« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015.03.31

ひとときの逢瀬

Dsc_8545_800x531

Dsc_8582_800x531

Dsc_8560_800x531

今年も
僕とさくらは
ひとときの
逢瀬を
たのしむ

| コメント (7)

2015.03.30

ひばりの囀り

P1000889_800x565_2
野鳥の森、展示室。上に赤外線ヒーターが設置されている。

井の頭自然文化園では、身近な野鳥を大きなゲージに入れて行動展示しているところがある。カラスバトのように大きいのもいれば、メジロのような小さいのもいる。いっしょにいて喧嘩しないのかと思うが、だいじょうぶらしい。案内板によると、コジュケイ、ツグミ、カラスバト、シロハラ、アカハラ、コマドリ、クロジ、マミチャジナイ、ヒバリ♂、ジョウビタキ♂、メジロ、ホウジロ、ベニマシコがいると書いてある。

われわれはバードウォッチングが趣味なので、かなりの野鳥を見分けることができるが、マミチャジナイとベニマシコは分からなかった。ベニマシコは観察したことがあるのだが、じつは、ここのベニマシコは紅の色が消えていたのだ。コマドリはいなかったらしい。

係員の話では、すり餌だけだ育てていると、だんだん色がぼけてきてしまうらしい。そういえば、メジロも緑色がグレーがかっている。それから驚いたことに、ここにいるジョウビタキのオスは、なんと今年で12年になるそうだ。

23
ヒバリ、(日本野鳥の会HPより)

https://www.youtube.com/watch?v=rBp1Q_bHe0Y

とつぜん、澄んだ通る声の囀りが聞こえ始めた。最初は、姿が見えないのでメジロが鳴いているのだろうと思った。うちの近所でときどきメジロの囀りを聞くことがあるが、それによく似ていたからだ。ところが鳴き声の主を見つけ、双眼鏡でのぞくとヒバリである。これが実にいい声でさえずるので、すっかり聞き惚れてしまった。

子どものころ、揚げ雲雀といって高い空の上で鳴いていたのを聞いたような気がするが、こんなに近くで聞くのは初めてである。檻の上の赤外線ヒーターのそばで鳴いている。展示室が音響効果を上げるようにできているためか、その声がよく響く。一度休んだが、しばらくするとまた鳴き出した。タフな奴だ。1日中鳴いてますよ、と係員が笑う。

| コメント (0)

2015.03.29

象のはな子

P1000857_800x568
象のはな子

井の頭自然文化園にいる象のはな子は、今年68歳になったそうだ。1950年にタイからやってきて、はじめは上野動物園にいたが後にこちらに移されたらしい。歯が一本しかないので、食べ物を刻んで食べさせているという。一時は日本中が象ブームに沸いたこともあったそうだが、いまはひっそり余生を過ごしている。

先代花子は戦時中、餓死させられた。

P1000833_800x572
寒いのでからだを温め合うキツネ

P1000902_800x599
カタクリの花、白いのはニリンソウか?

| コメント (0)

井の頭公園の桜

P1000794_800x600
黒い鴨はキンクロハジロ

P1000804_800x600
池はボートのラッシュ

P1000910_800x558
桜はほぼ満開

P1000920_800x600
帰りぎわの花時雨

文字通りの花曇りの日だったが、日曜なので井の頭公園は花見客でにぎやかだった。池の水があると、花がより美しく見える。そこここで花見の宴が開かれていたが、あんがいおとなしい。むかしのように泥酔したり、酔っぱらって喧嘩をするような輩はいない。平和はありがたいなとじみじみ思う。

| コメント (2)

2015.03.28

春の憂うつ

P1000780
むらさき花菜

光りは
もう夏に近いのに
気温は
まだ冬に近い
春の憂うつ

街を
たくさんの
マスクが行く
そういう
私も

| コメント (0)

