« 霜柱 | トップページ | 蝋梅まっさかり »

2015.01.19

つぐみ

Dsc_0337_800x554
鶫(ツグミ)

昼休みに二ケ領用水まで散歩した。ブロッコリーの収穫が終わった畑から、ヒヨドリの群れがどっと飛び上がった。30羽はいただろう。5、6羽ならよく見るが、こんなおおきな群れは珍しい。もっとも北海道から本州へ渡るときは、大群をなすらしい。

別の畑にはツグミがいた。二羽いたが、こちらはだいぶ離れている。ちょこちょこ走っては止まり、胸を張って周囲を見回している。ときどき土の中の虫なんかを食べている。ツグミを見るたび、自分も姿勢を正ししまう。ツグミはたまにクエックエッと鳴くだけなので、口をつぐみどうしなのでこの名がある。シベリアでツグミの囀りを聴いた人の話では、この世のものとは思えないほど美しい音色だとか。

Dsc_0407_800x531
目白

こちらは一般のお宅の庭の白梅に来たメジロである。きのうか今日咲き出したばかりの梅の花に嘴を突っ込んで蜜を吸っている。梅の枝が邪魔になるし、メジロの動きが速いので、なかなかいい写真が撮れない。空気は冷たいが、日差しが心もち強くなった感じがして、野鳥たちも喜んでいるみたいだ。

P1290508_800x533
アロエの花

日当たりのいい場所ではアロエの花も咲き始めている。温暖化のせいだろうか。それにしては、この冬はいつもより寒い感じもする。一体どうなっているのやら。

« 霜柱 | トップページ | 蝋梅まっさかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜柱 | トップページ | 蝋梅まっさかり »