« リッチテキスト | トップページ | 春の憂うつ »

2015.03.27

ギター・アンサンブル

Tamagt

多摩市民館で、多摩高のギター・アンサンブル・クラブの定期演奏会があるというので行ってきた。入場無料だが、インターネットで指定席を予約することになっている。定員800名の市民館がほぼ満席だからすごい。演奏者が72名という大所帯なので、その関係者がほとんどなのだろう。OBやOGが加われば、観客もそのくらいにはなるだろう。

http://tama-guitar.squares.net/

ギターの優しい音に途中眠気を催したが、パート紹介や「情熱大陸」や「フィガロの結婚のファゴット」「アンパンマンのマーチ」など聴きなれた曲もあって楽しめた。72人が場所を変えるときもスムーズで、そうとうリハーサルをやったことがうかがわれる。

https://www.youtube.com/watch?v=wr7KQXowI1Q

圧巻はバッハの「ブランデンブルグ協奏曲第3番」で、これには感動した。きちんと演奏するとギターだけでもこんなに荘厳な仕上がりになるのかと驚いた。ということはまた、いかにバッハが偉大な作曲家だったかという証明でもある。アンコールは牧原敬之の「遠く遠く」で、これもなかなかよかった。


« リッチテキスト | トップページ | 春の憂うつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リッチテキスト | トップページ | 春の憂うつ »