2015.03.27

ギター・アンサンブル

Tamagt

多摩市民館で、多摩高のギター・アンサンブル・クラブの定期演奏会があるというので行ってきた。入場無料だが、インターネットで指定席を予約することになっている。定員800名の市民館がほぼ満席だからすごい。演奏者が72名という大所帯なので、その関係者がほとんどなのだろう。OBやOGが加われば、観客もそのくらいにはなるだろう。

http://tama-guitar.squares.net/

ギターの優しい音に途中眠気を催したが、パート紹介や「情熱大陸」や「フィガロの結婚のファゴット」「アンパンマンのマーチ」など聴きなれた曲もあって楽しめた。72人が場所を変えるときもスムーズで、そうとうリハーサルをやったことがうかがわれる。

https://www.youtube.com/watch?v=wr7KQXowI1Q

圧巻はバッハの「ブランデンブルグ協奏曲第3番」で、これには感動した。きちんと演奏するとギターだけでもこんなに荘厳な仕上がりになるのかと驚いた。ということはまた、いかにバッハが偉大な作曲家だったかという証明でもある。アンコールは牧原敬之の「遠く遠く」で、これもなかなかよかった。

| コメント (0)

2015.03.26

リッチテキスト

私が出したメールへの返信を見ると、引用文の行間がひどく広い。それに段落の区切りがなくなっている。先日、五行歌を投稿したときも区切りがないので再送信してくださいと言われた。

いろいろ調べたら、メールのデフォルト(既定)設定がHTML形式だったのを、どこかでリッチテキスト形式に変えてしまったらしい。相手もリッチテキスト形式なら問題ないが、相手がHTML形式やテキスト形式だと書式が正しく反映されないという。リッチテキスト形式というのはワードと同じような編集機能を持っているらしい。

Outlook_2

リッチテキスト形式をHTMLもしくはテキスト形式に変更するには、ツールタグから入ると書いてある。ところが、Outlook2013はWindows8で動き、このタグがない。いちばん左のファイルを押し、そこからオプションを選び、メール形式→メッセージ形式と進んでテキストを選び、OKを押す。

ためしに自分へメールを送ってみると、行間が正しく表示されるようになった。リッチテキスト形式というのはテキスト形式のちょっと上でHTML形式より簡単なものだと思っていたが、リッチなだけに機能が満載だったのだ。パソコンをちゃんと勉強していないので、いろいろ無駄なことをやっているが、ま、問題が起きたときに対処していくしかない。

むかしはテキスト形式で送るのがエチケットと言われたが、いまではHTMLが普通になっているようだ。それはそうと、Windows8になってから、いろいろ使い勝手がわるくなった。

| コメント (0)

2015.03.25

靖国神社と東京タワー

寒のもどりで、ひどく寒い。お昼前に小用で飯田橋に行き、そこから靖国神社まで歩いた。たくさんの袴姿の女性とすれ違ったが、靖国神社の一の鳥居まで来ると、その理由がわかった。武道館で日本大学の卒業式が行われたのだ。みんなあちこちで記念撮影をしている。靖国神社の境内にはトラックが何台も止まっていた。桜まつりの準備をしているところだ。満開の桜もあったが、おととい開花宣言が出たソメイヨシノは、この寒さでかたまっている。境内でも袴姿の女性を多く見かけた。

P1040997_800x599
記念撮影をする日大生

P1050002_800x599

靖国神社から霞が関に向かって少し歩き、途中でタクシーを拾い、ホテルオークラに行く。そこで働いている知人が、一度あそびに来てくださいと言うので、行ってみたのだ。たまには高級ホテルでの食事もいい。先日、妻の誕生日だったので、そのお祝いという口実もある。

