌だとは思っていたが、一席になるとは予想していなかったので嬉しかった。一生懸命やっていると、たまにはこんなご褒美をもらうことがある。

歌会のあと、蕎麦処「つづらを」で懇親会を持った。久しぶりに会う人や初めて会うひともいたが、すぐ打ち解けて楽しい会になった。

満開の桜には             リプル(一席)
一片の花びらさえ
散らさすまいと
息を殺しているような
瞬間がある

ひたむきな                とし子(二席)
若さを駆け抜け
まろやかな
老いを歩んでいる
時々に悔いも残して

「お幾つですか」            有水(三席)
「九十七才なのよ」
「おきれいですね、素晴らしい」
初対面で一瞬に打ち解け
言葉の花束持ち帰る

一気に咲いた              熊田
レンギョウ
黄色い
花の大波が
庭にせまる

花ごと落ちる               理子
桜もあるんだな
くるくる
こまのように
楽しげに降りる

あなたへの便り             宣義
消しゴムを何回
往復させただろう
言えない言葉
黒くまるまってゆく

« ぶかぶかの | トップページ | 柿の若芽 »

コメント

「しんゆり五行歌会」の七周年とrippleさんの
一席、おめでとうございます♪
草壁焔太先生をお迎えして盛会になりましたね。

限りないエネルギーを感じるメンバーさん方ですね。
コツコツと歩み続けたしんゆり五行歌会のこれからの
発展をお祈りします。
皆様の自由な五行歌に「やはり、五行歌は素晴らしい」と
改めて思いました(^.^)

投稿: うきふね | 2015.04.16 20:24

一席おめでとうございます。
さくらが息を殺す、瞬間を見事に捉えましたね。
ぼくは、そう捉えられません。
流石です。
感服です。
ますますのご吟詠を祈念申し上げます。

投稿: 荒野人 | 2015.04.16 21:21

★うきふねさん、
お祝いコメント、ありがとうございます。
ふつうの言葉で、すなおに思いを表現する。
文語や季語の知識もいらない。字数も自由。
こんな五行歌が広がらないわけがない。
こんども、このことを確信しました。
理子さんは20代、いい歌でしょう。(^-^)

投稿: ripple | 2015.04.17 11:14

★荒野人さん、
これは4月1日に小金井公園に行ったときの実感です。
たしかに満開なのに、花びらの一枚も散っていない。
桜の園を歩き回って、花びらが落ちていないか探し
たのですが、ほんとに散っていない。満開の状態で
時間が止まっているのです。数時間ですが、そういう
瞬間があるのですね。

投稿: ripple | 2015.04.17 11:18

7周年記念並びに一席おめでとうございます。
「継続は力なり」ですね。
どれも良い歌ばかりです。97才のお方もいらっしゃるのですか。なんだか元気をいただきました。
頑張らなくっちゃ

投稿: tama | 2015.04.18 16:38

★tamaさん、
お祝いの言葉、ありがとうございます。
たしかに、一つのことを続けていると、
量が質に転化するときがあるのかも
しれません。あるいは、単なる運か。
97才の人に会ったというい歌だそう
です。104才の方が見学に来たこと
もありますよ。

投稿: ripple | 2015.04.19 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶかぶかの | トップページ | 柿の若芽 »