« 第六天神祭 | トップページ | パソコンが重い »

2015.02.12

JR南武線登戸駅

JR登戸駅

昔の国鉄南武線の登戸駅は一階建ての駅で、改札口は小田急線の登戸駅の改札と30mぐらいしか離れていなかった。2006年6月に区画整理事業で両駅が一新され、JR登戸駅は橋上駅になった。小田急線登戸駅へのしゃれた連絡路もできて、モダンな駅になった。両駅の改札口はだいぶ遠くなった。

写真の右側には交番がある。KOBANと書いてあるが、これは昔あった位置とほぼ同じところだ。駅前広場の真中にはプレハブの仮設店舗がある。まだ区画は整理事業終わっていないのだ。右手のバス停は藤子F不二雄ミュージアム行のバスが出るところだ。

P1000077_640x480

ちょうどバスが到着した。バスから降りてきた人たちのなかから中国語がはじけていた。ドラえもんは海外でも人気があるらしい。休日などは長い列ができる。バスを待つのに並ぶ白い線に、ドラえもんの足跡らしきものが混ざっている。


« 第六天神祭 | トップページ | パソコンが重い »

コメント

登戸駅が写真で見るとえらく立派な駅に見えます。
平日でしょうか・・・これだけ人がいないと、
どこかの田舎の駅みたいですね・・・。

昔の面影はすっかりなくなってますね!
昔、登戸駅前は幅の広い階段が広がっていて
今も昔も乗り換えで人の往来がすごかったことを
思い出します・・・。

投稿: がっぽり | 2015.02.13 00:58

★がっぽりさん、
平日午後1時すぎです。
カメラを気にする人がいるので、ある程度人が
いなくなったところを写真に撮っています。

改札口を通る人の頭すれすれにツバメが飛んで
いたころが懐かしいですね。

投稿: ripple | 2015.02.13 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第六天神祭 | トップページ | パソコンが重い »