P1050052_800x600
東京タワーはスカイツリーより温かみがある

P1050029_800x600
左手前は芝の増上寺、正面は東京湾

ホテルオークラから東京タワーまで20分ぐらいだというので、ここも歩いた。ペンキの赤がまだきれいだったから、塗り替えてからそんなに時間がたっていないのかもしれない。スカイツリーができてからは脇役になったようだが、春休みのせいもあってか、けっこう人が出ていた。展望台に登ると、東京が箱庭になる。ただ高層ビルが林立して、ちょっと窮屈な感じがする。東京湾もあまりよく見えない。富士山は雲に隠れ、かろうじて右の稜線が確認できただけだ。

P1050025_800x562
とんがり帽子は、東京タワーのガイドさん

P1050035_800x600
高さ150mの展望台にある透明の床は、やはり足がすくむ

東京タワーからは赤羽橋まで歩き、そこから都営地下鉄「大江戸線」に乗って新宿まで行く。大江戸線は、トンネルサイズを3割縮小して工事費を節約したことで話題になった。車両も少し小型だ。地下鉄に乗ると、いつも、こんなときに地震が起きたら大変だなと思う。現代社会はすべてが電気で動いている。発電所がやられたら、国は即マヒする。原発がやられたら国は滅ぶ。ぜったいに戦争を起こしてはならない。戦争を起こすような方向に動いてはならない。

| コメント (0)

2015.03.24

連夜の通夜

近所に不幸が続き、月曜日にお通夜、火曜日にはその告別式ともう一つお通夜とあわただしかった。最初のほうは専門の会館でやり、受付を手伝った。あとは業者がやってくれるのでらくだった。映画「おくりびと」の影響もあるのだろうか、納棺式がやたらとていねいなのに驚いた。寝たきり老人用の簡易浴槽を使って湯灌をするのだ。ほとけ様の髪をていねいにシャンプーし、からだを洗い、顔を剃り、化粧をする。からだはタオルをかけているので見えないが、ちょっとやりすぎではないだろうか。

火曜日は告別式のあと火葬場行き、七日の会食どがあって、終わったのが五時すぎ。それからもう一つのお通夜に向かった。こちらは焼香だけであるが、通夜の客が多く、寒いなか長い列に並ばなければならなかった。まったく、いまにも雪が降ってきそうだった。ほとけ様が五十代の男性なので、ひときわ寒さが身に浸みたのかもしれない。若い人の葬儀はつらい。

P1000755_640x479
ハナニラ(韮のようなにおいがする)

| コメント (2)

2015.03.23

ケータイ

もしもし!
振り向けば
ケータイ
なんだ
おどかすなよ

ここも
あそこも
ケータイやスマホ
45度に
かたむけて

駅の
公衆電話が
見つからない
テレフォンカードは
三枚もあるのに

| コメント (5)

2015.03.22

もう一度「かぐや姫」

お彼岸の
お客さまと
もう一度
かぐや姫を見て
みんな陶酔

かわいいねえ!
きれいだねえ!

| コメント (0)

2015.03.21

らっぱ水仙

P1270499_800x493

おしゃべりな
水仙たちだ
垣根越しに
道行く人に
話しかけている

| コメント (2)

2015.03.20

奪われた心

きょうは地下鉄サリン事件から20年、
きのうはチュニジアのテロで日本人も犠牲になった。

オウム真理教
イスラム過激派
こころを
奪われた人たちは
平気で人を殺す

| コメント (5)

映画「かぐや姫の物語」

Kaguya_2
http://kaguyahime-monogatari.jp/

録画しておいたアニメ「かぐや姫の物語」を見た。その映像の美しさに終始圧倒された。もともとアニメーションはあまり好きではないが、この映画は水墨画のように余白がたっぷり組み込まれ、登場人物たちも単純な墨のような線で描かれ、余計なものが描かれていないので素直に物語に入っていけた。すき間なく描きこまれた宮崎作品はすこし窮屈な感じがするが、高畑勲監督は余白のおかげであまり力を入れずに見ることができたように思う。

https://www.youtube.com/watch?v=daGOgPGjaZM

| コメント (3)

