« 2月8日は針供養 | トップページ | 第六天神祭 »

2015.02.10

デジカメ・センサーの掃除

コンパクトデジカメはPanasonicのルミックスを愛用している。ところが、二代目のFX66はゴミかカビがついてしまい、再生すると黒っぽい雲のようなものが映りこむ。液晶モニターにもはっきり映る。まえに一度、秋葉原のPanasonicサービスセンターに行って掃除してもらったが、半年足らずでまた黒い汚れが映るようになった。カメラにも当たり外れがあるのだろう。

P1000038_640x477 Panasonic DMC-FX66

サービスセンターでは、保障期間をすぎると掃除だけで3,000円かかる。故障修理となると一律8,000円だ。秋葉原を往復する時間と労力を考えると、新しい機種を買った方がはやい。しかし、捨てるのもシャクなので自分で分解してみることにした。壊れたら壊れたでいい。手順を間違えないように別のカメラで撮影しながら分解していけばだいじょうぶだろう。ミニドライバーなら持っている。

P1000025_640x480 P1000028_640x474 

まず側面のネジ4本と底のネジ2本を抜いて、モニター板を外す。さらに4本のネジを抜いて保護板を外す。すると中央にセンサーらしきものが見える。それをとめているネジ3本を外し、センサーらしきものをめくると、レンズの穴やシャッターが見える。めくった側には四角いセンサーの窓がある。ここの汚れをとればいいのだろう。

P1000034_640x624_2

綿棒の頭に軽くアルコールをつけて、慎重かつ丁寧にセンサーを拭く。汚れを一方向に寄せて拭き取るといいようだ。それから、センサーをもとの位置に取り付ける。電源を入れると、モニター画面から汚れが消えている。センサーの掃除がうまくいったのだ。そこで、もとのように組み立てて完成。

カメラの分解は簡単だが、組み立てが少々面倒である。ネジの頭が直径3㎜ほどしかないので見失わないようにしなければならない。指は大きすぎるので、ピンセットを使う。ミニドライバーにネジをつけて、下から上にねじ込むようにすると、ネジが落ちなくてすむ。しかし、思ったほど難しい作業ではなかった。黒い汚れが消えた液晶モニターは気分がいい。これでFX66はまたもとのように使える。

自分で
デジカメのセンサーの
掃除ができたこと
これが
今日のしあわせ

にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
にほんブログ村 ←ポチッとお願いします。


« 2月8日は針供養 | トップページ | 第六天神祭 »

コメント

拍手パチパチパチ
上手くできたのですね~器用です。

私も同じシリーズのデジカメで、レンズを覗くと埃が見えました。
印刷は大丈夫でしたが、保証期間だったので掃除して貰ったことがあります。
自分でできるとは思いませんでしたが、rippleさんだから上手くできたのかもしれませんね?

投稿: まこ | 2015.02.10 18:58

流石は、万能のrippleさん!

デジカメという
精密機器
実は人が解体し
組み立てることを
想定しているのかな

投稿: 荒野人 | 2015.02.11 22:02

★まこさん、
ダメでもともとと思ってやってみましたが、
うまくいってホッとしています。
ゴミに出すのが嫌でしたが、これでもうしばらく
使えそうです。

投稿: ripple | 2015.02.12 14:23

★荒野人さん、
最近の電子機器はブラックボックスの部分が多く、
IC基盤を変えるというのが多いですね。それでも
ネジの部分があって、ある程度は手が出せそう。
多くは修理するぐらいなら新品を買ったほうが
いいですね。なにかおかしいと感じますが。

投稿: ripple | 2015.02.12 14:27

ワア~ カメラの修理までッ!
機械音痴には考えも及ばないことです。

パナソニック製のカメラが、同じように黒い膜ができるようになり、処分しないままそのまま放置しています。

投稿: 魚衆 | 2015.02.12 19:54

★魚衆さん、
設計ミスでしょうかねえ、
他のメーカーのはだいじょうぶなのに。
ネジをはずしてもとにもどしただけです。
ミニドライバがあれば誰でもできます。

投稿: ripple | 2015.02.13 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月8日は針供養 | トップページ | 第六天神祭 »