2015.03.19

円空木喰展

Sogo

きのうは寿福寺に行ったあと、横浜そごうに「円空・木喰展」を見に行った。7、8年ぐらい前にもここで「円空展」を見たが、その展示数の多さにおどろいた。今回は円空と木喰(もくじき)の二人の彫刻展だからそれほどでないだろうと思っていたが、やはり圧倒的な作品群で、思い切って行ってよかった。両者の仏像や神像は独特の「ほほえみ」を湛えているが、二人の作品を比較することでその特徴が際立ってくるように思う。

生涯12万体の仏を彫ったという円空の荒彫りも見ものだが、能面の翁を思わせる木喰の自身像やふっくらとした仏様たちも味わい深い。一人の人間ではびくともしないような大作もある。信心がなせるわざとはいえ、二人のエネルギーには感服せざるをえない。じつは、あるところで妻の守護神は円空であると言われたことがあり、彼女の思い入れもそうとうなものなのである。

鉈と鑿だけで       
彫り上げた
御仏には          
作者の魂が
息づいている

              鉈:なた 鑿:のみ 御仏:みほとけ

| コメント (0)

2015.03.18

一汁九菜

P1040992_640x460
オーガニックカフェ「たまりばーる」のお惣菜

1.茹で干し大根と打ち豆の煮物
2.新じゃがの揚げ煮
3.白菜と蕪菜の磯辺和え
4.牛蒡の焼きびたし
5.平飼い玉子の出し巻き
6.手づくり豆腐
7.ブロッコリーの酢味噌添え
8.聖護院大根の刻み漬け
9.小蕪のおすまし    柚子風味

http://tamaribaru.exblog.jp/

| コメント (0)

まだ咲くマンサク

P1000743_800x600
マンサク@寿福寺

定休日、お彼岸の入りなので寿福寺にお墓参りに行った。4月なかばの陽気とかで、暑いくらいだった。黄色い木の花が咲いているのでサンシュユ(山茱萸)だろうと思って近づくと、どうもマンサクらしい。マンサクは1月の終わりごろ咲き始めるのだが、今年は寒いせいかまだ咲いている。お寺も山の上で、場所が北側だから咲き残っているのかもしれない。マンサクは「まず咲く」が訛ったらしいが、これでは「まだ咲く」だ。

P1000749_800x555
寿福寺梅園

寿福寺の駐車場の下には梅園がある。よく剪定されていて花は少な目だったが、そろそろ終わりでもある。この梅園は一般公開してもいいのではないだろうか。

| コメント (0)

2015.03.17

朝の三品

P1000605_640x447

野菜果物ジュース
野菜スープ
ホットヨーグルト
毎日なのに
どれもおいしい

| コメント (2)

2015.03.16

作品0037

0037
静物、パステル

デコポン、ブンタン、それにブドウ。ブドウは本物でなかったので、やはり気が乗らない。とうぜん、瑞々しさが出ない。文旦は薄い色ばかりなので難しい。デコポンは紙の素材を生かせばよかったが、指でこすったらそれが消えてしまった。パステルのことがよくわからないので戸惑った。しかしデッサンなしに、いきなり色をつけられるので楽しい。

| コメント (2)

しんゆり題詠「塔・タワー」

高台に登ると
いつも
探してしまう
富士山を
東京タワーを

ビルのあいだに
東京タワーが
見え隠れする
なんだろう
このときめきは

スカイツリーは
宝塚の男役
東京タワーは
娘役
といったところかな

| コメント (0)

2015.03.15

宇宙の根源的な力

午後、ジャガイモを植えた。今年は寒かったせいか、どこでもジャガイモの植え付けが遅いようだ。きのう掘った溝に、半分に切ったジャガイモを並べ、そのあいだに腐葉土や牛糞、配合肥料などを置いてゆき土をかぶせる。連作障害やモグラの出現もあるが、うちはちょっと収穫が少ない。どうも肥料が少ないようなので、今年はいつもより多めに肥料を施した。ときどきジョウビタキのメスが遊びに来た。

Dsc_4574
ジョウビタキ♀

きのう今日と、久しぶりにスコップや鍬を使ったので、腰が痛くなった。そこで、お尻転がしやツイスト、真向法などの体操をした。それから妻に、習いたてのリコネクティヴ・ヒーリングをやってもらった。すると、からだが勝手に動き出した。背中がピクンピクンのけぞったり、足が揺れたりする。かなり大きく動くので笑いだしそうだった。30分ほどやってもらうと、からだが非常に軽くなり、腰の痛みはほとんど消えた。リコネクティヴ・ヒーリングというのは、宇宙の根源的な波動とつながることで、からだの不具合を取り除く新しい癒しである。

わたしが毎朝やっているヴィパッサナー瞑想も、からだの感覚をていねいに観察していき、宇宙の真理を体験する行法である。また治療室では、カウンターストレインという手技療法を行っているが、こちらも患者さんのからだに「どうしてほしいか」を聴き、その通りにすることで苦痛をやわらげていく治療法である。

だから、リコネクティヴ・ヒーリングも、ヴィパッサナー瞑想も、またカウンターストレインも、同じ方向を向いていることがわかる。三者とも宇宙の根源的な力を感じとり、からだの持つ本来の力を発揮させていこう、というのである。小ざかしい人間の知恵をいったん横に置おき、無心になってからだを観察し、無心になってからだの声を聴き、宇宙の根幹を支配する力にゆだねるのだ。

壮大な宇宙や
極小の素粒子を
支配する力がある
なにか
根源的なものが

| コメント (2)

2015.03.14

カワセミ

Dsc_1922_800x538
カワセミ♂、生田緑地

Dsc_1929_640x435
泥沼の水生動物をねらうカワセミ

池の水を
汲み上げられて
泥沼になっても
縄張りを死守する
オスのカワセミ

奥之池の水を浄化するための工事が行われていた。

| コメント (2)

2015.03.13

梅とモズ

Dsc_1845_800x530
梅に鵙 2015.3.12

Dsc_1850_800x531
モズ♀

梅の香に
誘われてか
百舌が来た
高鳴きをする
こともなく

P1000674_800x600
生田緑地梅園

| コメント (2)

2015.03.12

エナガ

Dsc_1493_800x531

Dsc_1732_800x581

昼休みに生田緑地に行った。野鳥観察小屋には何も現れなかったが、上に登ったところでエナガの群れに出遭った。群れといっても5、6羽。とにかくすばしっこいので撮影がたいへんだ。

楽しくて楽しくて
しかたないみたい
枝から枝へ
はしゃぎまわる
初春のエナガ

| コメント (0)

しんゆり歌会(3月)

母親にしがみついた子を     ripple(1席)
無理やり
引きはがすようにして
冬の草を
抜いてゆく

「いつか」は             高岡(2席)
やってこない
「いつかやろう」は
永久に
出来ない

みんな 元気?           浅井(3席)
ん まあ
変わったことない?
ん べつに
男の子って ホントつまんない

老いたつらさ             とし子
訴えるのか
私の顔を見上げては
涙も流さず
猫は鳴く

来て来てと              茗水
野良猫が呼ぶ
餌をあげると
正座して
いつまでも見送っていた

干されている             中川
洗たく物
みんな片寄って
朝から春一番の風
吹き続く

朝七時台の              京子
小田急線に乗る
すでにラッシュ
毎日の通勤って
こうなんだあ

| コメント (6)

2015.03.11

311

  五輪より
  一輪の花
  被災地へ

              伊東功、川柳句集「福島からの風」より

福島県は、首都圏に電力を供給してきましたが、五輪招致では、「福島から遠く離れて安全」と言われました。(冒頭のあいさつ文の一部)

| コメント (0)

2015.03.10

クリスマスローズ

P1000619_640x460
クリスマスローズ

クリスマスに咲く
バラのような花
ということらしい
それはともかく
よく咲いている

| コメント (2)

映画「小さいおうち」

Chi_2録画しておいた映画「小さいおうち」を見た。山田洋次監督。昭和初期の日本がたのしめる。小さいおうちとはいえ、その家は高台に建つ赤い瓦の洋館風で、当時としては上流階級の下ぐらいではないだろうか。これがモノクロなら小津安二郎の映画ではないかと思ってしまう。

女中役の黒木華(はる)が実にいい。道ならぬ恋に落ちた奥様に、どう接したらいいか迷うところなど、なんともけなげである。どの役者さんもそうだが、その人にしかない雰囲気というようなものがある。彼女は脇役をやっていながら、いつのまにか主役以上の働きをしている。(日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞)

| コメント (2)

2015.03.09

梅か桃か

P1000571_800x600

時期的には
梅だが
枝の形は
花桃だろうか
わからない

| コメント (3)

2015.03.08

リコネクション

Reリコネクションという本を読んだ。面白い、じつに面白い。翻訳ものだからすらすらとは読めないが、赤鉛筆を引きながらなんとか読み終えた。

コネクションは結合、リコネクションは再結合という意味だ。この宇宙は広大無辺であり、素粒子のレベルを見ればとてつもなく小さい。それらすべてを存在せしめている大いなる力がある。その大いなる力と結合すれば、すべてが最善の方向に進む。かつて人はその大いなる力と結合していたが、あるとき分断され、その結果いろいろと不都合が生じるようになった。今また大いなる力と再結合しよう、というのである。

この考え方は、ヴィパッサナーの瞑想にも似ている。ヴィパッサナーはブッダが実践した行法で、からだの感覚を観察しつづけていると、あるとき宇宙と一体になることができる。そこから諸行無常、諸法無我、涅槃寂静をさとれば、幸福な世界ができるというのだ。

宇宙を動かし
素粒子を制御する
大いなる力
その力に任せては
どうだろう

| コメント (0)

2015.03.07

植木屋さん

P1000584_640x480

植木屋さんも
だいぶらくになったが
猿みたいに
木にのぼる男もいる
だいじょうぶかな

| コメント (6)

2015.03.06

公園のドバト

公園のドバトは
人ずれしていて
てんで可愛くない
キジバトの
距離感を見習え

| コメント (2)

2015.03.05

ホトケノザ

ホトケノザは
か弱そうで
どうしてどうして
年がら年中
咲いているぞ

| コメント (2)

2015.03.04

冬の草

P1000434_640x479

雨上がりの暖かい日だった。こういいう日は花粉が多いから、外に出るのはあまりよくないのだが、畑の草が気になるので草を取り始めた。雨上がりは土がやわらかいので、根っこが抜きやすいこともある。しかし、この考えは甘かった。

冬の草はがっちり根を張っていて、簡単には抜けない。右手の鎌で根を浮かし、左手の指でむしりとる。密になった根はどっさり土を抱えているから、これを振って落とす。しかし雨でねとついているから落ちにくい。それを鎌で叩いたりする。ま、抜いた草はやがて枯れて縮むし、土も乾くからあとで叩けば落ちるだろう。

しゃがんでやる仕事なので膝にくる。だから椅子に坐ってやるのだが、そうすると腰にくる。それでも畑がきれいになっていくので気持ちがいい。ときどきジョービタキのメスがそばに来て遊んでくれる。浄水場のなかからは、早くもチョットコイ・チョットコイと小綬鶏の声が聞こえる。梅は豊後も白加賀も咲き出した。

冬の草は
毛根を密にして
大地に
へばりついている
えらいもんだ!

| コメント (2)

2015.03.03

3月3日

3月3日は
耳の日でもある
お雛さまは
人間の話を
聴いているだろうか

| コメント (8)

百円均一

百円均一は
重宝しているが
なんとなく
個人の店に
もうしわけない

百均で
買い物をしていると
なんとなく
自分が
小さく見えてくる

| コメント (4)

2015.03.02

花粉症にヨーグルト

K1_2 灸頭鍼

もぐさの毒?
20代のころから花粉症に悩まされている。最初は原因がわからず、灸頭鍼の煙のせいだと思っていた。鍼の柄に艾の球をつけて火をつける治療法だが、それには質の悪い艾(もぐさ)を使うので、やたらと煙がでる。その有毒成分に目や鼻をやられたのかと思ったのだ。ツーッと鼻水が流れて、ティッシュを当てるのも間に合わない、目が痒くて目玉を取り出して洗いたいぐらいだった。

スギ花粉
数年して、花粉症の主因がスギ花粉であることが判明した。かといって、いい治療法があるわけではない。抗ヒスタミン剤は眠気を催すなどの副作用がある。もちろん、鍼灸の治療もやったが、一時的にらくになる程度だった。漢方薬もいろいろ試したが、『鼻療』は何年も飲んだ。少し効いたように思う。水の分子が細かい回帰水もいいようだ。吸入や濡れマスクもわるくない。

   K2      K4
ホットヨーグルト
4、5年前から、ホットヨーグルトを食べ始めた。これを食べてから花粉症の症状がかなり改善したように思う。生協の豆乳にケフィア・ヨーグルト菌を入れてつくる。これをレンジで温めて食べるのである。だいたい250㏄ぐらいだ。温めると乳酸菌は少し死んでしまうが、それも腸内善玉菌のエサになるからかまわない。それよりも温かいことが大事なようだ。うちではこれにササヘルス液を加えている。

野菜スープ
家と治療室では、毎日JWTを飲んでいる。ジェイソン・ウインターズ・ティーだ。JWTはがんに効くというお茶で、われわれはこれを予防的に飲んでいる。毎朝朝、野菜ジュースと野菜スープも欠かさず飲んでいる。去年からは万田酵素も飲みはじめた。だから正直言って、なにが効いているのか分からない。ただ直観的に、ホットヨーグルトが一番よかったように思うのである。

かならず楽になる
瞑想も、各種の体操も、効いていると思う。ひょっとすると、ただ年をとったことだけで花粉症が軽くなったのかもしれない。今ひどい花粉症で悩んでいる人も、諦めてはいけない。やがては楽になる日がかならず来る。

| コメント (6)

2015.03.01

ジャズライブ @たまりばーる

オーガニックカフェ「たまりばーる」のHPを見たら、ジャズライブがあるというので行ってきた。ギターとトランペットのデュオだ。ジャズはロック地味たのからバラード風のまでいろいろあるが、今回はあんがい落ち着いた曲が多かった。jazzy=noisyというのは間違いだと思った。客は20人ぐらいだっただろうか。

It has to be you
Secret love
All of you
Haven't we met?
Where is love?
Shining socks
On the sunny side of the street
LOVE
, etc.

P1000524_800x558
北村貴丸 & 阿部真由子(洗足学園、ジャズ学科3年)

ギターはほとんどプロ。一つ一つの音がていねいで、それが気持ちよく転がるから夢見心地になる。トランペットも奏者の人柄のよさが滲み出ていた。数メートルしか離れていないので、息遣いまで伝わってくる。曲によってフリューゲル(床に立ててある楽器)を使っていたが、こちらはホルンのようにまったりとした音が出るので驚いた。生演奏はいい。

トランペットとギターの
デュオを聴く
やわらかな空気の振動に
つつまれて
心まどろむ

ギターも
トランペットも
技術のつぎは
奏者の
人柄だろう

http://tamaribaru.exblog.jp/

| コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »